ちくわ。 おでかけ情報

発酵パワーで町おこし! 千葉県・道の駅「発酵の里こうざき」

ちくわ。編集部

公開日 2019年2月10日

「発酵の里こうざき」は、日本人にとって身近な現象である「発酵」のパワーを体感できる道の駅です。神崎(こうざき)は千葉県の中でも特に人口が少ない小さな町ですが、地の利を生かし「発酵の力」を上手に取り入れ暮らしてきました。今回は発酵をテーマにした道の駅「発酵の里こうざき」をご紹介します。

カテゴリ
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ

「発酵」をテーマに選んだ道の駅がある神崎ってどんなところ?

神崎は良質な地下水と早場米の産地として美味しいお米がとれるため、古くから酒、味噌、醤油といった発酵食品の生産が盛んでした。
出典: 食べログ

「発酵の里こうざき」は、2015年4月に「発酵」をテーマにした道の駅としてスタートしました。日本の文化のひとつである「発酵」は神崎の人々の暮らしにとってはとても身近なものでしたので、発酵をテーマにしたのも納得ですね。
ここでは、発酵をテーマにした催し物がたくさん開かれています。「酒蔵まつり」のイベントは毎年3月に開催。発酵文化の素晴らしさを「体験」として発信する目的で「ぷくぷく講座」も行われています。

発酵ってそもそも何? 暮らしの中にしっかり生きている小さなパワー

出典: フォートラベル

発酵とは、微生物が物質の分解や合成に「変化」を起こさせる現象のことです。発酵菌というのは、そういう発酵を起こさせるパワーを持った微生物のこと。
出典: フォートラベル

産直品や地元産業をメインとする道の駅が多いなか、神崎では全国から「発酵」に関する製品が集められ販売されています。小さな町に集められた品々は「小さな麹(こうじ)菌」が活躍している証。小さな町が小さな麹菌と一緒に地域を盛り立てていこうとしているんですね。
出典: フォートラベル

それも発酵体験なの? 発酵ってすごいですね!

道の駅「発酵の里こうざき」の発酵体験「ぷくぷく講座」では、かつお節で出汁をとる講座も開かれます。そう、なんとかつお節も発酵食品なんですよ。世界一堅い食品といわれるかつお節ですが、その堅さが生まれるのは、かつお節菌の作用のおかげ。
発酵パワーが活躍するのは食べ物だけとは限りません。実は染物の一種である藍染(あいぞめ)にも、発酵パワーが活かされています。染色に使うためには藍を水に溶かす必要があります。藍染の藍は水に溶けにくい性質なのですが、発酵の力で染色できるようになるんですよ。

発酵のパワーを味わい尽くすのも体験のひとつ

出典: 食べログ

麹を使った料理を出してくれる「オリゼ」。お店の名前の由来は、麹菌のひとつであるニホンコウジカビ「アスペルギルス・オリゼ」です。
出典: 食べログ

人気ナンバーワンの「豚の味噌麹焼き 950円」や人気ナンバーツーの「発酵定食 950円」はいかがでしょうか? 発酵菌にはうま味を引き出したり栄養を作り出したりするなどの作用があることを、自分の舌で確かめてみてください!
出典: 食べログ

発酵について知ったら色々おみやげも買いたくなる!

道の駅「発酵の里こうざき」にある「発酵市場」では、全国から集められた麹製品が揃っています。醤油や味噌やかつお節など発酵食品のラインナップを見ていると「発酵は日本の食文化を支えている」ということがよくわかりますね。
出典: フォートラベル

発酵市場では、300年以上の歴史ある地元の酒蔵「寺田本家」のお酒も手に入ります。
出典: 食べログ

パンが膨らむのも発酵パワーのおかげです。「はっこう茶房」に立ち寄って、ドライブのおともにパンを買ってみるのもよいですね。
出典: 食べログ

発酵についてもっと知りたくなりましたか?

発酵パワーが生活の中にしっかりと息づいていることを感じられたでしょうか? 「発酵についてもっと知りたい!」「実際に体験してみたい!」と思ったなら、道の駅「発酵の里こうざき」へ足を運んでみてください。発酵パワーを体感してくださいね。

道の駅 発酵の里こうざき

住所
千葉県香取郡神崎町松崎855
電話番号
0478-70-1711
営業時間
09:00-18:00
最終更新日:2018.12.13
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。
※飲食店情報の平均予算は、食べログの店舗基本情報を引用しています。

同じスポットが紹介されている別の記事