ちくわ。 おでかけ情報

「GINZA SIX」に行くなら要チェック! 楽しみ方を徹底ご紹介します☆

ちくわ。編集部

公開日 2017年12月16日

東京・銀座といえば、有名ブランドショップが集まる憧れの街。外国人観光客にも人気があり、ちょっとお出かけするだけでも気分が上がりますよね。そんな銀座に2017年にオープンしたのが「GINZA SIX」です。様々なお店が入っていると話題の新スポットですが、どのようなお店があるのか、どのように楽しめばいいのかわからない方も多いはず。そこで今回は「GINZA SIX」の楽しみ方を詳しくご紹介します。

銀座駅
東銀座駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

「GINZA SIX」ってどんな所?

「GINZA SIX」は、東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線の銀座駅A3出口から銀座中央通りを2分ほど歩くと到着します。外観のデザインも美しい大きな建物が「GINZA SIX」です。ライトアップされる夜は、イルミネーションにも似た美しさを誇ります。
出典: PHOTOHITO

ショッピングのイメージが強いですが、実はオフィスや能楽堂、観光バス乗降所など様々な施設が入っている複合施設なんです。

オープンしたのは2017年4月20日。大規模な銀座六丁目の再開発事業により、松坂屋銀座店の跡地を含む2街区にわたって建てられました。
出典: PHOTOHITO

災害時には帰宅困難者を受け入れることができる設備も整えられていて、地域の利便性なども重視されています。まさに「進化する銀座」の第一歩ともいえるのが「GINZA SIX」なんです!
出典: フォートラベル

そんな「GINZA SIX」にまだ行ったことない!という人必見の、楽しみ方をお伝えしていきます♪

まずはやっぱりお買い物!「GINZA SIX」でショッピングを楽しもう

やっぱり、まず楽しみたいのはショッピング。1階から5階のフロアには、ファッションブランドのお店を中心に、おしゃれなインテリア雑貨店なども並んでいます。
1階にある「VENINI(ヴェニーニ)」は、1921年にイタリアで創業したヴェネツィアングラスのブランドショップです。世界中の美術館でも展示されるほど美しいグラスですが、「GINZA SIX」にて日本初出店となりました。
5階にある「JOSEPH/JOE'S CAFE(ジョゼフ/ジョーズカフェ)」は、イギリス・ロンドンのファッションブランドのお店です。JOSEPHは既に日本に出店していますが、併設されたカフェは日本初上陸。おいしいだけではなく、フォトジェニックなお茶やケーキを味わえます。
出典: 食べログ

大人の女性が通う、 地下1階のトータルビューティーフロア

ファッションやインテリア雑貨を満喫したあとは、地下1階に降りてみましょう。地下1階は「トータルビューティーフロア」となっており、様々なコスメブランドが並んでいますよ。
「Dior Beauty Ginza(ディオールビューティー銀座)」は、日本でまだ2店舗目となるDiorのトータルビューティーブティックです。リップスティックの刻印サービスなども受け付けているので、プレゼントにとても喜ばれそうですよね。
「CHANEL フレグランス&ビューティ GINZA SIX」は、CHANELのコスメやフレグランスが多数取り揃えています。特に注目したいのがリップの自動販売機。CHANELのリップが自動販売機で買えてしまう、世界初の試みとなっています。

何から何までおいしそう! 地下2階のデパ地下グルメ

デパ地下といえば極上グルメの宝庫ですよね。地下2階の広々としたフロアには、さまざまなグルメショップが並んでいます。
「白い恋人」でおなじみのお菓子ブランド「ISHIYA(イシヤ)」は、北海道内にしか出店していませんでしたが、なんと「ISHIYA GINZA(イシヤギンザ)」として初めて北海道外に出店しました。ラング・ド・シャ「Saqu(サク)18枚入り 1,944円」は、ここでしか買えない限定品となっています。
出典: 食べログ

1984年に神奈川県にて創業した「MARLOWE(マーロウ)」は、ビーカー型の容器が特徴的な手作り焼きプリンの専門店です。こちらも「マーロウGINZA SIX店」として神奈川県外に初出店。「ロイヤルミルクティープリン 850円」など、さまざまな限定商品を販売しています。
出典: 食べログ

他にもロサンゼルスからやってきた「The Pie Hole Los Angeles(ザパイホールロサンゼルス)」や、フランス人シェフが開店した「PHILIPPE CONTICINI(フィリップ・コンティチーニ)」など、海外発のスイーツも見逃せません。
出典: 食べログ

「GINZA SIX」で楽しめる! アートやカルチャーをご紹介

館内では、さまざまなクリエイターによるアート作品を楽しむことができます。リビングウォール中央通り側の吹き抜けにあるのが、映像作品の「Universe of Water Particles on the Living Wall」。吹き抜けを利用して「滝」を表現しているこの作品は、現実の滝のように常に変化し、見る者の目を奪う美しさです。
出典: フォートラベル

6階の「銀座 蔦屋書店」はただの書店ではなく、アート関連の書籍を数多く取り扱っています。店内自体が本で作られた巨大なアートのように、全ての本が美しく並べられていますよ。
出典: フォートラベル

地下3階には日本の伝統文化である能楽を楽しめる「観世能楽堂」があります。日本の文化の発信だけではなく、地域に開かれたホールとしても利用することができるんです。
出典: フォートラベル

「GINZA SIX」は、どのフロアを見て回っても満足できる!

2017年にオープンしたばかりの「GINZA SIX」のご紹介、いかがでしたか? 魅力的なお店がたくさん入っており、一日では全て回り切れないかもしれません。何度も足を運び、ぜひお気に入りの楽しみ方を見つけてくださいね。

GINZA SIX

住所
東京都中央区銀座6-10-1
電話番号
03-6891-3390
営業時間
ショップ 10:30〜20:30 レストラン 11:00〜 23:30 ※一部店舗により異なる
最終更新日:2018.2.9
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事