ちくわ。 おでかけ情報

映画ファン必見! 名画座「ギンレイホール」をご紹介

ちくわ。編集部

公開日 2018年2月25日

美味しい食事や買い物を楽しめる神楽坂は、休日やお仕事帰りに出かける人が多い人気の街。そんな神楽坂に、実は名画座があるってご存知でしたか? 映画ファンはもちろん、名画座に行ったことがないという人もぜひ訪れてほしい神楽坂の名画座「ギンレイホール」についてご紹介します。気軽にスクリーンで昔の映画を楽しむことができますよ。

飯田橋駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

「ギンレイホール」ってどんな映画館?

JR飯田橋駅西口から神楽坂下交差点を渡って右に進み、外堀通り沿いの信号を左に入ると3分ほどで「ギンレイホール」が見えてきます。普通のビルのようで通り過ぎてしまいそうになりますが、白い壁に「ギンレイホール」と書かれた赤い文字が目印です。
出典: フォートラベル

1974年にオープンした名画座で、座席数は202席。旧作映画と聞くと古めかしいイメージを持つかもしれませんが、館内は他の映画館と変わらずとっても綺麗です。

名画座「ギンレイホール」のコンセプトや特徴をご紹介!

「ギンレイホール」のコンセプトは”国境なきラインアップ”。映画ファンが満足できる上映をモットーに、邦画だけではなくアメリカやヨーロッパ、アジアなど世界中の旧作映画を上映しています。
出典: フォートラベル

通常の映画館とは異なり、映画を2本立てで上映するという映画ファンには嬉しいシステムが特徴です。開催イベントによっては、3本立てや4本立ての時もありますよ。

チケット料金はどうなってるの?

通常2本立てで映画を上映する「ギンレイホール」。チケット料金がどうなっているのか気になりますよね。実は一般的な映画館で映画を1本見る料金とほとんど変わりません。一般1,500円、学生1,200円、シニア・子ども1,000円など、リーズナブルに映画観賞を楽しむことができます。
また、夜間に最後の1作品のみ観賞する場合は1,000円で入場できるサービスも実施。見たい作品が最後の1作品だった場合は、ぜひこの夜間割引のチケットを購入しましょう。ただしイベント開催時は通常料金とは異なりますので、ご注意くださいね。

旧作映画を沢山見たい方におすすめ! 「ギンレイ・シネマクラブ」

「ギンレイホール」には「ギンレイ・シネマクラブ」という会員制度があります。入会すると日本初の磁気テープ付カードである「シネマパスポート」をもらうことができ、入会したその日から一年間「ギンレイホール」で上映される作品を何度でも見ることができるんです。
青い「シングルカード 10,800円」は、1人で通いたい方におすすめ。「ペアカード 19,400円」は1枚で2人まで入場することができます。ペアカードに2人で入会すると、同伴の1人は入会時の人限定となりますが、1人で入会した場合は誰でも同伴して入場することができますよ。入会手続きは、劇場窓口で受け付けています。

2017年1月スタート! 「ギンレイ・オールナイト」

毎月1回、金曜と土曜の2日連続で開催される「名画座主義で行こう」は、2017年1月にスタートしたオールナイト上映イベント。深夜から上映が始まり、3本ほどの上映が終わる頃には外は明るくなっています。
当日券は一般2,000円、前売り券は一般 1,800円。なんとシネマクラブ会員は800円、学生やシネマクラブ会員の同伴者は1,000円となっています。通常よりもお得に旧作映画を楽しめるので、週末のお楽しみとして足を運ぶのもいいですね。

映画好きなら一訪れておきたいスポット「ギンレイホール」

「ギンレイホール」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? もうスクリーンで観ることはできないと思っていた旧作映画が楽しめることも、2本立てで上映していることも、映画ファンにとっては嬉しいポイントがたくさんの「ギンレイホール」。他の映画館では味わえない名画座ならではの楽しみを、ぜひ神楽坂で味わってみてください。

ギンレイホール

住所
東京都新宿区神楽坂2-19
電話番号
03-3269-3852
最終更新日:2017.12.27
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事