ちくわ。 おでかけ情報

秋も開催決定!「和酒フェスin中目黒」で、ディープな日本酒の世界にハマっちゃおう

2017年10月21日(土)・22日(日)に、中目黒で「第8回和酒フェスin中目黒」が開催されます。全国各地から集められた50蔵以上・150種類ほどの日本酒が利き酒できる、日本酒好きにはたまらないイベントです。日本酒に合うフードの提供や漫才、楽器演奏などエンターテインメントも用意されており、日本酒を普段あまり飲まない方でも楽しめる内容になっています。和酒フェスをきっかけに日本酒にハマるかもしれませんよ! この秋、日本酒のディープな世界に、友達同士やカップルで参加してみませんか?

公開日 2017年9月21日

カテゴリ
デート
友達と一緒
街を知る
エリア
中目黒駅
ライター
ちくわ。編集部
秋も開催決定!「和酒フェスin中目黒」で、ディープな日本酒の世界にハマっちゃおう

日本酒マニアが大集合!?「和酒フェス」ってどんなイベント?

秋の和酒フェスは、10月21日(土)・22日(日)に中目黒GTタワー前広場で開催されます。
今回で8回目を迎えるこちらのイベントは、日本国内で市場規模が縮小しつつある日本酒の魅力を伝えるため、定期的に開催されている日本酒イベント。「美味しい和酒をもっと知り、感じて、共有する」ことをコンセプトに、日本全国の美味しい日本酒、日本酒を作る酒蔵を多くの人に知って欲しい、という気持ちを込めて開催されています。
和酒フェスでは、全国各地の酒蔵の日本酒約150種類を利き酒することが可能。気に入ったお酒は会場特設販売ブースや酒蔵ブースで購入できます。実際にお酒を造る酒蔵の方々も会場を訪れ、酒造りの話を直接聞けるので、日本酒の知識を深めたい方には嬉しい機会になることでしょう。

利き酒だけじゃない、「和酒フェス」の注目ポイント!

イベントには5つのブースが用意されています。その五つとは、『利き酒ブース』、『お燗酒ブース』、『和らぎ水ブース』、『酒蔵応援ブース』、そして『特設販売ブース』。

利き酒ブースでは蔵元の方々と交流しながら利き酒を楽しみ、お燗酒ブースではこだわりの酒燗器で温められたお燗酒をいただくことができます。利き酒の途中には和らぎ水ブースに立ち寄って、酒蔵で使用されている仕込み水をチェイサーがわりに飲みましょう。水を飲んで酔いが回るのを防ぎ、健康的にお酒を楽しめるよう配慮されたブースです。
また、和酒フェスでは、利き酒以外にも見所たっぷりのイベントを開催。利き酒師の資格を持つ漫才コンビ「にほんしゅ」やミス日本酒2017年のグランプリ、準グランプリが出演予定で、イベントを盛り上げてくれます。音楽イベントも開催され、サックスやギター、和楽器の生演奏も楽しめる充実した2日間になっています。

参加する酒造は?

今回の和酒フェスに参加する酒蔵は50蔵以上。酒蔵スタッフが酒蔵ブースで自慢の蔵酒を振舞ってくれます。

山形県の5つの酒蔵が力を合わせて立ち上げた「六歌仙」、江戸中期から続く埼玉県の老舗酒蔵「釜屋」、和食に合う酒造りを目指し「甲子正宗(きのえねまさむね)」などの日本酒を造る千葉県の酒蔵「飯沼」などの酒蔵が出展。
他にも、地域の特徴や伝統を受け継いだ全国各地の酒蔵が参加予定です。蔵元スタッフと直接交流できるので、酒造りの疑問やお酒に合う料理など、興味のあることはどんどん尋ねてみましょう。公式サイトでは参加酒蔵全てをチェックできるので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

和酒フェスで、日本のお酒の魅力を再発見しよう!

出典: PHOTOHITO

いかがでしょうか? 今回で第8回を迎える和酒フェスは、お酒が好きな友人や恋人と一緒に楽しみたいイベント。その場で直接利き酒し、気に入ったお酒を購入できるので、日本酒好きには絶好の機会になるのではないでしょうか。利き酒以外に、漫才や音楽ライブなども開催されますので、お酒をあまり飲まない友人や恋人も一緒に楽しめるでしょう。

第8回和酒フェス in 中目黒(WASHU FES)

住所
東京都目黒区上目黒2-1-1中目黒GTタワー前広場
電話番号
050-5582-6436
開催日程
2017年10月21日(土)、22日(日) 第一部:12時~14時 第二部:15時~17時(受付15分前))
最終更新日:2017.9.14

※このスポット・イベントは、営業期間外です。

大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。