ちくわ。 おでかけ情報

もうすぐリオ♪ 原宿周辺で1964年大会の面影を探そう

もうすぐリオでスポーツの祭典が始まりますね!2020年には東京での開催も決まり、新国立競技場など会場の準備なども着々と進められていますが、1964年に東京で開催された当時の面影を今に残すスポットが原宿周辺にたくさんあることをご存知ですか?50余年の時を経た今こそ写真に残しておきたいスポットをご紹介しましょう。

公開日 2016年8月4日

カテゴリ
一人で
街を知る
エリア
原宿駅
参宮橋駅
ライター
ちくわ。編集部
もうすぐリオ♪ 原宿周辺で1964年大会の面影を探そう

まずは大きな地球儀が目印のこの橋へ!

出典: フォートラベル

原宿駅の表参道口から徒歩3分ほどの場所にある「五輪橋」は、各競技場や選手村などを繋ぐ交通の要所として作られました。「世界は一つ」というメッセージを込めて、親柱には地球儀が飾られています。

出典: フォートラベル

欄干には柔道、マラソン、体操など、競技選手のレリーフが施されています。じっくり眺めながら橋を渡りましょう。

五輪橋

住所
東京都渋谷区神宮前6丁目
最終更新日:2017.2.28
大きな地図で見る

日本スポーツ界の総本山♪ 岸記念体育会館

出典: フォートラベル

そこから徒歩4分ほどの場所にある「岸記念体育会館」は、スポーツ関連の団体が多く入居する日本スポーツ界の総本山。第2代の大日本体育協会会長だった岸清一氏の遺言による100万円(現在の価値では約28億円)という莫大な額の寄付により現在の地に1940年に建設されました。

出典: フォートラベル

レトロなデザインの外観は、現代のわたしたちには新鮮に映りますね。老朽化が進んでいるので、取り壊されないうちに撮影しておきましょう。
敷地内には岸清一氏の像が静かに佇んでいます。

岸記念体育会館

住所
東京都渋谷区神南1-1-1
電話番号
03-3481-2422
最終更新日:2017.2.28
大きな地図で見る

世界的にも貴重なデザインの体育館♪ 代々木第一体育館

そこから徒歩3分ほどの場所にある「代々木第一体育館」は、1964年大会の水泳会場として建設されました。現在もさまざな競技会場やコンサートなどのイベント会場として活躍しています。
出典: フォートラベル

丹下健三氏の設計による世界的にみても珍しい吊り屋根式の体育館で、2本の主柱をメインワイヤーロープが結び屋根全体を吊り下げています。ゆるやかな曲線を描くシルエットが美しい、どの角度から見てもフォトジェニックな建物です。

代々木第一体育館

住所
東京都渋谷区神南2-1-1
電話番号
03-3468-1171
最終更新日:2017.2.28
大きな地図で見る

レトロで可愛い外観にほっこり♪ 1964年大会で実際に使われた、唯一残る宿舎

出典: フォートラベル

そこから徒歩10分ほど、緑豊かな代々木公園をのんびりお散歩しているとゲートが見えてきます。

出典: フォートラベル

ゲートをくぐった先にある「オリンピック記念宿舎」は、オランダ選手団の宿舎として利用された建物です。平屋建てのレトロな建物は思わず写真を撮りたくなる可愛らしさ。白い外壁に空色の建具が印象的ですね。
建物を正面から見て左奥にある樹木は、1964年に世界中の選手たちが持ち寄った種から育てたもので、当時の記念として今も大切に育てられています。

オリンピック記念宿舎

住所
東京都渋谷区代々木神園町2-1
電話番号
03-3469-6081
最終更新日:2017.2.28
大きな地図で見る

選手村の跡地の一部は、個性的なデザインの施設に生まれ変わりました♪

出典: フォートラベル

そこから徒歩5分ほどの場所にある「国立オリンピック記念青少年総合センター」は、代々木選手村にあった集合住宅を改修した施設。現在は研修会やイベントなどが開催されているほか、宿泊施設としても広く利用されています。

出典: フォートラベル

カラフルな建物はレトロな雰囲気が漂いフォトジェニックですね。角度によってさまざまな表情を見せてくれる建物なので、お気に入りの撮影ポイントを見つけましょう。施設内には食堂やカフェがあるので、お腹が空いた時や歩き疲れた時の休憩にもピッタリですね。

「国立オリンピック記念青少年総合センター」からのお帰りは、もう一度代々木公園を通って原宿方面へ抜けても良いですが、小田急線の参宮橋駅も便利です。

国立オリンピック記念青少年総合センター

住所
東京都渋谷区代々木神園町3-1
電話番号
03-3469-2525
営業時間
8:30~22:00
最終更新日:2017.2.28
大きな地図で見る

カメラを持って1964年の東京を探しに行こう♪

1964年に日本国民が熱狂したスポーツの祭典の中心地の一つだった原宿周辺で、当時の面影を探すお散歩コースをご紹介しました。2020年の東京開催に向けて再び盛り上がりをみせていますが、その前に昔の名残を写真に収めて当時に思いを馳せてみましょう。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。