ちくわ。 おでかけ情報

日本文化を牽引した街・上野の歴史を感じるスポットを巡る

ちくわ。編集部

公開日 2018年10月21日

美術館や博物館が立ち並ぶ、アカデミックな薫りが漂う上野。周辺には、人々に愛され続けてきた老舗の店も少なくありません。当時の最新技術と贅を尽くして建てられた洋館を訪ねたり、趣ある名店でひと息入れたり。街の歴史を伝えるスポットを巡れば、日本文化を牽引してきた、上野の歴史に触れられそうです。

上野駅
御徒町駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
お散歩

昭和の庶民の暮らしぶりを体感できる「下町風俗資料館」へ

不忍(しのばずの)池沿いに佇む資料館の前に到着すると、懐かしい円柱型のポストが出迎えてくれます。一歩中に入ると、広がるのは昭和の光景。

手押しポンプの井戸で水をくみ上げ、洗濯板を使って洗濯していたんですね。薪を使ってかまどでご飯を炊くなど、昭和の時代の道具が当時のスタイルのまま再現されています。

実際に靴を脱いで茶の間に上がることができるのも魅力。ぺちゃんこの座布団に座って天井を見上げていると、当時の暮らしぶりを肌で感じられます。展示されている昭和30年代のオモチャのなかには、実際に触って遊ぶことができるものもあり、夢中になってしまいますよ。

台東区立下町風俗資料館

住所
東京都台東区上野公園2-1
電話番号
03-3823-7451
営業時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)
定休日
月曜日(祝休日と重なる場合は翌日)
平均予算
一般300円、小中高生200円
最終更新日:2018.3.26
大きな地図で見る

「喫茶去」で公園を行き交う人々を眺めながら、ひと息

不忍池脇から階段を上がって公園の中へ進むと、趣のある店が佇んでいます。こちらは料亭「韻松亭(いんしょうてい)」。併設されている喫茶室「喫茶去」で、ランチタイム以降に一服してみては。喫茶去とは、禅の言葉で、「まぁお茶でも」といった意味があるそう。
出典: 食べログ
このデザートがお目当てという人も少なくない、クリームあんみつ。抹茶寒天の上には、抹茶のアイスと豆乳アイスが二段重ねに。黒蜜をとろ~りかけていただけば、幸せな気分になれます。大きな窓からは公園を行き交う人々と緑を眺めることができ、ゆったりとした時の流れを感じられそうです。
出典: 食べログ

喫茶去

住所
東京都台東区上野公園4-59
電話番号
03-3821-8126
営業時間
11:00~17:00(L.O)
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.10.10
大きな地図で見る

鷗外居住の跡に佇む「水月ホテル鷗外荘」にて、明治の文豪の息吹に触れる

公園沿いの道を谷中方面へと歩いていくと、見えてくるのが、明治の文豪・森鷗外の居住地跡に建てられたホテルです。
敷地には「舞姫」を執筆していた部屋や庭が保存されています。「舞姫の間」として、食事処や宴会場として利用することも。庭には樹齢約300年のカヤの木などが残り、当時の暮らしぶりを偲ばせます。
出典: フォートラベル
また、日帰り利用ができる天然温泉は、重炭酸ソーダ泉の黒湯。神経痛や胃腸痛に効能があるそうです。立ち寄ってみるのもいいですね。

水月ホテル鷗外荘

住所
東京都台東区池之端3-3-21
電話番号
03-3822-4611
最終更新日:2018.8.27
大きな地図で見る

華麗なる三菱財閥の豪奢な生活を「旧岩崎邸庭園」で垣間見る

今度は湯島にある「旧岩崎邸庭園」へ。三菱財閥を創業した岩崎彌太郎の長男、久彌が1896年(明治29)に造った本邸です。当時は約1万5000坪もの敷地を誇っていましたが、現在は3分の1に。洋館、撞球(どうきゅう)室(ビリヤード場)、和館の3棟のみが残っています。
洋館は、鹿鳴館の建築家として知られるジョサイア・コンドルが設計。中はまるで外国の宮殿を訪れたよう。目を見張ります。
2階のテラスから眺める庭の景色も格別です。
庭にある背もたれ付きのウッドチェアに座ると、芝生越しに屋敷が眺められます。17世紀英国のジャコビアン様式をはじめ、さまざまな様式を取り入れたクラシカルな建築は圧倒的な存在感。思わず見惚れてしまいます。

旧岩崎邸庭園

住所
東京都台東区池之端1-3-45
電話番号
03-3823-8340
営業時間
9:00~17:00 (入園は16:30まで)
定休日
年末・年始 (12月29日~翌年1月1日まで)
平均予算
一般400円 65歳以上200円 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
最終更新日:2018.5.10
大きな地図で見る

一日の締めくくりは老舗居酒屋「シンスケ」で、酒と小料理に癒されて

出典: 食べログ
湯島駅の近くまで来ると、杉玉を下げた店が見えてきます。江戸時代中期に酒屋として始まったこの店。関東大震災後の復興期に、酒だけでなく料理も出してほしい、と客に請われて1925年(大正14)に居酒屋の形態となりました。
出典: 食べログ
名酒場の雰囲気が漂っていますね。
出典: 食べログ
日本酒は秋田の両関(りょうぜき)のみ。ぬる癇は人肌に、熱燗は熱すぎず。三代目が飲み頃を見計らって、特注の徳利で出してくれます。無農薬野菜や天然の上物の魚といったこだわりの食材を生かした料理をいただきながら、呑んでは語らう。ちょっと贅沢な時間が過ごせそうです。
出典: 食べログ

シンスケ

住所
東京都文京区湯島3-31-5 YUSHIMA3315ビル 1F・2F
電話番号
03-3832-0469
営業時間
[月~金] 17:00~21:30(L.O) [土] 17:00~20:30(L.O)
定休日
日曜・祝日
平均予算
¥5,000~¥5,999
最終更新日:2018.8.27
大きな地図で見る

いつでも迎え入れてくれるどこか懐かしい都会のオアシス

上野公園を取り囲むように点在するスポットを訪れると、目まぐるしく変わる東京の街にも変わらない景色が残っていて、ほっとさせられます。歴史を知るほどに、街歩きの楽しみも増えていきそうです。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事