ちくわ。 おでかけ情報

横浜中華街の顔! 「関帝廟」の歴史から見どころまで一挙にご紹介しちゃいます♪

ちくわ。編集部

公開日 2018年9月21日

横浜中華街といえば「関帝廟」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。赤色や金色の豪華な見た目が美しくて、中華街にお出かけしたらぜひ写真に納めたいスポットのひとつです。そこで今回は、「関帝廟」の歴史から見どころまでくわしくご紹介していきます。今まで知らなかった「関帝廟」の魅力に気づくことができるかもしれませんよ!

エリア
横浜中華街
石川町駅
元町・中華街駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
街を知る

横浜中華街で中国文化を発信する象徴的な建物「関帝廟」

出典: フォートラベル

「関帝廟」は、みなとみらい線元町・中華街駅より徒歩5分、JR石川町駅から徒歩6分ほどのところにあります。1859年の開国以来、横浜港にはたくさんの中国人が訪れて外国人居留地(現山下町)で暮らすようになったそうです。そして1862年、ある一人の中国人が関羽様の木像を祀る祠をこの地に開いたのが、「関帝廟」のはじまりといわれています。
出典: フォートラベル

しだいにその祠が日々の暮らしの安寧や商売繁盛を願う心のよりどころとなっていき、1871年には募金によって本格的な「関帝廟」として建立されました。その後、震災や空襲で焼失と再建を繰り返し、現在では中華街の顔として人々に親しまれているのです。

「関帝廟」に祀られている神様たち

出典: フォートラベル

「関帝廟」に祀られている主神は、三国時代にかけて活躍した実在の武将関羽様です。関羽様は義勇軍に参加して乱世をただした有名な人物で、交通安全・商売繁盛・入試合格・ 学問にご利益があるとされています。
出典: フォートラベル

国泰平安にご利益がある玉皇上帝や除災・健康にご利益がある地母娘娘、解難・健康・縁談・安産にご利益がある観音菩薩、金運・財産安全にご利益がある福徳正神も同じく「関帝廟」に祀られている神様たちです。

「関帝廟」の写真に納めたい見どころ

出典: PHOTOHITO

「関帝廟」の赤い牌楼(門)は、地表より約12メートルの高さにそびえ立っています。細かな彫刻には金箔が施され、屋根の上には龍が鎮座していて、豪華な色使いが目を引きます。
出典: フォートラベル

門をくぐると立派な境内がお目見え。
出典: PHOTOHITO

北京の工房に特別注文した極彩色の屋根瓦は北京瑠璃瓦といって、龍と獣神の飾りは美しいガラス細工となっています。
出典: フォートラベル

本殿の正面には、主神の関羽様が荘厳な雰囲気で祀られています。しっかり拝んでご利益をいただきましょう。

たくさんの人でにぎわう「関帝廟」のイベント時期

出典: フォートラベル

「関帝廟」にはイベントの時期があります。特ににぎやかで見どころの多い時期が、中国の旧正月にあたる2月の春節。深夜0時にはカウントダウンも行われるんです。
出典: フォートラベル

関羽様の聖誕祭である8月の関帝誕も大きなイベントです。中華街中でお神輿や獅子舞、中国舞踊などの巡行パレードが行われるので、興味がある方は訪れてみてくださいね。

横浜中華街へお出かけして「関帝廟」をチェックしよう!

中国の文化を身近に感じられる横浜中華街。長い歴史をもつ「関帝廟」は、そんな横浜中華街の象徴的な建物です。お出かけした際は、その豪華な姿を写真に納めてご利益のある関羽様が祀られている本殿をお参りしてみてくださいね。

横浜中華街関帝廟

住所
神奈川県横浜市中区山下町140
電話番号
045-226-2636
営業時間
9:00~19:00
定休日
無休
最終更新日:2017.4.5
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事