ちくわ。 おでかけ情報

雑司が谷駅東側の、のどか楽しいローカル感

good mornings

公開日 2018年11月6日

池袋の南東にある雑司が谷は、地名からしてなかなかに野趣な雰囲気。都電やメトロの駅も利用者が少なく、道も複雑に入り組んでいて、車の往来も少なく、静かな散歩に向いたまちです。鬼子母神が有名ですが、駅を挟んでその逆側にあたる東側の界隈もまためぐりがいがあります。

護国寺駅
雑司が谷駅
都電雑司ヶ谷駅
鬼子母神前駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
お散歩
体験・ショッピング
グルメ

時折聴こえてくるレトロな「チーン」「ガタンゴトン」 / 東京さくらトラム

出典: フォートラベル
昭和の頃には都心全体に張り巡らされていた都電の、今となってはただひとつの生き残り。その名も「東京さくらトラム』と現代的な名称を与えられてきょうも元気に活躍中です。副都心線の雑司が谷駅を降りたらそのすぐそばを通るこの車両の姿にまず心安らいできます。一両限りでスピードもゆっくり、線路を走る音がまた風情あって良いです。
出典: フォートラベル
このさくらトラム、乗り降り駅に関係なく一律おとな170円(ICの場合は165円)、一日乗車券もたったの400円と気軽に乗れる料金体系です。小一時間ほどゆらり揺られて町屋や三ノ輪の荒川風情を楽しむのも良いかも。

明治時代の洋風建築の風情 / 雑司が谷旧宣教師館

出典: フォートラベル
明治時代後期の1907年に来日し、日米間で戦争が始まる直前の1941年まで、30年以上に渡りこの地で布教活動を続けたアメリカ人宣教師マッケーレブが建ててその住まいとした家。19世紀末のアメリカ郊外によくみられた建築様式に、僅かながらも和の建築技術の知恵も込められたところもある造りになっていて、ちょっとした庭も眺めたり、散歩できたり、素敵な雰囲気に浸れる場所です。
出典: フォートラベル
敬虔なピューリタンで、家庭菜園にも取り組み、質素な生活を営みながら日々布教や慈善活動に取り組んだという彼。在りし日のマッケーレブ氏に想いを馳せる時間が過ごせます…。

雑司が谷旧宣教師館

住所
東京都豊島区雑司が谷1-25-5
電話番号
03-3985-4081
最終更新日:2018.10.22
大きな地図で見る

夏目漱石も、ジョン万次郎もここに眠る / 雑司が谷霊園

出典: フォートラベル
雑木林的な緑もままあって、散策にも向いている霊園。外来者がほとんどいないこの界隈だからか、知名度の割にとても静かです。あの夏目漱石や永井荷風といった名だたる文豪、ほかにジョン万次郎や竹久夢二など、そうそうたる偉人のお墓もあったりします。
出典: フォートラベル
敷地のすぐ近くにはお寺もいくつかあってのんびり緩やかな時間が流れる環境で、池袋方面を見上げればにょきっとそびえ立つサンシャイン60の姿が眺めたりもします。

雑司ケ谷霊園

住所
東京都豊島区南池袋4-25-1
電話番号
03-3971-6868
最終更新日:2018.10.22
大きな地図で見る

意外なところに突然商店街 / 雑司が谷弦巻通り商友会

出典: 食べログ
土地の起伏やくねった路地も豊富な雑司が谷ですが、駅からだいぶ奥まった界隈に、昔っぽい風情が残る商店街があります。下の3スポットをはじめ、気ままに立ち寄ってみるのも良いでしょう。

赤丸ベーカリー

出典: 食べログ
レトロな商店街の中腹に位置する、素朴さ・スタンダードさが魅力の、この界隈を代表するパン屋さん。イートインスペースもちょっとだけあります。選択肢豊富な中から選びたいなら、売り切れにならない時間を見計らった上で訪ねるのをオススメします。
出典: 食べログ
クリームパンやシベリア、プリンなんかも美味しいですが、一番有名なのはこの「赤丸ラスク」。表面にコーティングされたグラニュー糖の誘惑。カリッと美味しく、さすがの人気商品です。

赤丸ベーカリー

住所
東京都豊島区雑司が谷1-7-1
電話番号
03-3971-6624
営業時間
10:30~20:00
定休日
木曜日
平均予算
~¥999
最終更新日:2018.10.22
大きな地図で見る

旅猫雑貨店

出典: フォートラベル
ネーミングからして期待させるお店。小さな店内には、郷土色を感じさせる雑貨やら書籍やらが、独自の視点から取り揃えられていて、そのまとめ方が興味深いです。図らずも思わぬところからあなたの新しい趣味が始まるかも。

旅猫雑貨店

住所
東京都豊島区雑司が谷2-22-17
電話番号
03-6907-7715
営業時間
水~金/12:00~19:00 土・日・祝日/11:00~18:00
定休日
月曜日・火曜日 月曜日が祝日の場合は営業
最終更新日:2018.10.22
大きな地図で見る

雑二ストアー

その見た目が、店名の書体が、非常にディープ。ぱっと見が私道のようにも見えるので、この道をゆけばどうなるものか…と迷ってしまうかもですが、行けばわかります。当たり前ですね(笑)。
わずか10〜15メートルほどという長さの通り道の間に、野菜や果物が売られているスペースがあるのを除いては、暗い路地になっています。通路の左右両側に民家のドアと思しきものも複数見受けられたりして、「ここはどこ?」となってしまう奇妙な居心地です。

雑二ストアー

住所
東京都豊島区雑司が谷2-22
最終更新日:2018.10.22
大きな地図で見る
…と、いずれも味わい深い3店ですが、こんなお店も含まれているこの商店街、駅から離れた商店街特有の渋さがたまりません。ぜひ訪ねてみては。

雑司が谷弦巻通り商友会

住所
東京都豊島区雑司が谷1~2 弦巻通り沿い
最終更新日:2018.10.22
大きな地図で見る

のんびり歩けるまちで、いざ、散策

この界隈にあるのは、山手線の内側でも谷根千と双璧をなす?ぐらいの、「都会のエアポケット」感。一度試しに訪れてみれば、意外に楽しめるはず。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。