ちくわ。 おでかけ情報

気軽にアートに触れてみよう! 六本木ヒルズのパブリックアート巡り

ちくわ。編集部

公開日 2019年3月27日

「六本木ヒルズパブリックアート&デザインプロジェクト」を推進している六本木ヒルズには、さまざまなパブリックアートが点在しています。今回はそんなパブリックアート作品をご紹介! ぜひカメラを片手に、六本木ヒルズでアート鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか?

六本木駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
街を知る

巨大なクモが鎮座する「66プラザ」

まずは、六本木ヒルズの北側にある「66プラザ」のパブリックアートを見ていきましょう。一際大きな存在感を放っているのがルイーズ・ブルジョワ氏による「ママン」。母親への憧れを表現した巨大なクモの作品で、六本木ヒルズのシンボル的存在です。
出典: フォートラベル

ローズガーデンに目を向けると、イザ・ゲンツケン氏による巨大な薔薇の彫刻「薔薇」が。六本木ヒルズの愛と美を象徴しています。
出典: フォートラベル

66プラザ

住所
東京都港区六本木6-10-1
最終更新日:2019.3.18
大きな地図で見る

ゴールドのハートが輝く「毛利庭園」

森タワーとテレビ朝日の間にある「毛利庭園」にもパブリックアートがあります。「Kin no Kokoro」はジャン=ミシェル・オトニエル氏による作品で、見る位置によってハートやメビウスの輪にその姿を変えます。丁度ハートに見える位置から写真を撮りたいですね。
出典: フォートラベル

真っ白なこちらの作品は、森万里子氏よる「プラントオパール」。自然との親和関係の再生、そして自然と人間の融和がテーマとなっています。
出典: フォートラベル

毛利庭園

住所
東京都港区六本木6-10-1
電話番号
03-6406-6000
最終更新日:2018.12.26
大きな地図で見る

光や陰で変化する彫刻作品「守護石」

テレビ朝日前にある「守護石」は、アメリカの彫刻家マーティン・プーリエ氏による作品です。作品に使われているのは、中国で採れた石。光や陰によって、さまざまな姿を目にすることができます。
出典: フォートラベル

テレビ朝日

住所
東京都港区六本木6-9-1
最終更新日:2018.11.21
大きな地図で見る

アーティスティックな作品が点在する「六本木けやき坂通り」

六本木ヒルズの南側にある六本木けやき坂通りには、ストリートファニチャーが点在しています。吉岡徳仁氏による「雨に消える椅子」もその一つ。ぜひ雨の日にカメラを構えてみてはいかがでしょうか?
出典: フォートラベル

真っ赤な色合いが目を引くこちらの作品は、内田繁氏による「愛だけを・・・」。モノから重力を除きたいという思いが込められたベンチです。
出典: フォートラベル

六本木けやき坂通り

住所
東京都港区麻布十番1丁目5
最終更新日:2019.1.31
大きな地図で見る

まだまだ注目の作品がいっぱい!

けやき坂を下った先の「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」前にあるのは、ロン・アラッド氏による「エバーグリーン?」。ループ状の作品にアイビーが絡みついています。
出典: フォートラベル

けやき通りを挟んだ向こう側にあるのは「アンナの石」。トーマス・サンデル氏による作品で、ストックホルム沖の群島での思い出が込められています。
出典: フォートラベル

「アンナの石」のすぐ前にあるのもパブリックアートです。宮島達男氏による「カウンター・ヴォイド」という作品で、規則的にカウントされる数字が想像力をかきたてますね。

TSUTAYA TOKYO ROPPINGI

住所
東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズ六本木けやき坂通り
電話番号
03-5775-1515
営業時間
7:00~翌4:00
最終更新日:2018.12.17
大きな地図で見る

六本木ヒルズでパブリックアートを巡ってみよう!

六本木ヒルズでおすすめのパブリックアート巡りをご紹介しましたが、いかがでしたか? 今回ご紹介した作品は、ほんの一握りにすぎません。六本木ヒルズ周辺には、まだまだたくさんのパブリックアートが点在しています。どんな作品があるのか、ぜひ実際にお出かけして探してみてくださいね。

六本木ヒルズ

住所
東京都港区六本木6-10-1
電話番号
03-6406-6000
営業時間
ショップ11:00~21:00 レストラン11:00~23:00 ※店舗により異なる
最終更新日:2019.1.18
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事