ちくわ。 おでかけ情報

有楽町のカレー四天王を探せ!

good mornings

公開日 2018年3月15日

有楽町界隈で、意外と見つけにくいのが「カレー」の名店ではないでしょうか。ガツンと辛い刺激でパワーを注入したい時、パパっとひとりでワンプレート食事を済ませたい時、誰かと「カレー食べたくない?」となった時。そんな時は自分だけのGO-TOカレーを知っておけば便利なはず! そんなわけで今回は、有楽町でカレーが食べたくなったときに間違いのない「有楽町駅近くの美味しいカレースポット四天王」をご紹介します。

東京駅
有楽町駅
日比谷駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

大喝采のエキゾチック・インドカレー / おいしいカレー工房 ひつじや

出典: 食べログ
有楽町駅から徒歩5分程度、日比谷シャンテの地下2Fにあるこちらはカレー愛好家が通い詰めるインドカレーの人気店です。愛嬌たっぷりのスタッフが片言の日本語で接客してくれるのも魅力のひとつ。日比谷の劇場街からも近いので、観劇の日の開演前・終演後に立ち寄る人も多いとか。
出典: 食べログ
お得なセットメニューは数種類あり、ナンとライスがおかわり自由。食後にはヨーグルトのデザートとチャイ(HOT or COLD)が付いてきます。行列のできるお店ながらもともと回転は早いほうでしたが、日比谷シャンテのリニューアルに伴い、スペースが広くなったのでますます利用しやすくなりました。どれも絶品なので、定期的に通える人には日替わりセットがオススメです!

おいしいカレー工房 ひつじや

住所
東京都千代田区有楽町1-2-2日比谷シャンテ B2F
電話番号
03-3539-6858
営業時間
11:00~22:30(L.O)
平均予算
【夜】¥1,000~¥1,999 【昼】 ~¥999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

じっくり入れたコーヒーと共に。老舗のコトコトチキンカレー / 珈琲館 紅鹿舎

出典: 食べログ
有楽町駅から日比谷方面に高架沿いを歩いていくと、昔ながらの古き良き喫茶店が右手に見えてきます。ピザトースト発祥の店と知られるこちら、実はチキンカレーがとても美味しいんです!
出典: 食べログ
じっくり煮込まれた味わいのルーは、スパイシーながら旨味がギュッとつまっており、いくつもの具材が溶け込んでいることが伺われます。骨つき手羽先のチキンを丁寧に食べながら、もうひとつの名物であるコーヒーも一緒にぜひ。飴色の店内は居心地抜群で、長年愛されてきた空間だけが持つドッシリとした安心感があります。

珈琲館 紅鹿舎 (コーヒーカンベニシカ)

住所
東京都千代田区有楽町1-6-8松井ビル 1F
電話番号
03-3502-0848
営業時間
[月~金] 9:30~23:45(L.O.食事23:00、ドリンク23:30) [土・日・祝] 9:00~23:45(L.O.食事23:00、ドリンク23:30)
定休日
無休
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

甘辛さがクセになる、魅惑の西日本カレー / インデアンカレー

出典: 食べログ
東京国際フォーラムから横断歩道をひとつ丸の内方面に渡った向かい側にあるビル、TOKIAの地下1Fにあるのが大阪生まれのインデアンカレー。ガツンと辛いのに甘さを感じる西日本スタイルは、苦労しながらたいらげてもまだ訪れたくなる味わいが特徴です。
出典: 食べログ
カウンターのみの店内はお客さんそれぞれがカレーと向き合う自分だけの時間。食券を目の前に置いて、寡黙なご主人の慣れた手さばきを眺めながら静かに時を過ごしましょう。たまごのせがオススメですが、白身が得意でない人は「黄身だけ」をリクエストすることもできますよ。付け合わせのキャベツのピクルスとたまごを上手に挟みながら完食できたら、あなたもインデアンカレーにやみつきになること間違いなしです。

インデアンカレー 丸の内店

住所
東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルTOKIA B1F
電話番号
03-3216-2336
営業時間
11:00~22:00 (L.O.21:45)
定休日
無休
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

キャベツとベストマッチ! 働くみんなの満腹カレー / マーブル

出典: 食べログ
平日限定、本気のカレーランチをしたい時に思い出していただきたいのはこちら。有楽町駅前で ”スタバのあるビル” 、有楽町ビル地下1Fのマーブルです。営業しているのが月曜から金曜までの11:00〜15:00で、周辺のワーカーが足繁く通うここは、まさに街のパワーランチスポット。スーツ姿の行列に加わったら、すかさずメニューをチェック。並んでいるうちからオーダーを聞かれるので油断禁物です! 
出典: 食べログ
インドカレー、チキンカレー、ビーフカレー、ラムカレー、もしくはハヤシライス。トッピングにはハンバーグ(100円)かゆでたまご/生たまご(50円)が付けられます。初めての人は、トロットロのポークを大盛りのごはんと共に楽しめるインドカレーをぜひ。驚くほどのキャベツがのっているので、混ぜて食べるのがマーブル流です。日本風のカレーですが、スパイスの刺激もしっかり残る美味しさです。

マーブル

住所
東京都千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル B1F
電話番号
03-3212-3400
営業時間
11:00~15:00
定休日
土・日・祝
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

(オマケ)丸の内のカレーといえばココ。辛さと旨さに痺れる老舗の人気店 / サングリア

出典: 食べログ
丸の内のワーカーに愛されるサングリアは、有楽町駅というよりは二重橋前駅が近いため、5つ目のオマケとしてご紹介。丸ビル近くの岸本ビル。外についた階段で地下1Fに下りると目の前にあります。
出典: 食べログ
料金はテイクアウトかイートインで異なりますが、ほかのカレー店に比べると少し高め。ライスとは別に、高級感のある持ち手のついたカレー皿で出されるカレーは、インド風とタイ風でそれぞれ数種類の風味から選べます。いくつものスパイスが溶け込んでいることがわかる深みのある辛さ。美味しいです。こちらも平日のみのオープンで、日によって行列ができるので早めに行ける人は11:30の開店とともにどうぞ。

サングリア

住所
東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビル B1F
電話番号
03-3213-3908
営業時間
11:30~13:30 17:00~22:00(L.O.20:30)
定休日
土・日・祝
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

有楽町の絶品カレーは、4店(+ オマケ1店)覚えればバッチリ!

いかがでしたか? それぞれのお店のこだわりが光るスパイスマジックと煮込み、そして付け合わせ。素早く食べられて、かつちゃんと美味しい「有楽町カレー」は、日本人のスタンダードなパワーフードとして他のエリアとは一線を画す進化を遂げているようです。有楽町でカレーの気分になったら、迷うことなく「四天王」のお店へ向かいましょう!

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事