ちくわ。 おでかけ情報

トーストが、ドリンクが、五感を開く。話題性豊富なフードスタンド | Marunouchi Happ.

good mornings

公開日 2018年11月28日

歩いているだけで気持ちが良い街。丸の内仲通りは絵になる眺めのオンパレードですが、今年5月にはその一画に興味そそられるフードスタンドができたのをご存知でしょうか。イベントやメディア、それにカフェの企画/運営などを通じた「場」づくりを手がけるgood mornings株式会社の店舗のひとつ、Marunouchi Happ.Stand & Galleryです。

エリア
丸の内
東京駅
有楽町駅
日比谷駅
二重橋前駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ
街を知る
丸の内の整然とした美しい都会感ときたら、都内にある他の街の追随を許さないものがあります。そこを歩いて感じられるのは、秩序と風格を伴った純然たるアーバン感そのもの。
この国のビジネス界にれっきとしたプレゼンスを持つ大企業に勤めるワーカーたちも、東京駅を降りたち喜び勇んで観光に繰り出す国内外の人達も。日々多数の人が行き交うようすも含め絵になる仲通りにあって、Marunouchi Happ. Stand & Galleryの存在感は、優れてよい都会の止まり木といった風。
約10坪のコンパクトな空間には室内全12席。また外にはテラス席やスタンディングテーブルもあったりして、平日・休日問わず催される丸の内仲通り「アーバンテラス」に連続した、気持ちの良い光景を日々つくり出しています。
“Happening is Happy”というキャッチ(ゆえにHapp.)に代表されるこのお店は、クオリティの高い味覚が楽しめるのと、耳目を引く話題やテーマ性の高いイベント/ポップアップカフェも頻繁に展開されていたり、その都度立ち寄り甲斐を得られるのが特徴です。

平日、出社前の1杯のコーヒーに始まり、お昼のランチからアフター5のビールに至るまで、気軽だけどこだわりの休憩/社交のひとときを過ごしていくビジネスパーソンたちも多数。
静岡の名うてのロースタリー・IFNi ROASTING & CO.(イフニ ロースティングアンドコー)で焙煎されたコーヒーで過ごすブレイクタイム。創業1575年の餅屋として蓄えた醤油・味噌の醸造技術が生かされた「伊勢角屋麦酒」のクラフトビールを片手に語らう夜時間。

朝昼晩問わず、希少な味覚体験がここにはあります。

フードもまた然り。こちら、平日限定のランチセットの一例「真イワシのオイルサーディン、セミドライトマトとタレッジョのオープンサンド」。イワシが放つシルバーの輝きとオトナな磯の香り。濃厚でいて上品さを失わない美味しさ。
何よりの注目はトーストそのもの。その名も「丸の十勝トースト」は、北海道帯広市にあるファーマーズベーカリー「満寿屋(ますや)商店」とのタッグにより実現した十勝産小麦100%のオリジナル製品。

「炊き種製法」といって、おかゆのような状態にして炊く工程が特徴のトーストは、きっと誰しも初体験のふんわり柔らかな食感。それを、スイーツ的にいただくのもまた美味でして。
こちらは「バナナとハニーローストナッツのデザートトースト」。それに「サーモンとアボカド、リコッタチーズのサラダ」を組み合わせワンプレートに。

決してだるくならない、わずかな甘さが潔いトースト。それにしっとりとした金華サーモンがアボカドの爽やかさによく調和したサラダ。うなずくようにひと噛み・ひと噛み味わいたい…そんな見事な味。

こういった味覚のもろもろだけでも十分魅力があるのですが、この「場」としての価値をさらに高めているのが、ギャラリー/ポップアップカフェとしての側面。1週間や2週間といったサイクルで何やら面白そうな仕掛けが入ると聞けば、ちょっと覗きに立ち寄りたくなるのが人情、ですよね?

これは、6月の頭から2週間にわたり実施された「1LDK Stand Buy Me!」。
中目黒発、パリやソウルにも出店するライフスタイルブランド・1LDKが国境を股にかけ展開するポップアップショップの第一弾として口火を切ったのが、まさにここだったのです。
http://marunouchi-happ.jp/?p=1600

また酷暑がこたえた8月には、仲通りを行き交う人たちの目を引いていたこんなメニューも。
京都の老舗「一保堂茶舗」の抹茶を用いた特製シロップがたまらない「特製抹茶かき氷」。

他にも抹茶アフォガードなど2週間限りの特別メニューが提供されたこの「涼 〜夏の京都カフェ〜」でした。
期間内には一保堂茶舗のスタッフがやってきて、プロが点てる抹茶をじっくり味わったり、点て方のコツを学んだりするワークショップも開催されました。
http://marunouchi-happ.jp/?p=2106

はたまた11月中盤には、秋らしく、自然豊かな熊本県菊池市の新米などを販売する「自然派きくち村 -丸の内直売所-」が展開。
生粋の都会たる丸の内にいながらにして、良質な地域の息吹に触れられる、こんな機会も設けられたのです。
http://marunouchi-happ.jp/?p=2264

オープンしてはや半年。仕事帰りに仲間と連れ立ちここで一杯楽しんでいく常連さんも、男女を問わず確実に増えている模様。

店長・須永さんはじめとするクルー一同との間で、注文がてら交わされる二言三言は、いかにも勝手知ったるもの同士という風で、心通ったものを感じさせること多々。
ただでさえ魅力的な、丸の内仲通り。Happ.がこうして新たな色を加えたことでこの界隈は一層その価値を増したことを、どうぞその目で確かめてみていただければ、と!
(文:古谷大典)
(写真:井上綾乃)
-----------------------------------------------------------------
この記事を読んだあなただけの特典!
Marunouchi Happ.にて初回に限り、ワンドリンク利用で、お会計50円OFF!

※お会計時にこちらの画面をご提示ください
※有効期間は、2018年11月28日(水)〜2019年 1月31日(木)です

Marunouchi Happ. Stand & Gallery(マルノウチハップ スタンド アンド ギャラリー)

住所
東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル 1F
電話番号
03-6206-3343
営業時間
月~金 8:00~22:00 (フード21:00LO / ドリンク21:30LO)土/祝前日 11:00~22:00 (フード21:00LO / ドリンク21:30LO)日/祝日 11:00~20:00 (フード19:00LO / ドリンク19:30LO)
最終更新日:2018.11.20
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事