ちくわ。 おでかけ情報

歌舞伎女子 関亜弓さんに聞く「初心者歓迎、チケットがなくてもOK!」歌舞伎座のカジュアルな愉しみかた

good mornings

公開日 2018年1月1日

「歌舞伎座はタイムマシンみたいな場所」と語る関さんは、自身も学生歌舞伎の舞台経験がある役者であり、執筆活動やイベントを通じて女性や初心者に向けて歌舞伎の魅力を広く発信しつづける歌舞伎女子。敷居が高いと思われがちな歌舞伎の世界を、もっと身近に、もっとカジュアルに愉しめるポイントを伺いました。

東銀座駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
街を知る
一年を通じてにぎわいを見せる東京の名所、国内外から多くの観光客も訪れる歌舞伎座。しかし、歌舞伎を観に行くとなるとまだまだハードルが高い、歌舞伎見物は未経験という人も少なくない。そんな人にこそ、まず足を踏み入れて欲しいところがあると関さんは語る。
「現在の歌舞伎座は2013年4月に新たに開場しました。地下鉄 東銀座駅の4番出口に直結している「木挽町広場」では、朱塗りの柱と大きな提灯がまず目に飛び込んできます。そこはまるで江戸の町にタイムトリップしたかのようなにぎわいの場。小さな出店がたくさん出ていて、歌舞伎の関連グッズやお菓子など、もう、見るだけでも楽しいんです。」
広場にはおなじみのコーヒーチェーン店やコンビニが入っているのも意外と知られていない事実。開演前は歌舞伎見物のお客さんでごった返すが、時間によってはゆっくり出店を見ながらお土産ものを見たり、試食を楽しめたりもする。広場に並ぶ出店は、江戸のマルシェだ。毎日18時30分に店は畳まれ、広場は空っぽになる。実はこの場所は「御助蔵前広小路(おたすけくらまえひろこうじ)」と呼ばれ、有事の際の避難場所に指定されているというのも、知らない人が多いのではないだろうか。
売店で購入できる商品のオススメを聞いてみた。
「たくさんあって迷いますね。「隈取りあんぱん」は見た目よし、味よしでリーズナブル。お土産にするなら「これでよしなに」という小判のおまけもついている、小判型の瓦せんべいがユニークでいいですよ。大人気の「歌舞伎フェイスパック」もここで買えます。」など、聞いているだけで楽しくなるものばかり。運が良ければお弁当売り場で、瓦版売りの恰好をした名物売り子に出会えるかもしれないというレアな情報も教えてくれた。東銀座駅を利用する機会があれば、寄り道しない手はなさそうだ。

GINZA KABUKIZA 木挽町広場

住所
東京都中央区銀座4-12-15GINZA KABUKIZA B2F
電話番号
03-3545-6800
定休日
不定休
最終更新日:2017.8.31
大きな地図で見る
歌舞伎タワーの5階は、緑が広がる屋上庭園だ。「ここが銀座だと忘れてしまうほど気持ちのいい癒しスポットです。ここには、歌舞伎作者・河竹黙阿弥の家にあった石燈籠やつくばい(手水鉢)などが設置されています。時代を超えて今につながる証が目の前で、しかも手の届くところにあって見られるなんて不思議ですし、なんだかうれしいですよね。そうそう、5階から五右衛門階段を下りると歌舞伎座の瓦屋根を見下ろすことができます。中に一枚だけ反転した「鳳凰の瓦」というのがあるのですが、それを見つけるのも宝探しみたいで楽しいですよ。」
ビルに囲まれた銀座の街中にあって、自然を感じられるこの場所には、想像以上にのんびりとした時間が流れている。
最後に紹介してくれたのは、屋上庭園と同じ5階にある歌舞伎を体験できる空間「歌舞伎座ギャラリー」だ。
「歌舞伎って何?と聞かれたら、本を読まなくてもここに来れば歌舞伎の真髄がわかるよと伝えたいほど、歌舞伎の懐の深さを感じるおすすめの場所です。このギャラリーに置いてあるものは、実際に歌舞伎で使われる本物ばかり。しかも触れます。雨や波の音の効果音を出してみたり、歌舞伎に出てくる馬に乗れたり、花道を歩くことだってできちゃいます。普通ならガラスケースの中に納められているような本物を手に出来る、まさに体感できる空間なのです!」
ギャラリー内に設けられた花道やひのき舞台には上がることも出来る。花道の入口に設置された揚幕は改修前の歌舞伎座で実際に使用されていたものだ。さらに関さんは語る。
「このギャラリーはバリアフリー対応も充実しているので、車いすの方もベビーカーもOK。つまり親子で歌舞伎体験ができる、歌舞伎あそびが楽しめるんです。私も娘を連れてまた近々行こうと思っているんですよ。館内は写真撮影もOK、もうインスタ映えするスポットだらけです。歌舞伎への興味は、カワイイとかカッコイイ、楽しいとか癒されるというところから始めてもいいと思います。」

歌舞伎座ギャラリー

住所
東京都中央区銀座4-12-15歌舞伎座タワー 5F
電話番号
03-3545-6886
営業時間
10:00~17:30(最終入館は17:00まで)
定休日
不定休
平均予算
通常入場料金600円 特別入場料金800円~
最終更新日:2017.9.5
大きな地図で見る
今回紹介していただいた広場、庭園、ギャラリーは、すべて歌舞伎のチケットを持っていなくても入れる場所(歌舞伎座ギャラリーは有料、当月の歌舞伎座でのチケットがあれば100円引きなど各種割引あり)だ。敷居が高いというイメージはこの際どこかに置いて、気軽に愉しめるスポットとして、歌舞伎座に足を運んでみてはいかがだろうか。
(文:栗原晶子)
(撮影:山崎瑠惟)

歌舞伎座

住所
東京都中央区銀座4-12-15
電話番号
03-3545-6800
最終更新日:2018.1.22
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事