ちくわ。 おでかけ情報

元印刷工場が大変身! 多彩な機能を持つ浜松町の複合施設「TABLOID」とは?

ちくわ。編集部

公開日 2019年2月21日

平屋の倉庫が並ぶ、東京港で最も古い「日の出埠頭(ふとう)」。そんな日の出埠頭の近くにあるのが、印刷工場として長く使われてきた建物をコンバージョンして誕生した「TABLOID(タブロイド)」です。ここでは、「TABLOID」のおすすめポイントやフロア、1階に入っているカフェ&レストランなどについてご紹介します。

浜松町駅
日の出駅
カテゴリ
体験・ショッピング
グルメ

元工場を生かしたクリエイティブでおしゃれな外観「TABLOID」

出典: 食べログ

元新聞社の印刷工場だった建物をコンバージョンして誕生した、仕事と遊びを創造する文化複合施設「TABLOID(タブロイド)」。ゆりかもめ日の出駅から徒歩1分、JR浜松町から徒歩12分のところにあります。
地上4階、地下1階の建物は、工場跡地の良さを残したおしゃれな外観と内装が特徴。建物の中には、オフィスやカフェ&ブック、ルーフトップなどのリフレッシュスペースが完備されています。
階段や壁など、建物のさまざまな場所にあるフォトジェニックなサインアート。おしゃれな雰囲気の漂うスポットです。

クリエイティブな会社が集まった「レンタルオフィス」

無造作感が残ったレンタルオフィススペースは、入居者が自由にアレンジして部屋を改築できます。オリジナリティーを発揮できそうですね。
出典: 食べログ

現在は、映像製作やイベント企画、広告代理店などクリエイティブ系のオフィスが入居しています。

カジュアルなカフェ&レストラン「BABBITT LOUNGE」

「BABBITT LOUNGE(バビットラウンジ )」は、1階にあるおしゃれなカフェ&レストランです。
出典: 食べログ

カジュアルな多国籍料理が楽しめるお店で、日差しが心地よいテラス席もあります。
出典: 食べログ

おしゃれなアートが飾られた店内。ソファー席もあるので、ゆっくりとした時間を過ごすのにぴったりですよ。
出典: 食べログ

ランチタイムに行くなら、季節ごとに変わる「BABBITT特製カレー 1,000円」がおすすめ。スープ、サラダ、フリードリンクが付いています。
出典: 食べログ

ディナーでは、友達や恋人とシェアして食べたい、コスパ最強の「BABBITTプレート 2,500円」がおすすめですよ。

バビットラウンジ

住所
東京都港区海岸2-6-24 1-F TABLOID
電話番号
03-5443-8800
営業時間
【月〜金】 LUNCH 11:30〜14:30 DINNER 17:00~22:00(L.O21:30) 年末年始 12/29(土)〜1/6(日)休業 1/7(月)11:30より営業いたします。
定休日
土曜日曜・祝祭日
平均予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2019.5.24
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

さまざまなモノや情報を発信する「ギャラリー&イベントスペース」

「TABLOID」を象徴するスペース「1-A」は、最大2,000人規模のイベントにも対応できる広さ。
ほかにも、天井高3.8mのナチュラルな空間や10mもの高さがある3層吹き抜けの解放感あるスペースなども。さまざまなジャンルのギャラリーやイベント、撮影に使える空間があります。

「TABLOID」らしいクリエイティブなイベントも開催

「TABLOID」では、不定期ですがさまざまなカルチャーを発信するイベントを開催しています。
11のメーカーが独創性や創造性にあふれた雑貨を発表する「EXTRA PREVIEW」など、企業の枠を超えた合同展示会も行われています。過去には、「クロエ(Chloé)」の「2014 AUTUMN COLLECTION」や、イタリアに拠点がある「DIESEL」の「GLOBAL SHOES&BAG LAUNCH EVENT」など、世界的に有名なファッションブランドのイベントも開催されていました。

おしゃれな工場跡地「TABLOID」へでかけよう

工場時代の良さが残る建物は、ヴィンテージ感があってとてもおしゃれ。おいしい食事が楽しめるお店もあるので、友達とのおでかけやデートにぴったりです。ぜひ浜松町の「TABLOID」へ実際に足を運んで、素敵な雰囲気を感じてみてくださいね。

TABLOID

住所
東京都港区海岸2-6-24
最終更新日:2018.12.26
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。