ちくわ。 おでかけ情報

進化を続ける銀座、その “新しい顔” に会いに行こう!

ちくわ。編集部

公開日 2018年4月18日

常に流行の最先端を発信し続けている銀座の街。せっかく訪れたのなら、話題の店に行ってみたいですよね! 今回は、銀座でも話題のショッピングビルたちをご紹介! おひとりさまでも、友達とでも、銀座を満喫しちゃいましょう! 

有楽町駅
銀座駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

話題のスポット「GINZA SIX」へ行こう!

2017年にオープンしたばかりの「GINZA SIX」は、241もの店舗が集まる商業ビルです。
特に、日本初のコンセプトとなるディオールのブティック「House of Dior Ginza(ハウス オブ ディオール ギンザ)」や、銀座エリア初の旗艦店となる「CÉLINE GINZA(セリーヌ銀座)」など、GINZA SIXならではの店舗が多いことも人気の理由です。
出典: フォートラベル

また、屋上の庭園で休んだり、館内のいたるところに飾られているアートを鑑賞したりもできます。ショッピングのみならず文化発信の拠点や都会のオアシスとしての役割もコンセプトのひとつになっています。

GINZA SIX

住所
東京都中央区銀座6-10-1
電話番号
03-6891-3390
営業時間
ショップ 10:30〜20:30 レストラン 11:00〜 23:30 ※一部店舗により異なる
最終更新日:2018.2.9
大きな地図で見る

ふたつのパブリックスペースでひと休みも♪「東急プラザ銀座」

2016年に数寄屋橋交差点の角にオープンした「東急プラザ銀座」。ファッション、フード&カフェ、レストランなどの店舗をそろえる商業ビルです。外観のコンセプトは、江戸切子をモチーフにした「光の器」。時間や天候に応じてライティングを変えて、うっとりするような美しさを見せます。
館内には、ショッピングの合間に立ち寄りたい、ふたつのパブリックスペースがあります。まず6階の「KIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)」。数寄屋橋交差点を一望できるカフェも併設されているので、景色を楽しみながら待ち合わせや休憩に利用できます。ラウンジ内ではイベントを行うこともあるようです。
また、屋上にはオープンテラスの「KIRIKO TERRACE(キリコテラス)」も。地上約56メートルに広がる開放的なスペースで、のんびり過ごすことができます。

東急プラザ銀座

住所
東京都中央区銀座5-2-1
電話番号
03-3571-0109
営業時間
11:00~21:00(フロアにより異なる)
最終更新日:2018.3.2
大きな地図で見る

2017年にリニューアルオープンした「無印良品有楽町店」

「無印良品有楽町店」は、有楽町駅と首都高の高架の間にある「インフォス有楽町」に入っています。
リニューアル後は1階に青果の直売所スペースが設けられました。ここでは化学肥料や化学合成農薬を使用しない、もしくは減農薬で栽培した野菜を農家から直接仕入れています。
さらに2階には以前から人気のカフェスペース「Café&Meal MUJI」もあるので、ひと息つくのにも便利! 現在は新たに、農家直送の野菜を使ったスープがテイクアウトメニューとして登場。パントやコーヒーと組み合わせることができます。

無印良品 有楽町店

住所
東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
電話番号
03-5208-8241
営業時間
10:00~21:00
最終更新日:2018.3.8
大きな地図で見る

銀座四丁目の新たなランドマーク「銀座プレイス」

銀座四丁目交差点でひと際目立つ商業ビル「銀座プレイス」は2016年9月にオープンしました。外観は、透かし彫りの白い器をイメージしていて、日本の伝統工芸が持つ柔らかさと優しさ、発展する銀座を象徴するような上昇感と高揚感のあるデザインをイメージしているそうです。
銀座プレイスの象徴的なフロアは3階の「common ginza(コモンギンザ)」。銀座四丁目の交差点を見わたせる開放的なフロアに、カラフルでフレッシュな旬のフルーツを楽しめるカフェ「RAMO FRUTAS CAFE(ラモフルータスカフェ)」と、アートや展示、イベント開催などを行う「PANORAMA GALLERY(パノラマギャラリー)」を融合。休憩したり、アートなどの文化に触れることができます。
出典: 食べログ

また、地下階には「銀座ライオン」など、食事やお酒を楽しめるお店が揃います。
出典: 食べログ

銀座プレイス(GINZA PLACE)

住所
東京都中央区銀座5-8-1
最終更新日:2018.3.8
大きな地図で見る

銀座での待ち合わせは「マロニエゲート銀座2」のハナドケイ前で

「プランタン銀座」のあとを引き継ぎ、2017年にオープンした「マロニエゲート銀座2」。若い女性向けのファッション、コスメ、フードなど多彩な店舗がそろいます。

マロニエゲート正面エントランスには、新たな待ち合わせスポットとして人気の「ハナドケイ」があります。円形の時計に生花を飾り、「自然」と「デジタル」が融合したデザインが新鮮で、記念に写真を撮る人が後を絶ちません。

ちなみに、マロニエゲート銀座2と同時に開館したマロニエゲート銀座3は、道路を挟んだ対面に建っていて、互いをつなぐ空中通路でわたることができます。こちらにも足を運んでみてください。

マロニエゲート銀座2

住所
東京都中央区銀座3-2-1
営業時間
11:00~21:00
最終更新日:2018.3.8
大きな地図で見る

1日では回り切れない! 銀座の”新しい顔たち”

どのスポットも魅力的な店が多くて、目移りしながら歩くことは必至。1日で全てを回り切ることは難しそうですね。おひとりさまで気ままに巡るのもいいですし、お友達を誘って、銀座の”新しい顔”でショッピングやアートを楽しんでみるのも楽しいですよ!

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事