ちくわ。 おでかけ情報

母校をもっと好きになる。キャンパスのアイドル

学生の街・神田駿河台にある明治大学は、明治法律学校として明治14年に創立。130年以上の時を経て、現在では3万人以上の学生が学ぶ総合大学となっている。そんな明治大学で一番の人気者といっても過言ではないのが、公式キャラクター「めいじろう」。(2016年6月発行「FREE AWAJI BOOK 8890」No.14より)

公開日 2017年12月25日

カテゴリ
街を知る
エリア
御茶ノ水駅
神保町駅
ライター
FREE AWAJI BOOK
母校をもっと好きになる。キャンパスのアイドル
2007年に学生や教職員から寄せられた約100点の応募作品から誕生しためいじろう。モチーフは “森の賢者” といわれるフクロウで、羽は大学のイメージカラーである紫紺色、胸にも大学のシンボルマークがデザインされている。2009年に広報課キャラクターから大学の公式キャラクターに昇格してからは、オープンキャンパスや六大学野球の応援にと大活躍。明大マート(売店)には文具やぬいぐるみなどのオリジナルグッズが販売されているほか、学校関係者に配る非売品の粗品も多くがめいじろうデザイン。めいじろうグッズは男女共に喜ばれるのだそうだ。

オープンキャンパスではツアーガイド役も。

六大学野球では応援団ともに、選手たちを応援。

「一番すごいのは、在校生やOB・OGからの人気。めいじろうがいてくれることで、大学に愛着を持ってくれる学生たちが増えました 。2016年3月にめいじろうのLINEスタンプが発売された時は、一時学内でブームになったんですよ(笑)」と話すのは、広報課の花城敦子さんと中村茉莉絵さん。その言葉通り、ひとたびめいじろうがキャンパス内を歩くと、学生たちがワッと集まりたちまちスマホ撮影会がスタート。その人気はまさにアイドル並みだ。コミカルな動きで周囲を笑わせたり、初対面の私達には「めいじろう」と書かれた名刺を渡すなど、公式キャラクターとしての任務も忘れない。そのサービス精神と仕事っぷりに思わず感心してしまった。

広報課の花城さん(左)と中村さん(右)。

名刺交換にも応じるめいじろう。

めいじろうの名刺は受験生に大人気とのこと。

もちろん、めいじろうは学外との繋がりづくりにも一役買っている。「音楽を通じた千代田区内の町おこしに取り組む本学の学生団体『明大町づくり道場』が参加する区内イベントには、めいじろうもよく一緒に参加しています。また驚いたのが、今年のお正月にめいじろう宛の年賀状が届いたこと!学外にもファンがいてくださったことに、職員みんなでうれしくなってしまいました。めいじろうは今後もさまざまなイベントに登場していく予定です。めいじろうの活動をきっかけに、地元の方々にも愛着を持っていただける大学になっていけたらいいなと思っています」。

キュートなルックスで場を和ませる。

明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー

住所
東京都千代田区神田駿河台1-1
最終更新日:2017.6.14
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事