ちくわ。 おでかけ情報

名作の舞台を訪ねて。 渋谷&代官山でじっくり文学さんぽ♪

ちくわ。編集部

公開日 2018年3月28日

渋谷は流行や情報の発信地であり、エキサイティングな街として多くの文学や映画の舞台として取り上げられてきました。新しいランドマークが次々に建てられ変化を遂げた今の街と、さまざまな小説の舞台となった当時の街の様子を想像し比べながら“文学さんぽ”してみましょう。(2016年12月作成)

渋谷駅
代官山駅
カテゴリ
一人で
お散歩
街を知る

「白根記念渋谷区郷土博物館・文学館」からスタート! 渋谷エリアの歴史を深くじっくりと学ぶ

渋谷エリアの文学さんぽのスタートは、「白根記念渋谷区郷土博物館・文学館」。地下2階の文学館では、渋谷で生まれ育った文芸評論家・奥野健男の書斎を再現するなど、渋谷にゆかりのある作家の作品や年表などの資料を展示。「渋谷のアララギ歌人」や「渋谷の自然主義作家」など、文学的観点から掘り下げて渋谷を知ることができます。
出典: フォートラベル
博物館では、旧石器時代から現代に至るまでの渋谷の歴史を資料とともに紹介。渋谷の文学と町の歴史を学びに訪れてみてはいかが。
出典: フォートラベル

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

住所
東京都渋谷区東4-9-1
電話番号
03-3486-2791
営業時間
11:00~17:00(入館は16:30まで)
平均予算
一般:100円、小中学生:50円
最終更新日:2018.3.15
大きな地図で見る

渋谷を象徴するスクランブル交差点。すれ違う人の波に渋谷らしさが感じられる!

スクランブル交差点は、1日に約50万人が通る世界最大の交差点といわれており、ソフィア・コッポラ監督が手がけた映画『ロスト・イン・トランスレーション』や、芥川賞を受賞した金原ひとみ著・蜷川幸雄監督による『蛇にピアス』の映画にも登場。そして現在では、多くの外国人が訪れる東京を代表する観光名所にもなっています。

すれ違う人の多さ渋谷を象徴する風景。人混みに埋もれて孤独や虚無感を覚えたり…。そんな空気を感じたら、物語の中にもっと入り込めるかもしれません。マークシティへの通路や、スターバックス、渋谷エクセルホテル東急のラウンジなどからも交差点を見下ろすことができます。

渋谷駅前交差点(スクランブル交差点)

住所
東京都渋谷区道玄坂下
最終更新日:2018.3.15
大きな地図で見る

デニーズ渋谷公園通り店から始まる『アフターダーク』。村上春樹ワールドへトリップ☆

村上春樹の小説『アフターダーク』。夜の渋谷を舞台とする村上ワールドの物語の始まりが、この「デニーズ渋谷公園通り店」です。作中に登場するチキンサラダは残念ながらメニューにはないようですが、しばし店内で時間を過ごしたら、物語のスタートを体感できるかも。

2階から見下ろす渋谷公園通りは村上春樹ワールドの入り口に変わるかもしれません。ぜひ本を片手に訪れてみましょう。

デニーズ 渋谷公園通り店

住所
東京都渋谷区神南1-16-3 ブルヴァールビル2F
電話番号
03-3780-0616
営業時間
10:00~翌5:00(L.O.翌4:30)
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.3.15
大きな地図で見る

代官山エリアで未解決事件(コールドケース)の捜査に挑んだ主人公たちの足跡をたどる

17年の時を経て発生した暴行殺人事件の真犯人を追って、代官山エリアで再捜査に挑む刑事を描いた佐々木譲の小説『代官山コールドケース』。変遷著しい代官山の街を、物語に描かれている“今”と17年前の事件当時の様子を重ね合わせながら歩いてみましょう。

街の文化の中心になっている人々が時代とともにどのように変わっていったか、小説に登場する人物を想像しながら歩くのも一興です。

代官山アドレス・ディセ

住所
東京都渋谷区代官山町17-6
電話番号
03-3461-5586
営業時間
10:00~22:00( 2・3階は11:00~20:00)
定休日
1/1~1/2、建物の法定休業日、臨時休業日あり
最終更新日:2017.4.11
大きな地図で見る

文学さんぽの仕上げは「代官山 蔦屋書店」で。渋谷エリアの文学や音楽に出合う♪

例えば、『アフターダーク』に登場する曲を探しに「代官山 蔦屋書店」へ。ここでは本はもちろん、音楽、映画、文具、アートなど豊富な商品の中からほしいものを見つけることができるでしょう。スターバックスコーヒーで一息つきながら、文学さんぽを振り返るのもよいでしょう。さらに街の新しい発見へと誘ってくれる文学との出合いがあるかもしれません。読書にちなんだイベントや、朝市なども開催されています。
出典: フォートラベル

代官山 蔦屋書店

住所
東京都渋谷区猿楽町17-5
電話番号
03-3770-2525
営業時間
7:00~翌2:00(2階は9:00~)
定休日
年中無休
最終更新日:2018.3.16
大きな地図で見る

渋谷・代官山の街を深く知れば、作品の別の顔が見つかるかも。

若者たちの文化の発信地であり、外国人も多く見られる渋谷・代官山には、多様性を受け入れる懐の深さがあります。単に文学の足跡をたどる以上の何かが見つかるはず。気になる渋谷文学を見つけたら、たまには一人で街を歩いてじっくり観察をしてみてはいかがでしょうか。これまでとは違う街、また作品の顔が見えてくるかもしれません。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事