ちくわ。 おでかけ情報

【まるごとにっぽん大解剖 第2回】職人ワザが光る一品、雑貨に漢方、足湯まで。ジャパンなモノを見つけに

good mornings

公開日 2018年6月1日

芝居小屋など昔ながらのエンタメを中心に賑わう浅草・六区ブロードウェイ。この界隈に2015年新たに登場した「まるごとにっぽん」を知っていますか? 浅草広しといえど、そのテーマ性/専門性の高さが大型商業施設としてはとてもユニーク。今回は、日本的なアイデアやエッジの効いた生活用品が並ぶ2階フロアの様子に迫ります。

浅草駅
田原町駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ
街を知る
浅草寺界隈に続き、エリアでも有数の存在感をほこる一大ストリートの六区ブロードウェイ沿いにはエンタメ的な要素がたくさん。その昔から人々はこの通りで演芸ホールのお芝居など娯楽の数々を楽しんできたわけですが、2015年12月、従来とはまた別の角度から楽しみを提供する商業施設が加わりました。その名も「まるごとにっぽん」。
食料品関連の1階(紹介記事は こちら)とはうって変わって、2階で見つかるのは、総じて生活用品系のアイテム。ここでもやはり、「地方発」というのが共通のキーワードです。

木質の優しさがより全面的に打ち出されているこのフロア。1階以上に店舗と店舗、店舗と通路の境界がゆるやかなので、興味の赴くままに見て回るうちに、気がつくと別の店に足を踏み入れていた、なんてことがここを訪れた人なら誰にでも起こりそう。
https://marugotonippon.com/shopguide/floor2

岐阜は多治見発の陶器のお店、引き振袖や武士のコスプレで写真を撮ってもらえる写真スタジオ、大阪は堺発の宇治抹茶の喫茶処などに混じって、各種木工製品が見事で思わず目が留まる、そんな店舗も。
「信州木工館」にあるこれは、一点一点がオーダーメイドの棚。松本家具を始め、長野県に古くから伝わる伝統技術を身につけた職人が手がけたという、変幻自在の見事な仕上がりには文字どおり目が釘付け。他に、お箸やオルゴール、壁掛け時計、さらにはエレキギターまであったりします。

また別の場所では、群馬で古くから伝わる素材を用いた化粧品、天然染めのお洋服、雑貨にまたがり各種アイテムが並ぶお店も。
このお店「okuri」に限らず、何かしらの和なモノ・コトを扱っていたり、地域で育まれた特産物や技術が生きていたり、自然と調和した(体に負担をかけない)上質なものをコンセプトに据えていたり、という点はこの施設全体に共通するところです。

料理道具を取り揃えたこちらのお店「つきじ常陸屋(ひたちや)」は東京・築地発。国産・手作りのアイテムが豊富に並んでいます。
上質な道具を使い、ちょっとした手間をかけることで料理はぐっと美味しくなる、そんなこのお店の思いがよく伝わる実演の機会もあります。土鍋で炊くご飯を、普通の炊飯器で炊いたご飯と食べ比べるというもので、月に二度ほど行われているそうです。
お米ひとつぶひとつぶの輪郭が感じられる、そんな「本当の」お米の味、あなたは知っていますか…?
さらに大分の別府温泉から生まれたスキンケア・ヘルスケア全般を取り扱う「おおいた 温泉座」というお店もあります。ここで試しておきたいのは足湯。気軽に楽しめる大分温泉体験です。

専用のビニール袋を履いて浸かるということで、足をまくる必要もないんですね。歩き疲れた足をしばし癒せる極楽タイム。
ほか、「どことなく難しそう」と敬遠してしまう人もいそうな、そんな漢方の世界に気軽に親しめる「KAMPO 煎専堂(せんじどう)」に立ち寄るのもおすすめ。いかにも効能のありそうな、ナチュラルでしみわたるような味わいに深く感じつつ、スタッフさんに知らない漢方のことをちょっと教えてもらえば、こころも身体も落ち着くこと、うけあいです。
なお、2階に限った話ではないのですが、エレベーターホールの壁面もまたさりげない注目ポイントだったりします。これは栃木県の大谷という地域で産出される「大谷石」を用いて、平らだったり模様が入っていたりと様々な加工法で表面が仕上げられたもの。

フロア間を移動するちょっとした待ち時間でも、「にっぽんのローカル」な質感を鑑賞できるという仕組みです。
ちなみにトイレさえもトイレ空間設計のスペシャリストの手によるものとのことで、ニッチなところにまでこだわりが行き届いています。

日々の暮らしの良きお供になってくれそうなものが色々見つかる、まるごとにっぽんの2階。ちょっとした旅気分を味わえるのはもちろん、ここでゲットした各種実用的なモノに日々触れ、使い続けるうちに、日本のローカルの底力とでもいうべきものがじわじわ伝わってきそうな、そんな予感がします。

(文:古谷大典)
(写真:小島沙緒理)

まるごとにっぽん

住所
東京都台東区浅草2-6-7
営業時間
[1F・2F] 10:00-20:00 [3F] 10:00-21:00 [4F] 11:00-23:00(LO 22:00)
最終更新日:2017.6.30
大きな地図で見る
==========
全3回でお送りする、good morningsの「浅草・まるごとにっぽん大解剖」。すべての記事はこちらです。

【第1回】食卓を彩る全国各地の「とっておき」。 美味なる出会いがいろいろ
https://press.chiku-wa.jp/press_1962/

【第2回】職人ワザが光る一品、雑貨に漢方、足湯まで。ジャパンなモノを見つけに
https://press.chiku-wa.jp/press_1963/

【第3回】見て・食べて・楽しんで。体験できる日本のローカルいろいろ
https://press.chiku-wa.jp/press_1964/

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事