ちくわ。 おでかけ情報

蔵前のこだわり革製品店5選。デートで覗くのにもぴったりです!

ちくわ。編集部

公開日 2017年11月17日

明治時代以降、手工芸の職人が集まった街である蔵前。近年では独自のおしゃれブランドを立ち上げる職人さんも多く、注目のエリアです。そんな蔵前には革製品を専門とするお店もたくさん。おしゃれなデートスポットとして注目なんです! ご紹介するお店を訪れて、上質な革製品をお互いにプレゼントしあったり、気に入ったものをおそろいにしてみてはいかがですか? 今回は、革製品のお店の中から厳選して5店舗ご紹介していきます。どのお店も近所にありますので、お散歩がてら見て回ることもできますよ!

蔵前駅
カテゴリ
デート
体験・ショッピング

革製品のお店とほっこりカフェが合体した「CAMERA」

蔵前駅から歩いておよそ5分の場所にある「CAMERA(カメラ)」は、オリジナルのレザーブランド「numeri」と焼き菓子のカフェブランド「MIWAKO BAKE」が一体となったお店です。
出典: 食べログ

白を基調とした外観はとってもナチュラルでおしゃれ。店名の「CAMERA」はラテン語で”小さい部屋”という意味だそうで、たくさんの人々が行き来する部屋のような場所にしたいという思いが込められています。
店内に足を踏み入れると、ハンドメイドにこだわったバッグをはじめとする革製品がずらり。「numeri」のバッグはどれも収納力抜群で、手になじむやさしい革でつくられています。
出典: 食べログ

出典: 食べログ

一通り「numeri」の革製品を見た後は、併設されたカフェで美味しい焼き菓子をいただいてゆっくりくつろいでくださいね。
出典: 食べログ

カメラ(CAMERA)

住所
東京都台東区蔵前4丁目21−8岡松ビル1F
電話番号
03-5825-4170
営業時間
10:00-18:00
定休日
月曜
最終更新日:2017.6.29
大きな地図で見る

革製品と、使う人との関係性を考え抜いた「m+」

浅草線の蔵前駅から徒歩2分ほどの場所にある「m+(エムピウ)」は、革製品とそれを使用する人とが共に育つという関係性を大切に考えられた革製品ブランド。
革製品は使うごとに光沢や味を増すもので、使用する人によって様々な育ち方をするのが面白いところ。デートでおそろいのものを購入すれば、月日が経つごとに商品も思い出も特別なものとして宝物になりそう!
上質な一枚革から作られたお財布「ミッレフォッリエ(millefoglie)」は小さい見た目に反してとっても機能的。カラーも豊富なので色違いで新しいお財布に新調してみては? 価格帯は、12,000円からです。

m+(エムピウ)

住所
東京都台東区蔵前3‐4‐5 中尾ビル
電話番号
03‐5829‐9904
営業時間
11:00-19:00
最終更新日:2017.11.9
大きな地図で見る

職人を目指す人に技術を教えるスクールも!「Atelier K.I.」

浅草線の蔵前駅から徒歩約3分、ビルの3Fにある「Atelier K.I.(アトリエ ケー・アイ)」では、革製品のサンプル職人として独立した池田耕平さんが、革製品の職人を目指す人のためのスクールを開講しています。
基礎から学ぶ通常講座は1時間2,500円。毎週火曜日と木曜日に実施していますので、革製品作りを学びたい!という方はホームページ( http://atelier-ki.com/school/)からご連絡をどうぞ。 OEM生産も受け付けています。
そしてこちらはその池田さんの革製品ブランド「PRO‐MENER(プロムネ)」のショップを兼ねています。

艶のある、フォーマルな雰囲気の小物から手にしっくりなじむやわらかい革の小物まで、製品はさまざま。ぜひ手にとって、一生ものを探してみませんか?

Atelier K.I. PRO-MENER(プロムネ)

住所
東京都台東区蔵前 4-20-12クラマエビル 3B PRO-MENER(プロムネ)
電話番号
03-5829-6857
最終更新日:2017.11.9
大きな地図で見る

老若男女に似合うシンプルな革製品が見つかる「REN 蔵前店」

「REN 蔵前店」も、アトリエとショップを兼ねた空間。浅草線の蔵前駅A3出口を出て、国際通りを渡った先に位置しています。
どんな人にも似合うような、シンプルで大きな主張をしない製品を作るということにこだわって作られた小物たちは、末長く愛用できそう。性別や年齢も気にせず使える商品ばかりなので、カップルでひそかにおそろいのものを持ちたいときにもぴったりです。ぜひ一度お店をのぞいてみて!

REN 蔵前店

住所
東京都台東区蔵前4-13-4 1F
電話番号
03-5829-6147
営業時間
12:00-19:00
定休日
月曜日(祝日の場合は営業)
最終更新日:2017.11.9
大きな地図で見る

品格のあるメンズ向けレザー製品の「Alt81」

浅草線蔵前駅のA1出口からすぐの場所にある「Alt81(オルト ハチジュウイチ)」は、人通りの少ない裏道にひっそりと佇んでいるメンズ向けレザーブランドです。
余計なものをそぎ落としたシンプルなデザインの小物たち。ビジネスシーンにしっくりなじむような製品は、かっこいいビジネスパーソンという印象を与えてくれそう!
蔵前の実店舗では、店舗限定商品やアウトレット商品も取り扱っていますよ。

商品を購入すればメンテナンスサービスも受け付けてくれる上に、お手入れ方法のレクチャーもしてくれるのだとか。彼や旦那さんのプレゼント選びにぴったりのお店として覚えておいてくださいね。

Alt81

住所
東京都台東区蔵前2-1-23 蔵前立沢ビル A号
電話番号
03-5809-2117
営業時間
11:00 〜 19:00
定休日
水・木・金(臨時休業有り) ※祝日は営業
最終更新日:2017.11.9
大きな地図で見る

職人の街「蔵前」でレザーショップ巡りをしよう!

同じ革製品のお店でも、それぞれの個性が活かされた商品がたくさんありますよね。気になるお店があったら、早速デートでお出かけしてみてください。二人の記念日を祝うプレゼントを探しに行くのにも、ふらっとお散歩デートの途中に立ち寄るのにもぴったりですよ。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事