ちくわ。 おでかけ情報

胃袋まっしぐら!食材ド直球、ネーミングが楽しい神保町の店

good mornings

公開日 2018年3月10日

神保町界隈でちょっと面白い飲み会をしたいなら、こんな「食材しばり」のお店はいかがでしょうか。みんなが大好きなあの魚から、お腹がすいたら頭に浮かぶあの肉、女子に人気のあの食材まで、名前を聞くだけでみんなの胃袋がその食材のムードになる、店名ズバリの「ド直球」レストランをご紹介します。

神保町駅
小川町駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

鍋もデザートも、「アボ」一色で行っちゃいましょう / アボカフェ

出典: 食べログ
アボといったら女子会のスター、アボカドです! 昨今のアボカドブームと共に大人気のアボカフェでは、アボカドをお肉と共にごはんにのせた丼もの、ホタテと合わせたカルパッチョ、サーモンとの王道ペアメニューなどはもちろん、カレー、スムージー、チゲ鍋にまでアボカドが。驚くべきは、そのどれもが美味しく、飽きがこないように調理されていること。アボカドって本当に何にでも合うんですね〜。
出典: 食べログ
ボリュームたっぷりのランチから多彩なメニューが楽しめるディナーまで、アボカドの底知れぬ魅力を感じる名店です。可愛らしい内装で女子会にも活躍しそう。

アボカフェ (avocafe)

住所
東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F
電話番号
03-5281-6177
営業時間
[月~金] 11:30~15:00(L.O.14:45) 18:00~22:30(LO:22:00) [土・日・祝日] 12:00~15:00(L.O.14:45) 15:00~22:00(LO:21:30)
平均予算
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]~¥999
最終更新日:2017.5.23
大きな地図で見る

透き通るイカを食べたくなったら / 御茶ノ水イカセンター

出典: 食べログ

甘くて透き通った新鮮なイカ、都内ではあまりお目にかかれませんよね。そんな時はこの看板を思い出して! 店内の生簀にはスルメイカ、ヤリイカが悠々と泳いでいます。
出典: 食べログ

とれたての活イカ姿造りは、肝と味噌を合わせた特性ダレで。活きの良さがよくわかる一品です。他の魚料理もバラエティ豊かで美味ですが、ぜひ注目していただいたいのが先付けとして出てくる「イカしゃぶ」。一気に鍋へくぐらせ、生姜のきいた醤油とネギをつけて食べる新鮮なイカの甘み・歯ごたえに思わず絶句してしまうはず。カウンター席からテーブル席、掘りごたつ席、個室スペースなど使い方も色々で便利です。

御茶ノ水イカセンター

住所
東京都千代田区神田小川町3-16 鈴木ビル1F
電話番号
03-3518-9688
営業時間
17:30~23:00
定休日
日・祝
平均予算
¥6,000~¥7,999
最終更新日:2017.7.27
大きな地図で見る

フレッシュなホルモンに大感動! / 神保町食肉センター

出典: 食べログ
昼から肉を焼きたい日(!?)には、食肉センターとお肉の卸業者が営む神保町の食肉センターへ。なんとランチメニューは数量限定で食べ放題! おかわり自由のライス・スープ・オニオンサラダが付いて、45分一本勝負の950円です。
出典: 食べログ
特筆すべきなのは、肉屋ならではの鮮度の高いホルモン。朝どり「ればー」は臭みが一切なく、レバーが苦手な人でもこのお店なら食べられちゃうかも。夜に訪れても激安は変わらず、お酒と会話が楽しく進むこと間違いなしです。目の前で焼いて食べるその日にとれたプリプリの肉・ホルモンの美味しさ、ぜひ大切な仲間と分かち合ってみてください。

卸)神保町食肉センター 本店

住所
東京都千代田区神田神保町2-16
電話番号
03-3265-3629
営業時間
[平日]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:30(L.O.22:30) [土日祝] 11:30~23:30 (ランチL.O.14:30 ディナーL.O.22:30)
定休日
毎月1日はランチのみ休み
平均予算
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]~¥999
最終更新日:2017.7.13
大きな地図で見る

みんな大好き、多彩な調理法で楽しむマグロ / ヒガシノマグロ

出典: 食べログ
東北から直送されてくるマグロ他の美味しい魚介をお酒と一緒に楽しめるのが、ヒガシノマグロ。マグロに合うビールをと、お店オリジナルの醸造ビール「ヒガシノ麦酒」まで用意する徹底ぶりです。マグロの希少部位を味わうことのできる「ヒガシノマグロ盛」は、天然マグロを刺身で。日替わりのオススメ5種盛りです。唐揚げやモツ煮、カマトロステーキ、サラダなど、料理のしかたによって変わるマグロの多彩な味と食感が楽しめるメニュー構成に、オリジナルビールや東北の日本酒がよく合います。
出典: 食べログ

もともと東北復興をコンセプトにクラウドファンディングで立ち上がったという当店、デザインにもこだわりを感じる小綺麗な地下空間は、いつもポジティブなバイブに溢れています。

ヒガシノマグロ

住所
東京都千代田区神田小川町1-8-3 小川町北ビル B1F
電話番号
03-6206-8970
営業時間
【月~金】11:30~14:00 17:00~23:30 【土曜日】17:00~22:00 
定休日
日・祝
平均予算
【夜】¥3,000~¥3,999 【昼】~¥999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

やっぱり豚丼! お腹が空いたときの頼もしい ”スベリ止め” / 豚大学

出典: 食べログ
神保町駅の交差点近くで、どうしても目を引く「豚大学」の看板が記憶にある人は多いのではないでしょうか。思い切って中へ進んでみると、さらに強烈なサインがかかっていました。豚大学、勇気を出して入学してみましょう!
出典: 食べログ
「豚丼」が食べられるこちらでは、小・中・大・特大(大学院)というサイズのほかに「修士」と「博士」の文字が。大学院を修了すると、さらに量の多いメニューへ進級できるしくみになっています。食券コーナーでお好みのサイズの豚丼を選ぶ時に、お味噌汁、漬物、ネギ、半熟卵などもセットメニューとして追加できます。甘辛ダレに絡む豚バラ肉はほどよく焦げ目がついて、ご飯が進む美味しさ。夜ならビールと一緒にパクっといきたいですね。

豚大学 神保町校舎

住所
東京都千代田区神田神保町1-8FUJIビル 3F
電話番号
03-5577-6091
営業時間
[月~金]11:30~15:50(L.O.15:30) 17:00~22:30(L.O.22:10) [土]11:00~15:50(L.O.15:30)
定休日
日曜、祝日、第1土曜
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

店名にコンセプトあり! 「なんだこれ!? 」と思ったら仲間を連れて訪れてみよう。

肉なら肉、魚なら魚のさまざまな食べ方を楽しめる「名実ともに食材がテーマのお店」を5つご紹介しました。これを食べるんだ! とみんなが覚悟を決めてお店に向かう一体感と、調理法によって変わる色・味・食感を楽しむエンタメ感。同じ豚丼なのに、いつのまにかサイズアップの「進級」を目指してしまうテーマ性。なんだかんだ通ってしまいたくなるアボカドのスター性。神保町に来る時は、こんな食事も面白いのではないでしょうか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事