ちくわ。 おでかけ情報

表参道のおしゃれなブックカフェ♪「Rainy Day Bookstore & Cafe」をご紹介

ちくわ。編集部

公開日 2018年11月29日

ファッションやグルメなどおしゃれなお店が集まる街、表参道。そんな表参道にあるお店「Rainy Day Bookstore & Cafe」をご存知ですか? このお店は本屋とカフェが一体となっている出版社が運営しているブックカフェです。どんなブックカフェなのか、カフェのメニューや時々開催されているイベントと共にじっくりご紹介します。

表参道駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ

「Rainy Day Bookstore & Cafe」ってどんなお店?

出典: 食べログ

「Rainy Day Bookstore & Cafe」は東京メトロ表参道駅のA5出口から徒歩15分。レンガ造りの外観が目印です。このお店は「SWITCH」や「Coyote」などの雑誌を出版している出版社「スイッチ・パブリッシング」が運営しています。
出典: 食べログ

店内は木のぬくもりを感じられるシックな空間になっています。沢山の本も並んでおり、本好きにはたまらない場所です。

快適な読書のお供に! ドリンクメニュー

このお店では「Coyote Blend 500円」や「MONKEY Blend 500円」など、雑誌の名前がつけられた珈琲を飲むことができます。
珈琲と紅茶は数種類用意されているので、自分好みのドリンクを見つけられますよ。また、お食事やパンケーキを頼めば+200円でドリンクをオーダーできます。

読書には栄養も必要? 充実のフードメニュー

出典: 食べログ

お食事メニューは日替わりのプレートメニューやパンケーキ、ケーキなどがあります。こちらはスープと野菜のおかずがセットの「特製カレー 1,000円」です。
出典: 食べログ

「モンキーのキャラメル・バナナのパンケーキ 800円」はスライスしたバナナとキャラメルソースの相性が抜群。読書で少し疲れたときにぴったりです。

ゆっくり本を読むことも購入することもできる!

出典: 食べログ

店内には読書用の本はもちろん、販売用の本も多数並べられています。気になった本は購入して家でも読めるのは嬉しいですよね。
出典: 食べログ

「Rainy Day」という店名の通り、雨の日に1人で珈琲を飲みながら落ち着いた店内で読書を楽しむのもおすすめです。

読書以外の楽しみ方も! 様々なイベントが開催

このブックカフェの魅力はただ読書を楽しめるだけではありません。刊行記念のトークショーや弾き語りなど、様々なイベントが開催されるのも魅力の1つ。過去には詩人である工藤直子さんとシンガーソングライターである新沢としひこさんによる、トーク&音楽ライブ「串と団子の音楽会」が開催されました。
田尻久子さんの初のエッセイ集『猫はしっぽでしゃべる』の刊行記念として、写真家の川内倫子さんと共にトークイベントが開催されたことも。気になるイベントをホームページでチェックしてみてくださいね。

のんびり過ごせる読書空間「Rainy Day Bookstore & Cafe」は都会の中のオアシス

表参道のおしゃれなブックカフェ「Rainy Day Bookstore & Cafe」をご紹介しました。読書を楽しめるのはもちろん、食事や珈琲、イベントなど様々な魅力がありますよね。雨の日はもちろんお天気がいい日もぜひ足を運んでゆったり過ごしてみてくださいね。

Rainy Day Bookstore & Cafe (レイニーデイ ブックストア アンド カフェ)

住所
東京都港区西麻布2-21-28 B1F
電話番号
03-5485-2134
営業時間
11:00~19:00
定休日
月・火曜(祝日の場合は営業)
平均予算
¥1,000~¥1,999
最終更新日:2018.11.16
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事