ちくわ。 おでかけ情報

予算はボトル1万円~! 銀座シックスの「グラン・クリュ カフェ」で特別なコーヒーを味わおう。

ちくわ。編集部

公開日 2018年10月6日

GINZA SIXにある「グラン・クリュ カフェ ギンザ」は、コーヒーが好きで、ちょっと特別な体験がしたいという人におすすめ。シャンパンのようにボトルに詰めた高級コーヒー豆をバリスタが選んでくれるんです。基本的にはメンバー制ですが、ビジター利用も可能。店内では、オールドノリタケのカップで極上のコーヒーを堪能できます。今回はそんな「グラン・クリュ カフェ ギンザ」について詳しくご紹介しましょう。

銀座駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

「グラン・クリュ カフェ ギンザ」って、どんなところ?

銀座駅A3出口から徒歩2分ほどのGINZA SIXの13階にある「グラン クリュ カフェ ギンザ」は、コーヒーハンター「ミカフェート(Mi Cafeto)」の創業者である川島良彰さんの経験を集約させた旗艦店です。
出典: 食べログ

取り扱うコーヒー豆は、農園・畑・樹の選別、完熟豆のみ収穫、昔ながらの精選技術や天日乾燥、航空輸送、脱酸素低温保管など、生産から保管まで厳格な基準を設定しています。産地や品種はもちろん生産年によって全く異なる香りと味わいを楽しめますよ。
出典: 食べログ

生豆をシャンパンボトルで保存! コーヒー好き憧れのコーヒーセラーオーナーズ

重厚感のあるカーテンが掛かった入り口の横には、シャンパンボトルに入ったコーヒー豆が。店内はホテルのラウンジやバーのような落ち着いた雰囲気です。
出典: 食べログ

年間契約のコーヒーセラーオーナーズシステムでは、購入した生豆をワインセラーならぬコーヒーセラーで保管してくれます。最高品質のコーヒー豆を最高の状態で保管してもらえるのは嬉しいですね。
出典: 食べログ

ビジター利用も可能! コーヒー豆を14日間保管できるボトルキープ制度

コーヒーセラーオーナーがメインの「グラン・クリュ カフェ ギンザ」ですが、ビジター利用できるボトルキープ制度も実施しています。
出典: 食べログ

お値段はハーフボトル1本にコーヒー豆100g入りで、なんと1万円~10万円以上! 全15銘柄からバリスタが好みや予算にあわせて選んでくれます。焙煎したコーヒー豆は、香りを逃がさないようにシャンパンボトルに密封され、店舗でのボトルキープ期間は14日間です。
出典: 食べログ

スペシャルなカフェ体験! バリスタの淹れる特別なコーヒーを堪能

ボトルキープ制度で購入したコーヒー豆は、焙煎してもらって持ち帰るほか、来店時にバリスタに淹れてもらうことが可能です。ハーフボトル1本で約6杯分のコーヒーを楽しめるので、一人で通うのも、恋人や友人と一緒に楽しむのもいいですね。
出典: 食べログ

ボトルを開けるとワインのようにプシュッと音がして、コーヒーの香りが広がります。最高品質のコーヒー豆に相応しいエレガントなオールドノリタケのカップ&ソーサーで提供してくれるのも嬉しいですね。
出典: 食べログ

特別なコーヒー体験をするなら「グラン・クリュ カフェ ギンザ」へ!

「グラン・クリュ カフェ ギンザ」は、厳格な基準をクリアした最高品質のコーヒー豆を揃えている、コーヒー好きならぜひとも訪れてみたいスポットです。ビジター利用なら1杯あたり1,000円代から味わえるので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。きっと忘れられない体験ができますよ。

グラン・クリュ カフェ ギンザ (GRAND CRU CAFE GINZA)

住所
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
電話番号
03-6274-6841
営業時間
11:00~23:30
定休日
GINZA SIXに準ずる
最終更新日:2018.8.20
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。