ちくわ。 おでかけ情報

手土産や贈り物にもおすすめ! 銀座の和菓子の名店 10選☆

ちくわ。編集部

公開日 2017年12月21日

さまざまなジャンルの一流店が集まる街、銀座。歴史ある老舗の和菓子屋さんも銀座にはたくさんあります。そこで今回は、手土産や贈り物にも喜ばれる和菓子の名店をご紹介します。甘いもの好きな方は要チェックですよ。

銀座駅
東銀座駅
銀座一丁目駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
グルメ

1. 和モダンな茶房を併設している「HIGASHIYA ginza」

まずご紹介するのは、銀座駅から徒歩5分ほどのポーラ銀座ビルの2階にある「HIGASHIYA ginza」。ひと口果子や季節の生菓子などを販売しています。併設の茶房は白と木材を基調とした広々とした和モダンな空間で、お茶菓子や和食、お酒まで楽しめます。
出典: 食べログ

茶房の人気メニューは、和のアフタヌーンティー「茶間食(さまじき)4,860円」。いなり寿司とお店特製の和菓子が盛り合わせになっており、軽めのランチにもぴったりです。
出典: 食べログ

HIGASHIYA GINZA

住所
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 2F
電話番号
03-3538-3240
営業時間
茶房  11:00~18:00(L.O. 17:00) 売場 11:00~18:00 ※当面の間、営業時間を18:00までとさせていただきます。 茶房につきましては、メニュー内容を限定させて頂きますのでご了承ください。
定休日
年中無休(年末年始を除く)
平均予算
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥4,000~¥4,999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

2. いちご大福の元祖として有名な「和菓子処 大角玉屋 銀座店」

銀座駅から徒歩5分ほどの場所にある「和菓子処 大角玉屋 銀座店」は、新宿に本店を構える1912年創業の和菓子屋さん。日本で初めていちご大福を開発・販売した元祖として有名です。看板商品のいちご大福のほか、無添加の生菓子やどら焼き、栗饅頭などの昔ながらの和菓子を販売しています。
出典: 食べログ

「特選いちご大福 340円」は、材料を全て国産にこだわり、新鮮ないちごと特製の粒あんをぎっしり詰めた甘酸っぱい味わい。同じくいちごを和菓子に取り入れた「苺生クリームどら焼き 249円」もおすすめです。
出典: 食べログ

和菓子処 大角玉屋 銀座店

住所
東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ1 1F
電話番号
03-3563-1535
営業時間
10:00~20:00
定休日
元旦
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

3. 予約必須のこだわり最中が美味しい「空也」

銀座駅から徒歩5分ほどの場所にある「空也」は、1884年に創業した老舗の和菓子屋さん。商品は最中や饅頭などの生菓子中心で、看板商品の最中は予約必須の人気商品です。
出典: 食べログ

「空也最中(10個)1,000円~」は、さっくりとした皮の中に自家製のつぶし餡がぎっしり詰められた贅沢な逸品です。和菓子好きなら一度は食べてみたいですね。
出典: 食べログ

空也

住所
東京都中央区銀座6-7-19
電話番号
03-3571-3304
営業時間
[月~金] 10:00~17:00 [土] 10:00~16:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

4. 独自の技術で作ったオリジナル菓子が人気「銀座 鹿乃子 本店」

銀座駅から徒歩2分ほどの場所にある「銀座 鹿乃子 本店(ぎんざかのこ)」は1946年に創業。独自の技術で生み出した栗のお菓子「かのこ」を中心に販売しています。また、あんみつやぜんざいなどを頂ける甘味処も併設していますよ。
出典: 食べログ

名物の「かのこ」は、栗と豆で作る生菓子のこと。「花かのこ 6個入り1,600円」、小粒な「姫かのこ 12個入り 1,850円」など、種類豊富に用意されています。
出典: 食べログ

銀座 鹿乃子 本店

住所
東京都中央区銀座5-7-19 1F・2F
営業時間
[月~金.日] 1F売店10:30~19:00 2F喫茶11:30~19:00 (L.O.18:45) [土曜及び祝日前日] 1F売店10:30~20:00 2F喫茶11:30~20:00 (L.O.19:45) ※2F喫茶のランチは毎日営業 (11:30~14:00)
定休日
元旦
平均予算
[昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.3.5

※このスポット・イベントは、移転・閉店・休業している可能性があります。

大きな地図で見る

5. 贈り物にぴったりな華やか和菓子「銀座 菊廼舎 本店」

銀座駅から徒歩2分ほど、1890年創業の「銀座 菊廼舎 本店(ぎんざ きくのや)」は、見た目も華やかで手土産にもぴったりな和菓子を販売しています。看板商品の「冨貴寄 1,850円」は、季節感のある打ち物や、違う食感のうす焼き三色、金平糖、ハッカ糖、黒豆、落花生など、さまざまな種類のお菓子がぎっしり。
出典: 食べログ

マカダミアナッツが香ばしい「揚げまんじゅう 200円」も人気です。
出典: 食べログ

銀座 菊廼舎 本店

住所
東京都中央区銀座5-8-8 銀座コア B1F
電話番号
03-3571-4095
営業時間
11:00~20:00
定休日
無休
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

6. かりんとう御三家の一つ「たちばな」

銀座駅から徒歩8分ほどの場所にある「たちばな」は、1909年に創業した老舗のかりんとう専門店。湯島の「花月」と浅草の「小桜」と並び、東京のかりんとう御三家の一つと称されています。
出典: 食べログ

かりんとうは、細めの「さえだ」と太めの「ころ」の2種類。それぞれ一袋900円、一缶1,600円~で購入できます。缶のサイズは1号から4号まであるので、贈る相手に合わせて選んでみてくださいね。
出典: 食べログ

たちばな

住所
東京都中央区銀座8-7-19 江安ビル 1F
電話番号
03-3571-5661
営業時間
[月~金] 11:00~19:00 [土] 11:00~17:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

7. 羊羹が有名な京都生まれの老舗和菓子店「とらや 銀座店」

銀座駅から徒歩4分ほどの場所にある「とらや 銀座店」は、室町時代後期に京都で創業した老舗和菓子店の支店です。人気商品は小倉羊羹の「夜の梅 小型 260円」。切り口の小豆を夜の闇に咲く梅の花に見立てて、この名前が付けられました。羊羹は小倉以外にも紅茶やはちみつ、白味噌など、さまざまな素材を使ったバリエーションが用意されています。
出典: 食べログ

「ゴルフ最中 454円」も、「とらや」の歴史を語る上で欠かせない商品の一つです。1926年に三菱財閥の総裁夫人が宴席を盛り上げるため、「とらや」にゴルフボールを模した和菓子を注文しました。その当時の和菓子を改良し、商品として販売することになったそう。ゴルフ好きな方に贈れば、喜んでもらえそうですね。
出典: 食べログ

とらや 銀座店

住所
東京都中央区銀座7-8-6 1F
営業時間
[月~土] 10:00~20:00 [日・祝] 10:00~19:00
定休日
元日
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2021.3.5

※このスポット・イベントは、移転・閉店・休業している可能性があります。

大きな地図で見る

8. 名物の卵型スイーツは東京土産として有名「銀座たまや」

銀座駅から徒歩5分にある「銀座たまや」は、「ごまたまご」という卵型のお菓子が東京土産として有名です。黒ごまペーストと黒ごまあんをカステラ生地で包みホワイトチョコでコーティングしたオリジナルのお菓子で、4層の味わいが一度に楽しめる贅沢な仕上がり。5個入りで520円とリーズナブルなのもポイントです。
出典: 食べログ

「ごまたまごプリン 290円」も、卵型のコロンとしたキュートな見た目が人気のプリンです。マイルドなプリンに黒ごまペーストを加え、トロッと滑らかな味わいを楽しめます。
出典: 食べログ

銀座たまや 本店

住所
東京都中央区銀座7-14-14
電話番号
03-5201-3510
営業時間
[月~土] 10:00~18:30
定休日
日祝日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

9. まろやかな黄身餡を包んだ蒸し饅頭が名物の「清月堂本店」

銀座駅から徒歩10分ほどの場所にある「清月堂本店」は、1907年に創業した老舗の和菓子店。季節の和菓子を種類豊富に販売しています。店内には喫茶コーナーがあるので、購入した和菓子をすぐに頂くこともできますよ。
出典: 食べログ

北海道産の小豆や指定農家の卵、昔ながらの製法で作られる和三盆糖など、和菓子に使う材料に徹底的にこだわっています。看板商品の「おとし文 5個入り 648円」は、黄身餡を自家製こし餡で包み、蒸気でふっくらと蒸し上げて作ります。まろやかな黄身餡の品のよい甘さが美味しい特製和菓子です。
出典: 食べログ

清月堂 本店

住所
東京都中央区銀座7-16-15
電話番号
03-3541-5588
営業時間
[月~金]9:30~19:00 [土曜]9:30~18:00 日・祝日休み ※2F喫茶・清月茶房は2018年6月29日(金)をもちまして閉店いたしました。
定休日
日・祝
平均予算
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]~¥999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

10. オリジナルの焼印が可能などら焼きが人気の「よしや」

最後にご紹介するのは、東銀座駅から徒歩2分ほど、歌舞伎座の裏通りにある「よしや」です。1922年に創業した和菓子店で、看板商品の「木挽町よしや どら焼き 130円」は、最高級北海道十勝産小豆を使った甘さ控えめの餡がたっぷり。
出典: 食べログ

どら焼きは人気商品なので予約必須。オリジナルの焼印を入れることが可能なので、とっておきのお祝い事の贈り物にいかがでしょうか。他にも「果物籠 1,000円」や「花ずし 3,000円」などの創作和菓子も販売しています。
出典: 食べログ

出典: 食べログ

木挽町よしや

住所
東京都中央区銀座3-12-9
電話番号
03-3541-9405
営業時間
[月~金] 10:00~18:00 (売り切れ次第終了 ) [土] 不定休 (来店の際は、要確認 ) [日・祝] 定休日
定休日
日曜・祝日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2021.3.5
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

和菓子を楽しむなら、やっぱり銀座の名店へ!

今回は銀座でおすすめの老舗和菓子店をご紹介しました。どのお店も独自に生み出した和菓子が自慢で、個性豊か。自宅でお茶菓子として楽しむのはもちろん、大切な人への手土産や贈り物としてもおすすめです。銀座で手に入る珠玉の和菓子たち、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事