ちくわ。 おでかけ情報

浅草で、古き良き明治~昭和の「大衆娯楽」にひたってみよう

good mornings

公開日 2017年9月25日

その昔、江戸時代から戦前に至るまで日本一の繁華街として大いに栄えた浅草。現在でもかつての雰囲気を今に残すレトログッズや料理はもちろん、より体験的に楽しめるものも、未だ残っていたりします。中にはお店が昔のまま時を止めたようなところまで。はなやかなりし時代の面影を求め、レッツ「大衆娯楽」!

浅草駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ

「浅草一丁目一番一号」の地で、今夜もワイガヤ / 神谷バー

出典: 食べログ
看板に見える、クラシカル感が漂うレタリング(「フォント」ではなくて)にご注目。そして「浅草一丁目一番一号」という数字もご立派。ある意味、浅草の顔ともいえそうなこの格別な立地において、それに恥じない特別な存在感を漂わせています。
出典: PHOTOHITO
夜ともなれば、建物全体がクラシカルかつ、明治以来変わらぬ盛況ぶりを予感させるイイ雰囲気に。
出典: PHOTOHITO
出典: 食べログ
館内には、浅草の夜をワイワイ楽しく過ごすためのお酒や食事の数々。電気がまだ珍しかった明治時代にこのお店の創業者が作ったブランデーベースのカクテル「デンキブラン」をはじめ、飲んで、食べて、楽しみ尽くしましょう!

神谷バー (カミヤバー)

住所
東京都台東区浅草1-1-1 1F・2F・3F
電話番号
03-3841-5400
営業時間
11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日
火曜
平均予算
【夜】¥2,000~¥2,999 【昼】¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.2.7
大きな地図で見る

深夜までとことん興じるテーブルゲーム! / ロッジ赤石

出典: 食べログ
外観の文字やカラーリング…雰囲気からしてもう期待大のこちらのお店、朝四時までという営業時間の長さも驚きですが、ここではなんとも昭和懐かしいゲームテーブルがそのまま机になっている席もあり、しかもゲームは実際に遊べてしまうというのです。
出典: 食べログ
というわけで麻雀ゲームでも。このボタンの数の多さ、そしてボタンの配色! この昭和的なインターフェースがたまりませぬ! 麻雀のルールはよく知らなくても、とりあえずちょっと操作してみたくなりますね。

ロッジ赤石

住所
東京都台東区浅草3-8-4
電話番号
03-3875-1688
営業時間
[火~土] 9:00~翌4:00 [日祝] 9:00~翌1:00
定休日
月曜日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]~¥999
最終更新日:2017.9.8
大きな地図で見る

名物甘味「ゆであずき」とテーブルゲームをコンビでどうぞ / デンキヤホール

出典: 食べログ

出典: 食べログ
この外観、このイラスト。「100年の味」や 「元祖」の表現といい、いちいち懐かしさをもよおす要素が満載のルックスなので、レトロ魂に火がついてしまうというものです。
出典: 食べログ
出典: 食べログ
なんとも絵になる「ゲームテーブルのある風景」。絶えて久しいこの空間感覚が、2017年の今でも味わえるこの貴重さといったらありません! 名物・ゆであずきともども、ぜひ試してみましょう。

デンキヤホール

住所
東京都台東区浅草4-20-3
電話番号
03-3875-2987
営業時間
9:00~21:00
定休日
水曜
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.2.6
大きな地図で見る

昭和歌謡が今に蘇るレヴュー / アミューズカフェシアター

出典: 食べログ
出典: 食べログ
なんと浅草には昭和歌謡のレヴュー公演を楽しめるショーレストランがあります。こちらアミューズカフェシアターでは毎回「虎姫一座」が出演、華麗なる往年の歌謡曲ワールドにあなたを誘います。しかもオーダーしたお料理のプレートはその演者さんが運んできてくれるというのも親しみやすくてステキ。
出典: 食べログ

場所は浅草ドンキホーテのあるビルの7解。「紀州南高梅の和風パスタ」はじめ、各種洋食メニューに舌鼓を打ちながらレビューを楽しみ、昭和歌謡の魅力を心ゆくまで満喫しましょう。

アミューズカフェシアター

住所
東京都台東区浅草2-10ドン・キホーテビル 7F
電話番号
03-5830-3955
定休日
不定休
最終更新日:2018.5.8
大きな地図で見る

日本で最初の遊園地は浅草にあり! / 花やしき

出典: PHOTOHITO
出典: フォートラベル
ローラーコースター、フリーフォール、コーヒーカップなどの各種アトラクションたち。描かれたイラストのレトロさも含め年季が入った感がどうにも愛おしく楽しい遊園地。東京にある遊園地と言えば、水道橋の東京ドームシティなどもありますが、この花やしきが持つ雰囲気には、他には決して真似しようがない魅力がありますね。どうかいつまでも!
出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
フードコートのある屋上は、知られざる展望スポット。こんな見晴らしの良い光景だって広がっています。大空の下でのびのびしながらノスタルジーを味わうのもまたオツというものです。遊具に描かれたイラストやデザインのひとつひとつを楽しんで。

浅草花やしき

住所
東京都台東区浅草2-28-1
電話番号
03-3842-8780
営業時間
10:00~18:00(季節・天候により異なる)※最終入園は閉園30分前まで
定休日
不定休
平均予算
入園料:大人(中学生以上~64歳) 1,000円 、小人(小学生) 500円 、シニア(65歳以上) 500円
最終更新日:2017.6.1
大きな地図で見る

夢見心地で懐かしむ娯楽

いかがでしょうか。2017年の今でも、絶えて久しい昭和感のある体験に興じることができてしまうとは、なんと奥深い浅草の底力…。実体験として当時を知る人も・知らない人も、レヴューを観てテーブルゲームに親しむ、そんな時間を過ごしてみませんか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事