ちくわ。 おでかけ情報

東北沢のまちかどで、エジプト料理に舌鼓を | Deli Shopうちむら

good mornings

公開日 2019年1月3日

代々木上原駅を出て井ノ頭通りをちょっと歩けば、都内きってのエキゾチックビューティ建築・東京ジャーミー。その壮麗さを背に、さらにもすこし西をゆけば、また別の中近東風情に触れられます。

代々木上原駅
東北沢駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
グルメ
街を知る
代々木上原にある東京一大きいイスラム寺院・東京ジャーミーからさらに西へ歩くこと400メートルほど。最寄り駅でいうとむしろ東北沢駅にあたる場所に、気取らず平穏なこの界隈によくお似合いの手書き看板の店が見つかります。

心あたたまる手書き文字とピラミッドの絵と配置と。地の色も分かり易すぎるほどにエジプトしています。
「Deli Shopうちむら」はエジプト料理の惣菜店。何より、パッと料理のイメージがつかなくて気になってしまうところ。

ごく日常的な日本のFMラジオが流れるも、エジプト全土の地図やツタンカーメンの調度品といったアイコン的なものがいくつか見受けられる店内。十数人程度が座れるイートインスペースも。
かたわらに見つかるエジプト関連の書籍や写真集をパラパラめくったりして、オーダーした料理が出来上がるのをしばし待つ。そんなカジュアルさです。夜にベリーダンスが始まるような気配も特にありません。

お店を切り盛りするのは内村さん。エジプトなだけに、いつも頭に巻いている布も何かしら現地を匂わせるものかと思いきや、なんてことない百均のものだったり。さばさばとして飾らず気取らず。そんな女性です。
彼女がつくるエジプトで食される料理の数々。中でもモロヘイヤのスープは、エジプトらしさという意味で筆頭格。いかにも栄養を豊富に含んでいそうな深緑色のどろどろ感。

クレオパトラも美容のためによく飲んでいた、との逸話もあるらしく、この緑色が当時も相変わらず存在していたのだとを思ってみたり。じっと見つめるだけで、遠い異国のいにしえの時代に、わずかではあっても確かに一歩、近づけたような気がしてきます。

ヘルシーフードとして近年認知度上昇中のひよこ豆のペースト・ホンモスも。白ごまやニンニク、オリーブオイル、レモン汁などが入った、エジプト他レバノンやイスラエルなど広くアラブ諸国の食卓で登場する食べ物です。
スープもホンモスも共に、自家製ピタパンにディップしてもそれ単体で食べてもよし。

それに肉を野菜や豆ともどもピタパンにサンドして食べるという、ショワルマも。肉の種類が、牛と鶏に加え羊肉というチョイスもあるのが、中近東的です。
味付けほど良い肉・豆・野菜を、ピタのドライさと一緒に味わうときのコンビ感。現地ではこれを手軽にファーストフード感覚でいただくのだそう。

全般的にヘルシーとされるこの地域の料理ですが、この店では食品添加物や化学調味料は不使用。炒めものなど調理に使うのもオリーブオイルとあって、よりありがたいところ。ちなみにドリンクの方も、ハイビスカスのお茶(シソのような色味と味わい)、ザクロジュースなど目新しいものが多数。

中近東で広く信仰されるイスラム教の、東京における最大のモスク・東京ジャーミーのお膝元でこうしてお店を営む彼女ですが、そのきっかけとなったのは、20代の頃に大陸をまたがる壮大な一人旅に出たこと。
成田からトルコに降り立ち、シリア、ヨルダンを経由してアフリカ大陸入り。そこから南アフリカまで南下したのち今度は北上。モロッコからジブラルタル海峡経由でヨーロッパ入りし、最後にフランスでゴール。全て陸路で移動する予定でした。

それが旅の前半で訪れたエジプトで図らずもストップ。縁あって現地のエジプト人男性と出会い、果てには結婚、のちに子どもも生まれるなどして、つごう3、4年に渡りエジプトにとどまることになったのです。
のち日本に家族ごと移住し、子育て等の区切りがついたタイミングもあって始めたのがこのお店、というとてもドラマチックな顛末です。

時はインターネットが普及する前の時代。目的地にどうすればいけるか。今夜の宿はどうするか。行き当たりばったりな展開を余儀なくされるのを承知で、見知らぬ遠い国へと果敢に出掛けていった彼女の気概は、結果、良き伴侶と子ども達との出会いをもたらしたということで、人生どこでどう変わるのかわからないものです。
食は、ごく気軽にトライできる、ミニマムな異文化体験。日本人にはいまだ馴染みの薄い中近東の情緒に、まずは味覚で触れてみるというのも決して悪くはないと思います。

運命の人との出会いとまでは言わずとも、何かしら新しい自分になれるきっかけがここに潜んでいる可能性は、確かにあるのです。
(文:古谷大典)
(写真:小島沙緒理)

デリショップ うちむら

住所
東京都世田谷区北沢3-2-11
電話番号
03-3468-2715
営業時間
【月〜土】 11:00〜15:00 17:00〜20:30 5月6日(月)は休業いたします。
定休日
日曜日、第3月曜日
平均予算
[夜]~¥999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2019.5.27
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。