ちくわ。 おでかけ情報

大人の街、銀座で身につけたい上質アイテム5選

ちくわ。編集部

公開日 2018年12月22日

いつかは訪れてみたい、少し敷居が高そうな名店や老舗。そのいつかを今にしてみてはいかがでしょう? 習うより慣れろ、とはいうものです。ちょっと背伸びする気持ちで挑戦するうちに、上質なものも自然と着こなせるようになってくるもの。ショップの方々とやりとりを楽しむのも、銀座の粋な楽しみ方。憧れの大人に一歩近づけそうな予感。

有楽町駅
京橋駅
銀座駅
銀座一丁目駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

一枚のシャツから始める大人の嗜み、「大和屋シャツ銀座本店」

1876(明治9)年に創業して以来、オーダーメイドシャツ店を営んできた老舗です。風格漂う店構えですが、ドアを開けると和やかに迎えてくれます。
滑らかなシルクタッチのものを中心に、高品質な生地を1000種ほど扱い、その生地の中から好きなものを選んでオーダーメイド(2万円~)できます。自分のライフスタイルや好みを伝え、デザインを詰めたら、3~4週間ほどで出来上がり。自分にピッタリなサイズの一枚に仕上げてくれます。最近はカップルで訪れるなど、若いお客さんも増えてきているそう。普段のスタイルに合わせたコーディネイトのアドバイスも受けられ、訪れるだけでも経験値がアップする、頼れる老舗です。

大和屋シャツ 銀座本店

住所
東京都中央区銀座6-7-8
電話番号
03-3571-3482
営業時間
11:00 ~ 19:30
最終更新日:2018.11.30
大きな地図で見る

フィルムカメラの味わいを再発見、「銀座カツミ堂写真機店」

カツミ堂の前身となる萩本カメラ店が銀座にオープンしたのは、終戦したばかりの1945(昭和20)年のこと。1949(昭和24)年に今の経営者が引き継ぎ、現在の場所に移転して以来、密かな名店として親しまれてきました。デジタルカメラが席巻している今の世の中で、フィルムの中古カメラがずらっと並ぶ不思議な空間、マニアの巣窟といった趣です。
扱うのは、ライカを筆頭に、ローライ、ツァイス、キヤノン、ニコン、ソニーなどなど。デジタルカメラの中古品から希少なフィルムカメラまであり、中には戦前のカメラも。状態のよいものが多いことから、足繁く通うファンが多いようです。フィルムならではの味ある写真は、今改めて新鮮に感じられるかもしれませんね。

銀座カツミ堂写真機店

住所
東京都中央区銀座5-9-1
電話番号
03-3571-0468
営業時間
10:00~19:00
最終更新日:2018.11.30
大きな地図で見る

あげたくなる、もらいたくなる逸品を探しに「銀座和光本館」へ

銀座4丁目のランドマークとして、1932(昭和7)年から変わり続ける銀座を見守り続けている和光本館の時計塔。和光のショーウィンドウといえば、ハイセンスなディスプレイで知られ、待ち合わせの目印にもなっています。
元は1881(明治14)年に創業した、服部時計店の小売部門としてスタートしたこともあり、シンプルな機能美で定評のあるWAKOウォッチなど、時計にはこだわりがあります。また、宝飾品や室内装飾品、食品など、扱うアイテムの幅が広く、オリジナルアイテムをはじめ、国内外の高品質なアイテムが揃うのも魅力。ちょっといいものを探しに足を運べば、欲しいものがきっとみつかりますよ。
出典: フォートラベル

銀座 和光

住所
東京都中央区銀座4丁目5-11
電話番号
03-3562-2111
営業時間
10:30~19:00
定休日
無休
最終更新日:2017.8.31
大きな地図で見る

究極の書き味を求めて、中古万年筆の「ユーロボックス」へ

銀座1丁目のメインストリートから二本入った通りに、昭和初期に建てられた趣あるビルが建っています。中はギャラリーや気鋭の作家さんのクラフトショップなどが点在していて、活気に満ちた様子。ついあちらこちら覗きたくなります。

  

手動のエレベーターか階段かどちらかを使って4階へ。一室に中古万年筆を扱う「ユーロボックス」があります。1910~1970年代までのヴィンテージの万年筆やペンシル、ボールペンなどを扱っていて、中にはダンヒル、ナミキ、パイロット、セーラー、プラチナなどの蒔絵万年筆や、廃番品も。年末年始の挨拶状を万年筆でしたためれば、大人の気分に浸れそうです。

ユーロボックス

住所
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル407
電話番号
03-3538-8388
営業時間
11:30~18:00
定休日
水曜日・日曜日
最終更新日:2018.11.30
大きな地図で見る

肌身離さず持ち歩きたい、そんな小物がみつかる「postalco」

次は足を伸ばして、銀座1丁目から京橋へ。ハイセンスなショップが多く入る京橋エドグランの1階に、ブルックリン生まれ、東京育ちのオリジナル雑貨店があります。書類入れやノートブック、革の財布、レインウェア、バッグなど、毎日身につけたい身近なアイテムが揃います。
さまざまな企業や組織とコラボし、生み出されたカスタムメイドのアイテムは、どれも実用性が高く、洗練されたものばかり。それでいてどこかぬくもりを感じさせます。すべてポスタルコの監修のもと、日本で生産された高品質なものなんだそう。大切な人にプレゼントとして贈るもよし、自分のためにとっておきの逸品を見つけるのもいいですね。

ポスタルコ(POSTALCO)

住所
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1階
電話番号
03-6262-6338
営業時間
11:00~20:00 日曜日、祝日は~19:00
最終更新日:2018.11.30
大きな地図で見る

憧れのアイテムを手に入れてブラッシュアップ

入りづらそうに見えた店の扉も思い切って開けてみれば、意外にも優しく迎え入れてくれました。上質なものとの出合いが、自分自身をステップアップさせるよい機会になりそう。大人の階段を上る体験がうれしくて、また訪れたくなります。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事