ちくわ。 おでかけ情報

光輝くアート作品を堪能!「ライティング・オブジェ 2017」

2017年の12月14日から12月24日にかけて、有楽町駅付近のエリアでは毎年恒例の「ライティング・オブジェ」が開催されます。光を利用したさまざまなアート作品を鑑賞できるほか、イベントやコンサートなども楽しむことができるでしょう。クリスマスの雰囲気も漂う芸術に触れられるスポットに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

公開日 2017年11月23日

カテゴリ
街を知る
エリア
有楽町駅
ライター
ちくわ。編集部
光輝くアート作品を堪能!「ライティング・オブジェ 2017」

新しいアート作品にも期待!歴史ある「ライティング・オブジェ 2017」

出典: フォートラベル

「ライティング・オブジェ」は、空間演出プロデューサーの仁木洋子さんが主催する、光のアート作品を扱う展覧会です。2006年に11人のアーティストが集まって、東京国際フォーラムで開催されたのがきっかけとなりました。「地球環境と子供たちの未来に向けた平和のメッセージ」をコンセプトにしたチャリティ展です。
出典: フォートラベル

「ライティング・オブジェ」は2017年に11年目を迎える歴史あるイベントです。クリスマス時期に東京で開催するだけのイベントから、2011年には横浜や福島にも活動範囲を広げ、震災の復興の継続支援の働きかけもしています。

暗くなってからが本番!光のアート作品の展示

出典: PHOTOHITO

今回の「ライティング・オブジェ2017」でも、お馴染み光のアート作品の展示がさまざまに登場します。会場は、東京ビルTOKIAガレリア、東京国際フォーラム、東京丸の内、ニッポン放送など。点灯式は12月14日の17時から行われますので、アート作品に光が灯る瞬間を体感してみてください。
出典: フォートラベル

展示では単なる光の美しさだけでなく、アート作品としての面白さを存分に楽しむことができます。日が暮れた頃からが見どころ。ユニークな作品をじっくり眺めてみましょう。

見るだけでなく参加できる!光アート作品のワークショップ

出典: フォートラベル

見るだけでなく、光のアート作品作りに参加することができるのも「ライティング・オブジェ」の魅力。毎年恒例の人気イベント「光の箱ワークショップ」では、色とりどりの光の模様が変化する不思議な箱を作ることができますよ。2017年は、12月16日と17日の土日に行われますので、ぜひ事前受付の申し込み情報をチェックして、家族や友達と参加してみてください。
光の箱はミラーフィルムとトレーシングペーパーを使った構造になっていて、ミラーフィルムに乱反射する光をトレーシングペーパーに映し出すという仕組みです。作った後には、自宅のインテリアとして楽しむことができるでしょう。

光の輝きの中で鑑賞できるコンサート!

「ライティング・オブジェ」では、光のアート作品と合わせて音楽も楽しむことができます。2016年には「光と音のコンサート」と題されたチャリティコンサートが、4名のアーティストをゲストに東京ビルTOKIAガレリアで行われました。
出典: フォートラベル

2017年のコンサートには、昨年までに引き続きボサノヴァシンガーソングライターの原久美さんが12月23日に出演予定です。クリスマスライブなどシーズンにぴったりの音楽を光のアート作品の中で鑑賞できる、素敵な雰囲気を味わってみましょう。

くまモンも登場!モンタクロースのクリスマスイベント

「ライティング・オブジェ」では、2016年から熊本地震の復興支援も呼びかけられるようになり、くまモンも活躍してくれています。
クリスマスの時期の開催のため、2016年のイベントでは、「モンタクロース」の愛称で親しまれるサンタ姿の可愛らしいくまモンが登場。コンサートとは別にくまモンのクリスマスイベントが企画され、子供も大人も楽しめるイベントになっていました。2017年にはどんな風に登場してくれるのか楽しみですね。

幻想的な雰囲気、いつもとは違う街の魅力

クリスマスにはイルミネーションなどで街の雰囲気も様変わりします。「ライティング・オブジェ」も、いつもとは違う街の魅力を教えてくれるでしょう。光のアート作品の個性的な魅力には、美術館のような面白さもあります。複数の会場で開催されますので、移動しながら街歩きも楽しんでみてくださいね。

ライティング・オブジェ2017

住所
東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム、東京ビルTOKIA他
開催日程
2017年12月14日(木)~2017年12月24日(日)
最終更新日:2017.11.1
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。