ちくわ。 おでかけ情報

代々木駅界隈で巡り合う、昔懐かしい洋食を食べられるお店。

good mornings

公開日 2018年7月22日

大きな予備校のお膝元ということもあってか、代々木駅の西側にはハンバーグ、コロッケなどの洋食系おかずを気軽にお手頃値段で楽しめる「まちの定食やさん」系のお店が少なくありません。中には大学名がそのままメニューの名前になっているというユニークなお店まで。その主なものを紹介するとしましょう。

代々木駅
南新宿駅
カテゴリ
一人で
子供と一緒
友達と一緒
グルメ

メニュー豊富。迷って決めよう。 / レストラン ポパイ

出典: 食べログ
いかにも親しみやすい雰囲気のこちらは、ハンバーグ/カニクリームコロッケ/焼豚などといった3種のお肉・揚げ物系おかずの組み合わせがあまりに豊富。海老フライ、豚ヒレカツ、アジフライ、しょうが焼きなどの組み合わせを頭の中で思い比べてみるのも楽しいからでしょうか、どれにしようかちょっと悩んでしまう人が多数です(850円のものだけでもなんと18種類も)。
出典: 食べログ
メインのお肉/揚げ物系は何がいいかはその人の好みによりけりですが、カニクリームコロッケは、ホロリとした柔らかクリーミーさがおいし。ハンバーグも、ソースの塩味や甘みが濃すぎずちょうどよいです。カウンターに座ればマスターが美味しい料理をどんどん仕上げていく様子が伺えて、毎回違うものを頼みたくなってくるというもの。

レストラン ポパイ

住所
東京都渋谷区代々木1-10-7 1F
電話番号
03-5351-1311
営業時間
10:30~20:00
定休日
日曜日・祝日
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.7.13
大きな地図で見る

あの「大学」にかぶりついてみよう! / しょうが亭

出典: 食べログ
ここでは大学の名前があてがわれたメニューがいろいろ! なんて変わったネーミング。初めてここに来た人なら、各種メニュー名と実際の大学の個性と何か関係でもあったりするのかと一瞬考えてみるところですが、その実、何もなさそう…(たぶん)。このラインナップの中に「母校があった!」という人なら、内容構わず無条件にそれを選んでしまいたくなる、のかもしれませんね。
出典: 食べログ
出典: 食べログ
それぞれになつかし感のあるラインナップからどれにしようか考え中のさなか、他のお客さんが「東大で」とか「青学」とか言ってオーダーするのもちょっと可笑しくてにやけてしまうところ。画像のものは「慶應大学」で、コロッケの中身は、スダンダードなコロッケとカレー味のコロッケが一つずつとなっています。

しょうが亭

住所
東京都渋谷区代々木1-42-5
電話番号
03-3370-3941
営業時間
11:00~15:00 17:00~21:00
定休日
土曜日、日曜日、祝日
平均予算
【夜】¥1,000~¥1,999 【昼】~¥999
最終更新日:2018.7.13
大きな地図で見る

昭和の匂いを今に残すお店へ、いざとんかつ / とんかつ 代々木庵

出典: 食べログ

出典: 食べログ
代々木駅南口を出てすぐ、JRの線路沿いにある古めかしいビルの2階にあるお店。庶民的なお値段なのが、看板からわかります。内装もまた昭和の居酒屋っぽい、広々とした雰囲気。
出典: 食べログ
学生と言うよりはサラリーマンが似合う感じの店内ですが、ともあれ、スタンダードなとんかつ定食をガブりといくこの喜びが良いのです(衣の歯ごたえが注目です)。お味噌汁はしじみです。夜は居酒屋的に、豊富なアテと共にお酒を楽しめます。

とんかつ 代々木庵

住所
東京都渋谷区代々木1-34-5 渡辺ビル 2F
電話番号
03-3379-5094
営業時間
11:00~21:30
定休日
日曜日・祝日
平均予算
【夜】¥1,000~¥1,999 【昼】 ~¥999
最終更新日:2018.7.13
大きな地図で見る

職人肌の親父さんがつくってみせる / KEN

出典: 食べログ
仕出し弁当や出前の方がメインのこちらのお店ですが、店内での食事も可能。赤黄緑の3色取り合わせ感に、なつかしさを覚えては期待が高まります。
出典: 食べログ
出典: 食べログ
ランチは曜日ごとにパターン豊富な3品をメインに、サラダ・ライス・味噌汁がつくというもの。出前の用意で店内はちょっとバタバタ気味かもですが、親父さんの働く姿をそばめつつ食べるのも、ある意味一興。

KEN(ケン)

住所
東京都渋谷区代々木1-45-7 正和ビル 1F
電話番号
03-3375-9683
営業時間
9:00~14:00 16:30~20:45
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.7.13
大きな地図で見る

味わってみたい「代々木的大衆感」

新宿と原宿の間でちょっと影が薄く、でも独自の庶民っぽさを漂わせるこの代々木のまちの空気を気軽に食事から味わうのも楽しいでしょう。渋谷区らしく今時の学生や若者が歩いている中、ちょっとしたレトロ感が時折顔を覗かせる、あの感じが独特で良いのです。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。