ちくわ。 おでかけ情報

アート鑑賞と美味しいフレンチを楽しめる♪「東京国立近代美術館」でのんびり過ごす休日。

ちくわ。編集部

公開日 2019年3月12日

皇居・北の丸公園にある「東京国立近代美術館」を訪れたことはありますか? 明治から現代までの日本のアートを中心に展示している美術館です。絵画や写真を中心に、別館の「工芸館」では器などの工芸作品を鑑賞できます。国立の美術館だけあって、企画展示も見ごたえたっぷり。アートに親しんだ後は、併設の素敵なレストランで食事も楽しめるんですよ。

エリア

皇居

九段下駅
竹橋駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

近代美術に親しめる日本初の国立美術館「東京国立近代美術館」

東京メトロ竹橋駅1b出口より徒歩3分ほどの皇居・北の丸公園にある「東京国立近代美術館」は、もともとは昭和27年(1952年)に京橋で開館した日本初の国立美術館です。
出典: フォートラベル

1969(昭和44)年に現在の場所に移転し、昭和52年(1977年)には「工芸館」が開館。本館の築30年を機に増改築が行われ、展示室の拡張やレストラン・ミュージアムショップが新設されました。
出典: フォートラベル

見応えたっぷり! なんと13,000点を超える所蔵品

「東京国立近代美術館」では、13,000点を超える所蔵品から約200点を選んだ「MOMATコレクション」を随時開催しています。観覧料は一般500円で、重要文化財を含む日本画、洋画、写真など日本の近代美術をたっぷりと鑑賞できますよ。撮影OKな作品があるのも嬉しいですね。
出典: フォートラベル

2019年1月29日~5月26日まで開催している「MOMATコレクション」では、日本人作家に影響を及ぼしたセザンヌやクレーなどの作品も展示しています。
出典: フォートラベル

1階の企画展ギャラリーでは、企画展を年3~4回開催しています。当日券は一般1,500円。2018年4月13日~5月27日までの「生誕150年 横山大観展」では、西洋から情報が押し寄せる時代に日本の伝統を継承しつつ新たな世界感を創出した横山大観の作品を堪能できました。

東京国立近代美術館

住所
東京都千代田区北の丸公園3−1
電話番号
03-5777-8600
最終更新日:2019.3.6
大きな地図で見る

美術館内の素敵なレストラン「L'art et Mikuni」

美術館の2階に併設している「ラー・エ・ミクニ(L'art et Mikuni)」は、洗練された雰囲気のレストランです。
出典: 食べログ

アートの余韻に浸りながら、フレンチとイタリアンが融合したアーティスティックなお料理を味わえます。ランチコースは「メニュー ディ ピッコロ 3,500円」などリーズナブル。
出典: 食べログ

ラー・エ・ミクニ

住所
東京都千代田区北の丸公園3-1 東京国立近代美術館 2F
電話番号
03-3213-0392
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)と日曜の夜
平均予算
[夜]¥4,000~¥4,999 [昼]¥4,000~¥4,999
最終更新日:2019.9.15
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

重厚感たっぷりな建物も魅力の別館「工芸館」

「東京国立近代美術館」の近くにある別館「工芸館」は、赤煉瓦を使った重厚感のある建物です。1910(明治43)年に建てられた近衛師団司令部庁舎を改修したもので、1972(昭和47)年に重要文化財に指定されました。
出典: フォートラベル

歴史を感じさせる装飾が施された、レトロな雰囲気の内部空間も素敵です。
出典: フォートラベル

「工芸館」ならではの所蔵品や展覧会が魅力

「工芸館」では、明治以降の陶磁、ガラス、漆工、工業デザインなど近現代の工芸やデザイン作品を所蔵・展示しています。2018年3月1日~5月27日まで開催された所蔵作品展「工芸館開館40周年記念 名工の明治」では、「十二の鷹」などを鑑賞することができました。
出典: フォートラベル

2018年9月14日~12月9日まで開催された「インゲヤード・ローマン展」では、スウェーデンのデザイナーによる器など、アートを身近に感じられる展示が好評でした。
出典: フォートラベル

東京国立近代美術館工芸館

住所
東京都千代田区北の丸公園1-1
電話番号
03-5777-8600
営業時間
10:00~17:00
最終更新日:2019.3.6
大きな地図で見る

「東京国立近代美術館」でじっくりアートとグルメを楽しもう!

皇居・北の丸公園にある「東京国立近代美術館」と別館の「工芸館」についてご紹介しました。見ごたえのある展覧会を開催しているので、午前中に「東京国立近代美術館」でアートを鑑賞をして、そのまま併設の「ラー・エ・ミクニ」でランチを楽しみ、午後から「工芸館」へ行くというコースがおすすめです。一日じっくりアートに浸ってみませんか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事