ちくわ。 おでかけ情報

専門店ならではの看板メニューに出会える! 日本橋のレストラン 5選

ちくわ。編集部

公開日 2018年4月6日

今回はグルメな専門店に注目! 日本橋にある穴子料理、カニ料理、チーズフォンデュとダチョウ料理、京風鴨そば、うに料理の専門店をご紹介します。専門店ならではの素材の美味しさと、ちょっとめずらしい看板メニューを堪能できますよ。

東京駅
三越前駅
日本橋駅
カテゴリ
デート
友達と一緒
グルメ

風情ある日本家屋で穴子料理を楽しめる「日本橋 たまゐ(にほんばし たまい)」

日本橋駅C4出口より徒歩2分ほどのところのある「日本橋 たまゐ(にほんばし たまい)」は、戦後間もない昭和28年に建てられた風情のある佇まいに心惹かれます。創業当時は酒屋として営業していましたが、現在は穴子料理の専門店です。
出典: 食べログ

うな重のようにも見えますが、こちらは「めそ箱めし 1,800円」。穴子の中でも小ぶりな「めそ」は、柔らかく小骨もあまり気にならないのだそう。ぜひ煮上げと焼き上げを1枚ずつのせた「合いのせ」で注文し、調理法による味や食感の違いを体験しましょう。
出典: 食べログ

あわせて「焼骨 茶漬け用出汁 200円」もオーダーすれば、最後にお出汁をかけてお茶漬けとして楽しめますよ。
出典: 食べログ

日本橋 玉ゐ

住所
東京都中央区日本橋2-9-9
電話番号
03-3272-3227
営業時間
平日     11:00~14:30(L.O.14:00) 17:00~21:30(L.O.21:00) 土日祝   11:30~15:30(L.O.15:00) 16:30~21:00(L.O.20:30)
平均予算
[夜]¥3,000~¥3,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2017.11.28
大きな地図で見る

一品で三度美味しい! フォトジェニックな御かにめし「日本橋 かに福」

日本橋駅B9出口より徒歩5分ほどのところにある「日本橋 かに福」は、昭和45年に創業したカニ料理の専門店。フォトジェニックな「御かにめし 1,800円」は、一品で三度美味しい名物料理。まずはお茶碗によそい熱々の出汁をかけて、次はそのまま御かにめしを、最後にお好みの薬味をのせてお出汁をかけてマリアージュを楽しみます。
出典: 食べログ

ダークブラウンでまとめられた落ち着いた雰囲気の店内で、カニ肉がたっぷり詰まった「カニクリームコロッケ 1,380円」や濃厚な「かにみそ 480円」などと共に日本酒をいただくのも良いですね。
出典: 食べログ

日本橋 かに福

住所
東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル1F
電話番号
03-3231-8686
営業時間
【火~金】 11:00~15:00 17:00~23:00 【土日・祝日】 11:00~23:00
定休日
毎週月曜日
平均予算
【夜】¥6,000~¥7,999 【昼】¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

こだわりのチーズフォンデュとヘルシーなダチョウ料理「chez MACIO(シェ・マシオ)」

東京駅日本橋口より徒歩3分ほどの場所にある「chez MACIO(シェ・マシオ)」は、チーズフォンデュとダチョウ料理の専門店。カジュアルな雰囲気の店内で、リラックスして食事を楽しめます。
出典: 食べログ

本場の美味しさにこだわったチーズフォンデュは、濃厚なのにアッサリとした後味。プレーンをはじめトマト・わさび・カボチャ・バジルなど14種類もあるので、どれにしようか迷ってしまいますね。お得な「チーズフォンデュランチ 1,300円」は、特製サラダ・パン・温野菜・デザー付き。
出典: 食べログ

「大地鳥(ダチョウ)フィレ肉のグリエ 2,200円」など、低カロリーで美味しいダチョウ肉を使った料理も一緒に楽しめるのは、他ではなかなかできない体験ですね。

chez MACIO 八重洲(シェマシオ)

住所
東京都中央区八重洲1-2-6 パールホテル八重洲2階
電話番号
03-3246-8087
営業時間
:00~9:00、11:00~14:00、17:00~LO22:00
定休日
日曜・祝日
平均予算
【夜】¥4,000~¥4,999 【昼】¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

温も冷も味わいたい!「京都鴨そば専門店 浹(あまね)」

三越前駅A4・A6出口より徒歩5分ほどのところにある「京都鴨そば専門店 浹(あまね)」は、鴨料理の専門店。11:00~14:30までの昼の部は、京風鴨そば専門店として営業しています。
出典: 食べログ

天然昆布と削り節のお出汁に合鴨と九条ネギの風味が溶け込んだ「鴨そば 980円」は、一度は味わいたい逸品です。相性抜群の「かやく御飯 200~400円」も一緒にいかがでしょう。
出典: 食べログ

冷たいお蕎麦がお好きな方は「鴨ざる 1,080円」を。鬼皮つきの常陸秋蕎麦を挽いたお蕎麦を、冷たいつけ汁でいただきます。鴨肉と炒めた九条ネギ、大根おろしの薬味をアクセントに、温かいお蕎麦とは違った魅力を堪能できます。
出典: 食べログ

京都鴨そば専門店 浹(あまね)

住所
東京都中央区日本橋小舟町4-10 1F
電話番号
03-6206-2853
営業時間
11:00~14:30(14:00 L.O)17:30~22:30(22:00 L.O)
定休日
日曜日・祝日
平均予算
【夜】¥4,000~¥4,999 【昼】 ~¥999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

お好みの産地・量を選べるうに丼「うに屋のあまごころ」

東京駅八重洲北口そばのキッチンストリート内にある「うに屋のあまごころ」は、うに料理の専門店。「いかうに 480円」などの和食はもちろん、「うにとローストビーフ 680円」など洋のテイストも取り入れた多彩なうに料理が自慢です。
出典: 食べログ

美味しいうにをたっぷり味わいたいなら、ランチの「うに屋のうに丼」がおすすめ。「ごはん 200円」に好きな産地のうにを選んで、自分好みのうに丼を作ることができます。うにのお値段は「チリ産10g 250円」「海外産10g 350円」「国内産10g 450円」。3種類を盛り合わせて、食べ比べてみるのもいいですね。
出典: 食べログ

うに屋のあまごころ 東京駅店

住所
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口 キッチンストリート 1F
電話番号
03-6212-6224
営業時間
11:00〜15:00 (Food L.O 13:00 Drink L.O 14:30) 17:00 〜 23:00(Food L.O 22:00 Drink L.O 22:30)
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.2.21
大きな地図で見る

専門店ならではの味を楽しもう!

日本橋にあるちょっとめずらしい専門店をご紹介しましたが、いかがでしたか? 素材の良さは専門店ならでは。ここでしか味わえない看板メニューがあるのも魅力的ですね。ぜひ恋人や友達を誘って、新しい食体験をしに足を運んでみてくださいね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事