ちくわ。 おでかけ情報

銀座でオススメの「ガレット・デ・ロワ」5選! 新年はフランス式にお祝いしましょ。

フランスで新年のお祝いの席に欠かせないお菓子である「ガレット・デ・ロワ」。イエス・キリストが神の子と認められたエピファニー(公現祭)の日に食べるこのお菓子、中には「フェーブ」と呼ばれる陶器の小さな人形が1つ入っていて、それが当たると王様・王女様としてその日1日祝福されるという美味しくて楽しい伝統行事です。近年日本でも人気が出て購入できるお店が増えてきました。今回は銀座で美味しい「ガレット・デ・ロワ」を買えるお店を5つご紹介します。フランス式に習って、家族や友達みんなで楽しんでみませんか?

公開日 2017年11月29日

カテゴリ
子供と一緒
友達と一緒
グルメ
エリア
東京駅
有楽町駅
銀座駅
東銀座駅
ライター
ちくわ。編集部
銀座でオススメの「ガレット・デ・ロワ」5選! 新年はフランス式にお祝いしましょ。

三ツ星シェフの作るガレット・デ・ロワなら「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店 」

東京駅直結の丸ノ内ブリックスクエア1階に店を構える「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店 」。ミシュラン三つ星取得の有名シェフであるジュエル・ロブションの料理哲学を表現したスイーツやパンが並ぶブーランジェリー&パティスリーです。
出典: 食べログ

恵比寿・六本木・丸ノ内と都内に3店舗ある「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」ですが、丸ノ内店にはイートイン可能なカフェスペースも併設されており、ガレットなどの軽い食事も楽しめます。
出典: 食べログ

こちらで購入できるガレット・デ・ロワは、大・小の2サイズでそれぞれ価格は3,456円と1,944円です。どちらもフェーブが1つ入っており、大きいサイズには王冠も付きますよ。

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店

住所
東京都千代田区丸の内2-6-1
電話番号
03-3217-2877
営業時間
11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日
無休
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.11.28
大きな地図で見る

フランスの発酵バターを存分に使ったガレット・デ・ロワなら「エシレ・メゾン デュ ブール」

同じく丸ノ内ブリックスクエア内にある「エシレ・メゾン デュ ブール(ECHIRE MAISON DU BEURRE)」は、フランスで有名なエシレバターの世界初の専門店です。
出典: 食べログ

バターの全ラインナップを揃えるのはもちろん、エシレバターの魅力を十分に味わえるフィナンシェやサブレ、バタークリームの生ケーキなど、お土産にも喜ばれる商品がたくさん揃っています。
出典: 食べログ

エシレバターをたっぷり使ったアーモンドクリームとパイ生地が自慢の「ガレット・デ・ロワ」には、「エシレ」のネームプレートを抱えた可愛い牛のデザインのフェーブが別添えで1つ付いてきます。

エシレ・メゾン デュ ブール (ECHIRE MAISON DU BEURRE)

住所
東京都千代田区丸の内2-6-1丸の内ブリックスクエア 1F
電話番号
03-6269-9840
営業時間
10:00~20:00
定休日
不定休(丸の内ブリックスクエアに準ずる)
最終更新日:2017.11.28
大きな地図で見る

パリを代表する日本人パティシエのガレット・デ・ロワなら「パティスリー・サダハルアオキ・パリ」

有楽町駅から徒歩5分ほどの場所に店を構える「パティスリー・サダハルアオキ・パリ 丸の内店(Patisserie Sadaharu AOKI paris)」。閑静なパリ15区に1号店を構えてから15年、舌の肥えたパリのマダム達からも支持される日本人パティスリーとして有名です。
出典: 食べログ

「お菓子を通して人を喜ばせたい。時に驚きと共に、時に感動と共に、人を楽しませたい」。この想いをお菓子作りに投影したサダハルアオキのスイーツ。丸の内店にも看板商品であるマカロンをはじめ、鮮やかな色合いが見ているだけでも楽しいケーキやショコラが並びます。
出典: 食べログ

そんなサダハルアオキのガレット・デ・ロワは、「ガレット デ ロワ ナチュール 3,240円」と「ガレット デ ロワ マッチャ 3,456円」2種類です。芳醇な発酵バターの香りがたまらないベーシックなナチュールと、サダハルアオキならではの和洋折衷の味わいが楽しめるマッチャ。ほろっとした口どけがたまらない逸品となっています。

パティスリー・サダハルアオキ・パリ 丸の内店(Patisserie Sadaharu AOKI paris)

住所
東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル 1F
電話番号
03-5293-2800
営業時間
11:00~20:00( サロンラストオーダー19:15 サロンクローズ19:45)
定休日
無休
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.11.28
大きな地図で見る

本場フランスの味を30年以上伝え続ける「ビゴの店 ドゥースフランス 」

有楽町駅の中央口から徒歩4分ほど、マロニエゲート2の地下2階にある「ビゴの店 ドゥースフランス 」。パン作りに一切妥協を許さず、添加物を使用しないことにこだわりを持つフィリップ・ビゴ監修のパンを提供する人気店です。
出典: 食べログ

フランスの伝統を伝えるべく30年以上「ガレット・デ・ロワ」を焼き続けています。上質な発酵バターをたっぷり織り込んだパイ生地を使用しているので、室温でもオーブンで少し温めても美味しくいただけます。1月中は毎日店頭に並ぶので、本場の味を楽しみたい方はぜひチェックしてみてくださいね。
出典: 食べログ

ビゴの店 ドゥースフランス

住所
東京都中央区銀座3-2-1マロニエゲート2 B2F
電話番号
03-3561-5205
営業時間
11:00~21:00
定休日
銀座マロニエゲートに準ずる
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.11.28
大きな地図で見る

「ブーランジェリーレカン」のガレット・デ・ロワは毎年大人気!

最後にご紹介するのは、東銀座駅A1出口からすぐの場所に店を構える「ブーランジェリーレカン(BOULANGERIE L’ecrin)」。無農薬の小麦粉に銀座産のはちみつなどを組み合わせた贅沢なスイーツやパンが人気です。
出典: 食べログ

王道のアーモンドクリームが挟まった「ガレット・デ・ロワ」は、上品な甘さが特徴。あまりの美味しさにどんどん食べ進められると評判です。

ブーランジェリーレカン (BOULANGERIE L’ecrin)

住所
東京都中央区銀座5-11-1ロテスリーレカン
電話番号
03-5565-0780
営業時間
10:30~21:00
定休日
月曜(祝日の場合は翌日休)
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.10.2
大きな地図で見る

新年はフランス式にガレット・デ・ロワを楽しもう!

フランス人が新年のお祝いとして楽しみにしている「ガレット・デ・ロワ」を食べるというイベント。近年は日本でも多くのお店で「ガレット・デ・ロワ」を購入できるようになりました。今度のお正月は家族や友達とフランス式のイベントを楽しんでみてはいかがですか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事