ちくわ。 おでかけ情報

実はここがはじまり! 銀座で「元祖」を訪ね歩く

ちくわ。編集部

公開日 2018年9月19日

日本有数の繁華街として、その地名さえも高いブランド力を誇る銀座。きらびやかな街の印象が強いけれど、さまざまな「元祖」が生まれた歴史のある街でもあります。今回はそんな「〇〇の元祖」と呼ばれる名所をご紹介。今ではすっかり暮らしに定着しているものばかりで、「へぇ~!」と驚くことでしょう。歴史の深さを体感してみるのも銀座のツウな楽しみ方です。

有楽町駅
銀座駅
日比谷駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
街を知る

まずは銀座の由来から!「銀座発祥の地の碑」

銀座のメインストリートである中央通り沿い、銀座2丁目のティファニー銀座本店付近の歩道に建っているのが「銀座発祥の地 銀座役所跡」と刻まれた石碑。慶長17年(1612)、江戸幕府が駿府(現在の静岡県)にあった銀貨幣鋳造所をこの地に移したことに由来します。
出典: フォートラベル

鋳造所はその後廃止されましたが、明治2年(1869)の江戸町名改正によって正式に「銀座」と名付けられ、その歴史を後世に伝えています。地名の由来を学んだら、歴史ある街へと繰り出しましょう。
出典: フォートラベル

銀座発祥の地の碑

住所
東京都中央区銀座2-7
最終更新日:2018.8.28
大きな地図で見る

“銀ブラ”という言葉の元祖「カフェーパウリスタ銀座店」で香り高い一杯を味わう

明治44年(1911)に銀座で開店。日本国内でのコーヒーの大衆化に拍車をかけたといわれ、芥川龍之介や谷崎潤一郎など多くの文豪からも愛された名店です。
“銀ブラ”という言葉は、「銀座をブラブラ歩く」という意味でよく用いられますが、実は「“銀座”のカフェーパウリスタまで歩いて“ブラジル”コーヒーを飲む」ことが語源になったという説があるのです。
出典: 食べログ

出典: 食べログ

看板メニューは無農薬・自然栽培のブラジルコーヒー「森のコーヒー」。レトロな雰囲気ただよう飴色の店内で香り豊かな一杯を味わえば、これぞまさに“銀ブラ”です♪ トーストやキッシュなどのフードメニューも充実しています。
出典: 食べログ

カフェーパウリスタ

住所
東京都中央区銀座8-9-16長崎センタービル 1F
電話番号
03-3572-6160
営業時間
[月~土] 8:30~21:30(フードL.O.20:30、ドリンクL.O.21:00) [日・祝] 11:30~20:00(フードL.O.19:00、ドリンクL.O.19:30)
定休日
無休
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.9.5
大きな地図で見る

140年以上の歴史と伝統を誇るあんぱんの元祖「銀座木村家(銀座本店)」

明治7年(1874)に初代・木村安兵衛により考案された銀座木村家の「あんぱん」。その翌年、明治天皇に献上したことがきっかけで大ブームとなり、今日まで140年以上も愛され続けています。
出典: 食べログ

イースト菌を使わずに酒種酵母で発酵させた生地は麹がふんわりと香り、北海道産あずきを使ったあんことの相性も抜群です。八重桜の塩漬けが入った「酒種 桜」をはじめ、季節限定も含む9種類が常時店頭に並びます。手土産にも喜ばれる逸品です♪

1階のベーカリーでは、約130類のパンを販売。2階にはあんぱんとドリンクのセットが楽しめるカフェも併設されていて、銀座散策の休憩にもおすすめです!

木村家 銀座本店

住所
東京都中央区銀座4-5-7銀座木村家 1F
電話番号
03-3561-0091
営業時間
10:00~21:00
定休日
無休
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.3.6
大きな地図で見る

ヨーロッパのハイブランドを揃えるセレクトショップの元祖「サンモトヤマ銀座本店」

日本におけるセレクトショップの元祖といえば、銀座・並木通りに店を構える「サンモトヤマ」。昭和30年(1955)に輸入品を扱う高級品専門店として設立しました。

創業者の茂登山長市郎氏は、グッチやエルメスなど、今ではすっかりおなじみのヨーロッパの高級ブランドを輸入して日本に広めたすごい方なのです! 店内には、独自の審美眼とセンスによって選ばれた名品が並びます。1階は英国王室御用達というラグジュアリーブランド「アスプレイ」が中心で、2階はレディス&ジュエリーを揃えています。洗練された空間に、思わずため息が漏れます。

サンモトヤマ 銀座本店(SUN MOTOYAMA)

住所
東京都中央区銀座6-6-7 東京銀座朝日ビルディング
電話番号
03-3573-0003
営業時間
月~土曜日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
最終更新日:2018.8.28
大きな地図で見る

バイキングの元祖「帝国ホテル 東京」で豪華な食事を心ゆくまで楽しもう

出典: 食べログ

今では多くのホテルやレストランが採用しているバイキング形式を、日本で初めて取り入れたのがなんと「帝国ホテル 東京」。昭和32年(1957)、当時の社長・犬丸徹三氏がデンマークで出合った、好きなものを好きなだけ食べる伝統料理「スモーガスボード」に感銘を受け、翌年「ブフェレストラン インペリアルバイキング サール」が誕生しました。
出典: 食べログ

営業は朝食バイキングに始まり、ランチバイキング、さらにはディナーバイキングまで。ずらりと並ぶ見目麗しい料理は、豪華な食材がふんだんに用いられていることで有名です。しかも、ダイナミックなロースト料理や焼きたてのパイ料理などは、シェフが目の前で腕をふるって提供してくれます。

素晴らしい料理とおもてなしに一流ホテルの風格を感じずにはいられません。最上階である17階の大きな窓から望む、日比谷公園や国会議事堂などの景色もまたご馳走です。
出典: 食べログ

出典: 食べログ

出典: 食べログ

帝国ホテル 東京

住所
東京都千代田区内幸町1-1-1
電話番号
03-3504-1111
最終更新日:2018.8.28
大きな地図で見る

「元祖」が生まれた銀座で“一流”を味わおう!

「〇〇の元祖」なんて言われると少し敷居が高く感じてしまうかもしれないけれど、老舗ならではのこだわりやクオリティをきっと実感できるはず。歴史が裏付ける一流の味や風格を、ぜひ堪能してみてください。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事