ちくわ。 おでかけ情報

花満開の街をゆく! 上野で桜三昧の散歩を楽しもう

ちくわ。編集部

公開日 2019年2月21日

身を切るような寒さも和らぎ、頬を撫でる暖かい風が心地よくなってくる季節。この時期に欠かせないのは華やかに咲き誇る桜ですよね! 仲間とワイワイ花見をするのも良いけれど、そこかしこに桜スポットがある上野の街をぶらりと散歩するのも、また一興。今回は、上野公園をはじめとした上野周辺で桜三昧の散歩に出かけましょう。

エリア
上野公園
上野駅
カテゴリ
デート
子供と一緒
友達と一緒
お散歩

「上野恩賜公園」で、頭上を覆いつくす桜並木を行く

出典: フォートラベル

日本さくら名所100選に選定され、3月下旬から咲き始めるソメイヨシノが有名です。特に、頭上を覆いつくすような桜並木が400メートル以上続く「桜通り」は圧巻の一言。毎年、花見客でにぎわいます。他にも公園内には2月初旬からのカンザクラに始まり、八重桜やヤマザクラ、サトザクラなど40種を超える桜が植えられて、時期折々に次々と花開きます。さらに、「清水観音堂」や「上野東照宮」など見どころが数多くあるので、お気に入りスポットを見つけるのも楽しいかも。
出典: フォートラベル

3月下旬から4月上旬にかけて行われる「うえの桜まつり」の期間に合わせて、約1100個のぼんぼりも飾られます。辺りが薄暗くなると、ぼんぼりの灯りに照らされた夜桜が幻想的な雰囲気を醸し出し、思わずうっとり見惚れてしまいます。

時には、枝にとまって花をついばむ鳥の姿を見られることも。

上野恩賜公園

住所
東京都台東区上野公園・池之端3
電話番号
03-3828-5644
営業時間
常時開園
平均予算
入園無料
最終更新日:2018.3.14
大きな地図で見る

「不忍池(しのばずのいけ)ボート」に揺られながら桜を鑑賞

出典: フォートラベル

数ある上野恩賜公園の桜スポットの中でも、桜の花を違った角度から楽しむなら南端の不忍池がおすすめ。
出典: フォートラベル

ボートに乗り込んで人混みを離脱。暖かい春の日差しを浴びながら、水面に映る桜の薄紅色やふわり舞い散る花びら、枝越しに見える弁天堂など、絵になるような景色を眺めてのんびりと優雅な時間を過ごしましょう。もちろん、友人や恋人と一生懸命にボートを漕げば、楽しくなって笑いがこみ上げてくることも間違いなし! 

不忍池(しのばずのいけ)

住所
東京都台東区上野公園内
電話番号
03-3828-5644
定休日
ボート場は12~2月の水曜
最終更新日:2018.3.14
大きな地図で見る

19店舗もの飲食店が入っている「上野の森さくらテラス」で腹ごしらえを

もともとは上野松竹デパートでしたが、老朽化のため2014(平成26)年に、地下1階から地上3階まで19店舗が軒を連ねる「上野の森さくらテラス」へと生まれ変わりました。上野恩賜公園の端の段差を利用して建てられており、通りに面した1階の他、公園から屋上テラスを抜けて建物に入ることもできます。
出典: 食べログ

1889(明治22)年に築地で創業した江戸前寿司の老舗『築地寿司清 上野店』やフレンチの技法を取り入れた洋食『上野洋食 遠山』、横浜中華街で人気の本格中華『梅蘭(ばいらん)』など選り取り見取り。
出典: 食べログ

なかでも、西日暮里で人気のパン屋『ianak!(イアナック)』が手掛けるコッペパン専門店『イアコッペ』は大人気。開店と同時に列ができ、夕方には品切れの品も続出するそう。テイクアウト専門なので、ここでコッペパンを買ってから散歩に出かけてもいいかも。

イアコッペ

住所
東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 3F
電話番号
03-5812-4880
営業時間
10:00~19:00 なくなりしだい閉店
定休日
無休
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2019.5.22
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

「東京国立博物館」で庭園の桜を鑑賞する

「東京国立博物館」は、1872(明治5)年に創設された日本最古の博物館です。本館、表慶館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館の5つの展示館と資料館。さらに、そのほか複数の施設からなり、収蔵品の総数は国宝や重要文化財なども合わせて10万件以上に及びます。

本館だけでも1階、2階あわせて26室もあります。ここでは日本の絵画や彫刻、工芸、書跡が展示され、展示物によっては写真撮影も可。1階第11室の彫刻コーナーには様々な仏像が立ち並んでおり、厳かな雰囲気が漂います。
出典: フォートラベル

庭園には5代将軍徳川綱吉が法隆寺に献納した五重塔や、数々の石碑、燈籠が立ち並び、春と秋の年2回開放されます。彩るのは、エドヒガンザクラやオオシマザクラなど10種類の桜。一年で一番美しい時期ともいわれるこの時期の庭園は、一見の価値ありです。

東京国立博物館

住所
東京都台東区上野公園13-9
電話番号
03-5777-8600
平均予算
観覧料:一般620円 大学生410円
最終更新日:2018.5.8
大きな地図で見る

昭和に建てられた古民家を再生した「上野桜木あたり」でゆったり

古くから桜が多いことがそのまま地名の由来になった「台東区上野桜木」。下町の風情が残るこの界隈を歩いていると、一層年季の入った古民家と出合います。ここは、2015(平成27)年にオープンした「上野桜木あたり」。1938(昭和13)年に建てられた3軒の古民家をリノベーションし、ビアホールや手作りパンのベーカリー、レンタルスペースなどが集まる複合施設です。古民家は小路と庭でつながっていて、ちょっとした探検気分も味わえます。

3軒は、それぞれ『あたり1』『あたり2』『あたり3』と名付けられています。『あたり1』の『谷中ビアホール』では、オリジナルのクラフトビール「谷中ビール」を楽しめます。初めて訪れたのなら「谷中ビール飲み比べ4種」がおすすめです。すっきり飲みやすい「谷中ドライ」や、苦くてコクのある「谷中ビター」など、まったく味わいの違うビールでほろ酔いに。

あたり2には『塩とオリーブオイルの店 おしおりーぶ』と『VANER(ヴァーネル)』が軒を連ねます。

『おしおりーぶ』では、色々な塩やオリーブオイル、ビネガー、バルサミコを試食しながら買い物が楽しめます。雲丹塩やフルーツ風味のオリーブオイルなど、種類が豊富。それぞれの味わいや相性も店員さんがていねいに教えてくれます。

『VANER』は、ノルウェー産の小麦をストーンミルで挽いた「サワードウブレッド」が名物。そのまま食べてもいいのですが、店の外にあるテーブルの囲炉裏で少し温めて食べるのもまた一興。香ばしくて後引く味わいです。近隣の住宅街には桜の木がたくさんあるので、食べ歩きしても楽しめます。
また、あたり3はレンタルスペースの『みんなのざしき』と『みんなのろじ』があります。『みんなのざしき』では、昭和の雰囲気を残した座敷を利用して教室や交流会が、『みんなのろじ』では手作り市やマルシェなどのイベントを行っています。どちらも、多くの人々が出会い交流する、コミュニティ作りの場になっているようです。

上野桜木あたり

住所
東京都台東区上野桜木2-15−6
営業時間
店舗により異なる
定休日
月曜(祝日の場合は翌日休の場合あり) ※店舗により異なる
最終更新日:2018.4.3
大きな地図で見る

桜を辿って上野の歴史や新たな顔を見る

定番の桜スポットから新たにできた名所まで、この時期の上野の街は胸弾むお楽しみポイントがたくさん。すれ違う人々も楽しげで、街全体が明るい雰囲気に包まれているような気がします。春の陽気に誘われて、上野へ桜を堪能しに出かけてはいかが?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事