ちくわ。 おでかけ情報

文豪や偉人ゆかりのスポットを巡る銀座さんぽ

ちくわ。編集部

公開日 2018年5月6日

日本の文壇を牽引してきた文豪や、時代を切り開いてきた偉人たちも、銀座の魅力にとりつかれ、通っていた時期がありました。この街には彼らの思いが詰まった店が、いまだ健在です。偉人たちを虜にした、魅惑のスポットを巡ってみませんか?

有楽町駅
銀座駅
東銀座駅
カテゴリ
デート
友達と一緒
お散歩
グルメ

食通や文豪を唸らせた、「資生堂パーラー」で日本の洋食黎明期の味わいを

前身は1902(明治35)年、当時まだ珍しかったソーダ水やアイスクリームを扱う「ソーダファウンテン」という店。1928(昭和3)年から本格的なレストランとなりました。
出典: 食べログ
3代目総料理長、高石鍈之助氏が編み出したメニューは、洋食をあまり口にしていなかった人々を瞬く間に虜にしました。永井荷風や谷崎潤一郎らが通い、食通で知られる池波正太郎も、ここの「ミートクロケット 2470円」と「チキンライス 2160円」の大ファンだったそう。ナイフを入れるとサクッと小気味よい音を立て、中からとろりと濃厚なベシャメルソースが口に広がって、幸せな気分になれそうです。
出典: 食べログ

資生堂パーラー 銀座本店 レストラン

住所
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル 4F・5F
電話番号
03-5537-6241
営業時間
11:30~21:30(L.O.20:30)
定休日
月曜(祝日の場合は営業)
平均予算
【夜】¥10,000~¥14,999【昼】¥8,000~¥9,999
最終更新日:2018.3.6
大きな地図で見る

向田邦子が筆を走らせた「カフェ ブリッヂ」で脚本家を気取ってみたい

西銀座デパートの地下にある、どこかレトロな雰囲気のカフェ。小説家として活躍した向田邦子が駆け出しだった頃、原稿を書くのに利用していたそうです。
出典: 食べログ

彼女がよくオーダーしたという「ミックスサンド」。フライドポテトとサラダが付いて食べ応え満点です。

また、パンケーキの種類が豊富なことでも知られ、メロンパンケーキやスノーホワイトパンケーキなど、味はもちろん、写真映えも抜群のメニューがそろいます。
出典: 食べログ
出典: 食べログ
しっとりとした生地とほのかな甘みが広がりますよ♪

ブリッヂ (BRIDGE)

住所
東京都中央区銀座4-1西銀座デパート B1F
電話番号
03-3566-4081
営業時間
[月~土] 11:00~20:30(L.O.20:00) [日・祝] 11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
西銀座デパートに準ずる
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.3.6
大きな地図で見る

島崎藤村らが学んだ瀟洒な校舎の「泰明小学校」

数寄屋橋公園に隣接する、趣のある学校。こんな繁華街に学校が!? と驚かされますが、その歴史は古く、現在の校舎は1929(昭和4)年、関東大震災の復興事業として竣工したものです。文豪・島崎藤村や北村透谷など、出身者もそうそうたる顔ぶれ。学校そのものがブランド化してきた現在は、銀座界隈から通う子どもたちをはじめ、抽選を経て、入学してくる子どもたちもいるのだとか。昭和初期の貴重なモダン建築の学校に通っているだなんて、なかなか素敵ですよね。マナーを守って外観のみ見学しましょう。

中央区立 泰明小学校

住所
東京都中央区銀座5-1-13
最終更新日:2018.3.8
大きな地図で見る

歴代の歌舞伎役者のスピリッツが息づく、「歌舞伎座」で伝統文化に触れる

2013年に3年もの歳月をかけてリニューアルを果たした歌舞伎座。建築家・隅研吾氏が設計を担当した威風堂々とした佇まいは、見るものを圧倒します。
無料で入ることができる屋上庭園には、歌舞伎作品「三人吉三」や「弁天小僧」の作者として知られる、河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)の家の庭に置かれていた石灯籠が配されていて、趣たっぷり。庭園から抜ける廊下には、歴代の歌舞伎役者の紹介パネルがずらりと並んでいます。一人ひとりの役者が築いてきた、歌舞伎の歴史の重みがひしひしと伝わってきます。また歌舞伎に興味はあるけれど、料金的にちょっと…と、思っている人におすすめしたいのが、「一幕見席」。その日の舞台で見たい幕を、一幕だけ見ることができる席で、チケット代もお手頃! 気軽に歌舞伎鑑賞を楽しんでみては。

歌舞伎座

住所
東京都中央区銀座4-12-15
電話番号
03-3545-6800
最終更新日:2018.1.22
大きな地図で見る

「銀座・ルパン」で数々の偉人たちのハートを盗んだカクテルを

銀座の路地裏に佇む、雰囲気あるバー。開店当初から、菊池寛・泉鏡花らの支援を受け、文豪たちの憩いの場として誕生しただけあって、常連だったという面々も豪華です。こちらは1928年創業の、文豪・太宰治や永井荷風も通ったという老舗。
出典: 食べログ

出典: 食べログ
階段をトントンと降りていくと、シルクハットを被った怪盗ルパンが、まるでおいでおいでと手招きしているかのようです。
出典: 食べログ
大きなレモンが入ったカクテル、モスコミュールは大人の味わい。敷居が高そうですが、初めてでもマスターが優しく迎え入れてくれるので、ご心配なく。

ルパン(Lupin)

住所
東京都中央区銀座五丁目5番11号 塚本不動産ビル地階
電話番号
03-3571-0750
営業時間
17:00~23:30 (L.O.)23:00
定休日
日曜・月曜
平均予算
¥3,000~¥3,999
最終更新日:2018.3.8
大きな地図で見る

偉人たちの足跡を追う優雅な銀座巡り

少し背伸びをして、偉人たちが愛したスポットを巡れば、その場所の魅力は訪れる人々もお店の人とともにつくり上げるものだと実感させられます。人々が銀座に抱く華やかなイメージを体現している素敵なお店ばかり! ぜひ訪れてみてください。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事