ちくわ。 おでかけ情報

創業360年超えの「小津和紙」で、和紙の魅力を丸一日楽しむ!

good mornings

公開日 2018年8月7日

新日本橋駅から徒歩5分、三越前駅から徒歩7分ほどでたどりつく、昭和通り沿いにある「小津和紙」。外観からは中の様子をうかがい知ることはできませんが、この施設、実は朝から晩まで和紙を楽しめる要素が満載なんです。

エリア
日本橋
新日本橋駅
三越前駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
街を知る
江戸時代から変わらず同じ場所で紙問屋を営む小津和紙。昭和通りを歩くと一際目立つ立派な白い壁に、「△に久」(うろこきゅう)のマークが目印です。
3階まであるこの広い施設の楽しみ方を、和紙部門約10年の名物副店長、高木清(きよし)さんに教えていただきました。高木さんは和紙を担当する以前は不織布や日用品などをあつかう商社部門で長く勤務されていたそうですが、現部門での10年間を通じて今では和紙にすっかり魅了されたそうです。
「洋紙と和紙の違いを知ってもらい、和紙の独特の手触りやぬくもり、癒しのようなものを感じてほしい。」という高木さん。まずはおすすめスポット、1階の入り口のすぐ近くにある工房です。
こちらでは約1時間の手すき和紙体験をなんと1人500円で楽しめます! 防水エプロンも借りることができるので、事前準備も不要、気軽にフラッとやってきてもOKなのです。
体験と並行して、スタッフの解説を通じて和紙ができるまでの流れも併せて学ぶことができるので、小学生の自由研究にもピッタリ。予約が埋まっていなければ当日の申し込みもできますが、人気プログラムのため、事前に電話予約をしておいた方が安心です。
続いては3階にある「小津史料館」と「小津和紙照覧(しょうらん)」へ。どちらも無料で楽しめます。3階までは館内にあるエレベーターを利用します。

小津和紙照覧では、全国各地の有名な手漉き(てすき)和紙と機械抄き(きかいすき)和紙の原紙と製品がずらりと並んでいます。
こちらでは、約15分のDVDで和紙ができるまでの過程を学ぶこともできます。和紙の原料、楮(こうぞ)を育てて和紙になるまで約1年間の軌跡は、見ごたえありです! DVDは英語対応もされているので、外国人の方へ紹介しても楽しんでもらえることでしょう。
同じく3階にある小津資料館は、「中央区のまちかど展示館」にも指定されています。資料館の脇には小津和紙の半纏を着たスタッフの方もいるので、声をかけて資料館を案内してもらうことをおすすめします。

ここでは小津和紙の歴史のみならず、同じ日本橋にある三越の歴史などが学べるほか、昔の商売道具や古文書の展示も。見ただけでは分からないマニアックなトリビアを、スタッフが喜んで(!)詳しく教えてくれます。
3階でたくさん情報を仕入れた後は2階へ。こちらには「小津ギャラリー」という展示スペースと、無料(一部有料)でお茶も飲める休憩スペースがあります。

ここでの展示は、和紙に関連した絵画や書道など、ジャンルは様々です。週ごとに出展する作家が変わるので、行くたびに新しい作品に出会えます。
休憩スペースでは、お茶をいただきながらほっと一息。ゆったり余裕のあるこんな場所があるのも、丸一日楽しむための重要なポイントですね。ちなみに3階のお手洗いの近くには、無料(使用時に100円投入、使用後に返却)のコインロッカーもあり、身軽になって館内を探索することもできます。
一通り和紙を楽しんだら、最後はお土産を買いに1階の店舗へ。小津和紙は紙問屋からはじまり、小売店も営んでいるので日本全国から様々な和紙を仕入れて販売していますが、一部オリジナル商品も。「松坂木綿柄」の筆箱やティッシュケース、ブックカバーなどのグッズは、ここでしか買えない、粋な模様です。また、「自分で作るご朱印帳セット」も人気。
外国人に特に人気があるのは、幅が1メートルほどもある友禅紙とのこと。壁紙やテーブルクロスなどのインテリアとして使うために購入される方が多いとか。季節ごとに入替えもあります。
高木さん曰く、「和紙は産地や素材により種類も様々なので、多くの和紙に触れてもらい、
自分ならどう活用するかイマジネーションを膨らませてもらえたら嬉しい」とのこと。ここで和紙の知られざる一面を発見できたなら、日々の暮らしにもっと積極的に和紙を取り入れたくなりそうです♪


(文:山岸道子)
(写真:丸山智衣)

小津和紙

住所
東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル
電話番号
03-3662-1184
営業時間
10:00〜18:00
定休日
日曜
最終更新日:2017.12.28
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事