ちくわ。 おでかけ情報

向島の昭和遺産行脚

ちくわ。編集部

公開日 2018年12月24日

高い建物が少なく、どこかのんびりとした向島エリア。昭和初期から中期にかけて、今より多くの工場・工房や、芸者さんが練り歩く料亭街もあり、賑やかで華やかな場所だったといわれています。そこで今回は、界隈に今でも残る、情緒に溢れた「昭和遺産」を探す旅に出発。向島をぐるっと周りながら、今なお残るレトロなスポットを巡ります。

エリア
向島
曳舟駅
東向島駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
お散歩
街を知る

昭和の雰囲気たっぷりな、レトロ喫茶店「純喫茶マリーナ」

かつては華やかな料亭街だった向島見番通りにある、1973(昭和48)年創業の「純喫茶マリーナ」。現在でも、芸者さんがごはんを食べに来ることがあるそうですよ。今回の散歩はここからスタート。歩く距離が長めなコースなので、しっかり腹ごしらえをしていきましょう。
ダイヤル式の電話や卓上ライターなど、最近の喫茶店ではお目にかかることが少ないアイテムが置いてあり、壁に貼られたメニューも年季が入っています。でも、清掃が行き届いていてすごくきれい。
モーニングセットは550円でトーストにミニサラダ、ゆで卵とコーヒーが付きます。他にもお得なセットが多数あり価格も良心的です。
ちなみにこちらは鉄板の上でジュウジュウ焼かれたまま提供される名物「鉄板焼きナポリタン」(730円)。ぶっとい麺に、具材はハム、タマネギ、ピーマンとオーソドックスなナポリタンですが、鉄板でパリッとついた焦げ目が香ばしい一品。どの時間帯でも、すべてのメニューが食べられます。

純喫茶マリーナ

住所
東京都墨田区向島2-10-2 メイゾン向島1F
電話番号
03-3625-8838
営業時間
[月~金] 8:00~21:00 [土・日] 8:00~17:00  モーニングサービス:8:00~11:30  ランチタイム:11:00~14:00
最終更新日:2018.11.30
大きな地図で見る

昭和初期のレトロな商店と、現代の新しい店舗が混在する「鳩の街通り商店街」

1928(昭和3)年に設立された「寺島商栄会」を前身にもつ、実に90年もの歴史を持つ商店街です。東京大空襲の戦火を免れたため、通りの道幅は戦前のままで、車が通れないほどの狭さ。

  

レトロな店舗とスタイリッシュなショップが同じ通りでひしめき合うように並び、どこも地元密着で元気な店ばかり。鳩の街にちなんでハロウィンを「ハトウィン」と呼ぶなど、ユーモアたっぷりな商店街です。
また、通りの中ほどには、「チャレンジスポット!鈴木荘」という、空きアパートを改装して短期貸しの店舗スペースが。新しいお店を招き入れることに積極的です。
おでんの種専門店や、昔ながらの雑貨屋など、これぞ昭和! な店がそこかしこに残っています。末永く残していきたい景色ですね。

鳩の街通り商店街

住所
東京都墨田区向島5丁目
最終更新日:2017.9.7
大きな地図で見る

昭和遺産は高架下にあり。「東武博物館」で鉄道の歴史を紐解く

東武鉄道創立90周年記念事業として1989(平成元)年に向島駅高架下に作られた「東武博物館」。実際に走っていた蒸気・電気機関車や電車、バスの展示をはじめ、運転シミュレーターなどの体験型アトラクションもあります。
館内に入ってまず目を奪われるのは、1899(明治32)年から東武鉄道初の路線(現在の伊勢崎線)で走行を始めた英国ベヤーピーコック社製の「5号機関車」。展示のために復元されたものです。
また、大正時代に走っていた「東武デハ1形電車」は車内に入れるので、鉄道ファンなら気分が上がること間違いなし!

東武博物館

住所
東京都墨田区東向島4-28-16
電話番号
03-3614-8811
営業時間
10:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日
月曜(祝日・振替休日の場合は翌日休)
平均予算
大人200円 子ども 100円(4歳~中学生まで)
最終更新日:2017.10.6
大きな地図で見る

駅から離れているけれど、わざわざ行きたい「レストランカタヤマ」

向島のザ・昭和グルメを味わうならば、「レストランカタヤマ」は外せません。
1972(昭和47)年開店。店頭にショーケースのある風景が、どことなく懐かしいですよね。店内はレンガ模様のタイルが貼ってあったり、シャンデリアが下がっていたりと、これまたレトロな雰囲気。
ここの名物は「駄敏丁(だびんちょう)カットステーキ」。店主の片山幸弘さんが、「オージービーフをいかにおいしく調理するか」を徹底的に研究し、編み出した調理方法が「駄敏丁カット」。なんと特許取得済みです。余計な脂を残さずに掃除したオージービーフは、まるで和牛の赤身肉のように柔らか! ちなみに、肉の大きさは200g~1kgの間から選べます。

レストランカタヤマ

住所
東京都墨田区東向島4-2-6
電話番号
03-3610-1500
営業時間
[月~金] 11:00~14:30/16:30~21:00(最終入店20:45) [土・日・祝] 11:00~21:00(最終入店20:45)
最終更新日:2018.11.30
大きな地図で見る

お腹が満たされたら「カド」の生ジュースでリフレッシュ!

さて、「レストランカタヤマ」でお腹いっぱい食べたあとは、腹ごなしも兼ねてまたスタート地点の向島見番通りに戻りましょう。目指すは生ジュースとくるみパンの専門店「カド」。「純喫茶マリーナ」の向かいにあります。
扉を開けば、中は別世界! 1958(昭和33)年のオープン時から、外装や内装を変えずにクラシカルな雰囲気を残しているそうです。棚に並ぶ古びた時計やステレオなどのアイテムは店主がしっかりとメンテナンスをしていて、いまだに動くものもあるのだとか。
バナナ、オレンジなど定番の生ジュースのメニューが並んでいる中、ひときわ目を引くのは「医食同源活性生ジュース600円」。ハチミツ、アロエ、パセリ、グリーンアスパラ、レモン、リンゴを混ぜた生ジュースです。料亭街でしこたま飲んだお客さんが、二日酔い防止のために飲んでいたそう。口に含んだ瞬間のセロリの香りが衝撃! ですが、その他の食材の甘味がカバーしておりマイルドに仕上がっています。意外とハマるかも?

カド

住所
東京都墨田区向島2-9-9
電話番号
03-3622-8247
営業時間
11:00~21:00
定休日
月曜日
平均予算
~¥999
最終更新日:2017.6.30
大きな地図で見る

温故知新の昭和遺産行脚で、当時の様子に思いを馳せる

昭和遺産を巡り、当時の趣を残したままのスポットに足を踏み入れると、まるでタイムスリップをしたような気分に。さらに、そこで営みを続けている人々の話を聞けば、当時の暮らしが目に浮かんでくるようでした。向島に漂うノスタルジーな空気を思いっきり味わって!

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事