ちくわ。 おでかけ情報

東京駅直結『NIHONBASHI BREWERY. T.S』でクラフトビールを味わおう!

ちくわ。編集部

公開日 2018年5月16日

2017年11月1日にオープンした「NIHONBASHI BREWERY. T.S」は、東京駅の八重洲改札口に直結している「GranAge(グランアージュ)」内にあります。種類豊富なクラフトビールやこだわりのグルメを楽しめますよ。ここでしか味わえないビールを堪能しましょう!

東京駅
カテゴリ
デート
友達と一緒
グルメ

駅近のクラフトビール専門店! 「NIHONBASHI BREWERY. T.S」

東京駅八重洲改札口に直結している商業施設「GranAge(グランアージュ)」内にある「NIHONBASHI BREWERY. T.S」は、2017年11月1日にオープンしたクラフトビール専門店。のれんがかかるシックな外観と、ウッド調で天井が高く開放的な雰囲気の店内が魅力的です。

出典: 食べログ

馬喰横山の人気クラフトビール専門店の2号店で、アメリカのポートランドにあるエコブルワリー「HUB(Hop works Urban Brewery)」の醸造長を務めるTrevor Bass氏が考案したオリジナルレシピのビールを味わうことができます。

出典: 食べログ

13種類のクラフトビールとクラフトサイダーが揃う♪

ビールのサイズとお値段は「S 380円」「M 580円」「L 980円」の3種類。まず飲んでいただきたいのが、日本人の舌に合うように考案されたTrevor Bass氏のオリジナルレシピによる「NIHONBASHI IPA〈NIHONBASHI BREWERY〉380円」。ヒノキの香り立つ升でサーブされる「NIHONBASHI IPA SAKE STYLE 580円」もおすすめです。
出典: 食べログ

バイエルン地方の伝統的なビール「修繕寺ヘリテッジヘルス 380円」や、バラを漬け込んで作るサイダー「ドライローズ 380円」など、ユニークなビールも揃っています。
出典: 食べログ

お酒が飲めなくても楽しめる! 豊富なドリンクメニュー

ビール以外にも「桃焙じ茶ハイ 600円」「ビール麦茶ハイ 550円」などのサワー系や、ワイン、ハイボール、ウィスキーなども楽しめます。
出典: 食べログ

「ビール麦の麦茶 450円」や「オーガニックジンジャーエール 450円」などのソフトドリンクもありますので、お酒が苦手な方と一緒でも大丈夫!

出典: 食べログ

おつまみにぴったり! こだわりのフードメニュー

産地直送で届く三浦野菜などを使った、ヘルシーかつボリューミーなメニューが充実しています。一番人気の「とろけるポテトサラダ 500円」は、アイスクリームのようにおしゃれに盛り付けられたポテトサラダにパンが添えられた一品。

出典: 食べログ

「サラミと生ハムの4種盛り合わせ 1,350円」や「岩中豚の手詰めソーセージ 1,180円」もおすすめ。

実は、ランチメニューも見逃せない♪

秘伝のテリヤキソースが魅力の「日本橋バーガー (オリジナルテリヤキソース)950円」など、ランチメニューも人気です。
出典: 食べログ

「成羽農場の卵のカルボナーラ 950円」や「季節野菜のマカロニグラタン 850円」など、1,000円以下で食べられるメニューが多いのもポイント。さらにプラス300円で、おかわり自由のサラダとスムージーを付けることができちゃいます。
出典: 食べログ

東京駅チカでクラフトビールとフードを堪能!

いかがでしかた? 2017年11月1日にオープンした「NIHONBASHI BREWERY. T.S」についてご紹介しました。ビールはもちろん、ドリンクやフードの種類が豊富でこだわりもたっぷり。シーンを問わず楽しめるスポットなので、ぜひ足を運んでみてください。

NIHONBASHI BREWERY. T.S(ニホンバシ ブルワリー トウキョウステーション)

住所
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 1F
電話番号
03-6256-0056
営業時間
[月~土] 11:00~23:00(L.O.22:00) [日・祝] 11:00~22:00(L.O.21:00)
平均予算
【夜】¥4,000~¥4,999 【昼】¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.4.2
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。