ちくわ。 おでかけ情報

江戸の情緒を味わおう。砂糖漬け野菜菓子の老舗「梅鉢屋」のご紹介

砂糖漬け野菜菓子をご存知でしょうか? その名の通り、野菜に砂糖の衣をまとわせた江戸時代から続く銘菓です。素材の味を生かした砂糖漬け野菜菓子は、噛んだ時のチャリッとした食感も魅力。今回は、この伝統の砂糖漬け野菜菓子を作り続ける「梅鉢屋」をご紹介します。

公開日 2017年11月11日

カテゴリ
デート
一人で
グルメ
エリア
曳舟駅
小村井駅
ライター
ちくわ。編集部
江戸の情緒を味わおう。砂糖漬け野菜菓子の老舗「梅鉢屋」のご紹介

砂糖漬け野菜菓子って、どんなお菓子?

砂糖漬け野菜菓子とは、果物や野菜を砂糖だけでじっくりと煮込み、ゆっくり自然乾燥させたお菓子です。甘い物が貴重だった江戸時代には、糖蜜で加工することで長期保存を可能にしたものを”砂糖漬け”と呼び、菓舗や薬種問屋で販売されていました。ごぼう・大根・昆布などを材料にした砂糖漬け野菜菓子は栄養価も高く、当時は薬のように扱われていたのだとか。
出典: 食べログ

江戸時代からの伝統の味を今に伝える「梅鉢屋」

曳舟駅から徒歩13分、小村井駅より徒歩10分ほどの場所にある「梅鉢屋」は、砂糖漬け野菜菓子を作り続ける老舗です。江戸時代に人形町で砂糖漬けを作っていた菓子店「伊勢一」の職人が神田三崎町に「内田商店」を開店。「内田商店」で修行した従兄弟が大正4年に下谷竹町に「丸山商店」を開店し、移転を幾度か繰り返した後に現在の場所に落ち着きました。
出典: 食べログ

現在の「梅鉢屋」という店名は、関東大震災の避難途中に家族の無事を祈願した亀戸天神の紋”梅鉢”から名付けたそうです。

小粋な手土産に。「梅鉢屋」で買える砂糖漬け野菜菓子

砂糖漬け野菜菓子の詰め合わせは、7種類の野菜菓子が入った「七種 810円」や9~10種類入りの「すみだ川 小 1,296円」、12~15種類入りの「すみだ川 中 3,456円」。野菜の種類は、大根・人参・ごぼう・椎茸・ナス・蓮根・ズッキーニなど季節ごとに異なります。
出典: 食べログ

上品なパッケージなので手土産にもぴったり。季節感を大切にするこだわり派の方にも喜ばれそうですね。砂糖漬け野菜菓子の他にも、甘納豆や栗の甘納豆「栗なっと」、最中などの和菓子も取り扱っています。
出典: 食べログ

出典: 食べログ

知る人ぞ知る穴場! 併設の「梅鉢屋茶寮」

店舗の奥に併設している「梅鉢屋茶寮」は、12席ほどの穴場的な甘味処です。砂糖漬け野菜菓子を買いに訪れたら、ぜひこちらで休憩も♪
出典: 食べログ

メニューは砂糖漬け野菜菓子をトッピングした「あんみつ 648円」や「クリームあんみつ 702円」、好みのお菓子が選べる「抹茶 648円」など。丁寧に作られた上品な味わいの甘味をじっくり味わってみてくださいね。
出典: 食べログ

江戸時代に思いを馳せながら味わいたい伝統の味

砂糖漬け野菜菓子の老舗「梅鉢屋」をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 健康的で上品な伝統銘菓なので、目上の方や大切な方への手土産にもおすすめです。野菜の味を生かした上品な甘さのお菓子は、お抹茶と合わせると美味しさがより引き立ちそう。江戸時代からつづく伝統の味を、ぜひ堪能してみてくださいね。

梅鉢屋

住所
東京都墨田区八広2-37-8
電話番号
03-3617-2373
営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜・祝日
最終更新日:2017.11.2
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。