ちくわ。 おでかけ情報

日本橋にオープンした劇場型レストラン・ラウンジ「水戯庵」をご紹介!

ちくわ。編集部

公開日 2018年5月26日

2018年3月20日に日本橋の「福徳の森」内にオープンした劇場型レストラン・ラウンジ「水戯庵」。伝統芸能や日本食など、優美な日本文化をギュッと集めた注目の新スポットです。今日は「水戯庵」の見所やレストラン・ラウンジのメニュー、システムについてご紹介します。

エリア
日本橋
三越前駅
カテゴリ
デート
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ

日本橋の緑豊かな憩いの場「福徳の森」

今回ご紹介する劇場型レストラン・ラウンジの「水戯庵」は「福徳の森」の地下にあります。
出典: フォートラベル

「福徳の森」とは、東京メトロ三越前駅A6出口から徒歩1分ほどの「コレド室町2」に隣接するフリースペース。敷地内にはクヌギやモミジ、サクラ、ウメなどが植えられ、日本の里山を表現しています。
出典: フォートラベル

夜には季節に合わせたライトアップも。誰でも自由に出入りできる日本橋の憩いの場として親しまれています。
出典: フォートラベル

福徳の森

住所
東京都中央区日本橋室町2-5-10
最終更新日:2018.4.4
大きな地図で見る

劇場型レストラン・ラウンジ「水戯庵」とは?

2018年3月20日に「福徳の森」の地下にオープンした「水戯庵」は、金魚の水中アート「アートアクアリウム」を手がけた木村英智さんがプロデュースする劇場型レストラン・ラウンジ。食事を楽しみながら日本の伝統芸能や文化に触れることができますよ。
出典: 食べログ

施設内には伝統芸能が演じられる舞台が置かれ、300年前から続く京都の老舗お香店「松栄堂」の優雅な香りがただよっています。
出典: 食べログ

お料理を盛り付ける器は、江戸時代から大正時代に作られたもの。伝統と非日常的な空間が楽しめるスポットです。

伝統芸能を鑑賞しながら「すし栄」のランチ&ディナーを堪能

「水戯庵」では、日替わりでさまざまな流派の能楽や狂言、日本舞踊などの伝統芸能を上演。それらを鑑賞しながら、現存する中で最も古いとされる1848年に創業した江戸前すし店「すし栄」のランチやディナーを味わうことができます。
出典: 食べログ

地球環境に配慮したブルーシーフードを使った江戸前寿司や大阪寿司、茶巾寿司、お茶菓子などのコース料理を提供しています。
出典: 食べログ

料金は席ごとに異なり、予約制です。舞台鑑賞と席料込みで、ランチは6,500円~15,000円、ディナーは9,000円~18,000円。テーブル席やソファ席、カウンター席など、席によって利用できる人数が異なるのでご注意くださいね。
出典: 食べログ

和のアフタヌーンティーで老舗のお茶菓子を

15:00〜16:30までのティータイムには、予約制で和のアフタヌーンティーを提供しています。宮中に献上していた京菓子店「老松」の主菓子や文化元年から続く京菓子店「亀末廣」の干菓子、創業200年になるお茶屋さん「福寿園」などの老舗による贅沢な内容で、料金は舞台鑑賞と席料込みで6,500円~15,000円。

「百川ラウンジ」でこだわりのお酒や料理を

平日と土曜日の20:30~24:00までは、席が自由のラウンジタイムに。江戸時代に存在したと伝わる「百川」という料亭から名づけられた「百川ラウンジ」は、サロンのように寛げる空間が自慢です。
出典: 食べログ

お酒のラインナップは、食通として知られる俳優の辰巳琢郎さんが厳選した日本酒や国産ワイン、ウイスキーなど。ラウンジタイム限定の創作お茶漬けや一品料理も見逃せません。チャージは1人1,000円で、サービス料が10%がかかります。お酒好きな方は、ぜひ訪れてみてくださいね。
出典: 食べログ

日本橋の「水戯庵」で伝統芸能と日本の食文化を堪能しよう!

日本が誇る伝統芸能と食文化を一度に堪能できる「水戯庵」。日本の素晴らしさを改めて気づかせてくれる新スポットです。和の文化が好きな方や外国人観光客にも喜ばれそう。ぜひ上質な舞台や食事を堪能しに訪れてみてください。

水戯庵(すいぎあん)

住所
東京都中央区日本橋室町2-5-10 B1F
電話番号
03-3527-9378
営業時間
11:30〜24:00 ※ランチ、アフタヌーンティー、ディナーは予約制。20:30〜24:00のラウンジタイムは予約無しで利用可
最終更新日:2018.4.4
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。