ちくわ。 おでかけ情報

日光エリアのあえて『穴場』めぐり♪ 見逃せない観光スポット【5選】

ちくわ。編集部

公開日 2019年3月9日

日光の観光スポットといえば「東照宮」や「華厳の滝」が有名ですが、それ以外にも、メインコースでついつい見逃されがちな穴場スポットがあります。日光エリアで特におすすめの5選を紹介しますので、リピーターの方はもちろん、初めて日光を訪れる方も参考にしてください。穴場スポットならではの新しい発見や喜びを体験できるはずです。

カテゴリ
デート
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ
街を知る

日光開祖の地にあるパワースポット「本宮神社」:日光市山内

出典: フォートラベル

日光市山内にある「本宮神社」は「日光二荒山神社」「滝尾神社」と並ぶ「日光三社権現」のひとつです。日光の原点といわれる神社ですが、訪れる人が少なく、観光地化されたスポットとは違う深閑とした雰囲気が穴場的で魅力です。パワースポットとして知られており、開運の仕掛けが境内のあちこちにあります。
出典: フォートラベル

境内にある「笈掛け石」は開祖の勝道上人が笈(おい)を掛けた石といわれ、笈と老いが同じ音であることから「若返りの石」と呼ばれています。参道には「本宮カフェ」があるので、散策の途中で休憩できます。

二荒山神社別宮 本宮神社

住所
栃木県日光市山内
最終更新日:2019.2.13
大きな地図で見る

歴史を感じさせるゴージャスな西洋料理のレストラン「明治の館」:日光市山内

出典: フォートラベル

日光の穴場グルメとしておすすめなのが日光市山内にある「明治の館」。蓄音機を日本に初めて紹介したアメリカの貿易商の別荘で、明治の面影を残す石造りの西洋風レストランです。平成18年に「登録有形文化財」に登録された貴重な建物で、お食事を楽しんでください。
出典: 食べログ

人気メニューは「オムレツライス 1,600円」で、ケチャップ味のチキンライスは美食家も唸る美味しさ。サイドメニュー「湯波(ゆば)と干瓢(かんぴょう)のサラダ 1,000円」や「日光まいたけのオリーブオイル焼 1,500円」は日光ならではの味わいです。

明治の館

住所
栃木県日光市山内2339-1
電話番号
0288-53-3751
営業時間
11:00~19:30 [11月下旬~3月] 11:30~19:30
定休日
無休
平均予算
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥3,000~¥3,999
最終更新日:2019.11.17
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

迫力満点の知られざる日光三大瀑布のひとつ「湯滝」:日光市湯元

出典: フォートラベル

日光市湯元にある「湯滝」は、「華厳の滝」「竜頭の滝」とあわせて「奥日光三名瀑(めいばく)」と呼ばれています。日光で滝をひとつ見るなら「華厳の滝」、というイメージでついつい二番手に考えられがちですが、「湯滝」も何度も訪れたくなるような迫力のスポットです。高さ70メートル、長さ110メートルの岸壁を流れ落ちる滝は豪壮そのもので、秋の紅葉の季節は特におすすめです。
出典: フォートラベル

滝壺の近くには観瀑台があって、見上げる滝の迫力はほかの滝とはひと味もふた味も違います。近くには「湯滝レストハウス」があるので、人気のおそばやうどんを食べながら休憩もできます。

湯滝

住所
栃木県日光市湯元
最終更新日:2019.2.13
大きな地図で見る

日本一の美人の湯がある奥日光の秘湯「奥鬼怒温泉郷 加仁湯温泉」:日光市川俣

出典: フォートラベル

日光の穴場温泉スポットといえば「奥鬼怒温泉郷」です。関東最後の秘湯ともいわれる「加仁湯」「手白沢温泉」「日光沢温泉」「八丁の湯」の4つの温泉は日光市川俣にあります。一般車両は乗り入れできないので、徒歩で1時間ほど歩くか旅館の送迎を利用します。そんな不便さも逆に秘湯としての期待を高めてくれますよね。
出典: フォートラベル

冬期は通行止めになる秘湯ですが、特に人気なのが日本一の美人の湯がある旅館「加仁湯」です。鉄筋4階建ての「積善館」と木造の「あすなろ館」。3つの露天風呂と飲泉所があります。日帰り温泉も可能で、大人800円、小学生500円。9:00~15:00までの営業です。

加仁湯

住所
栃木県日光市川俣871
電話番号
0288-96-0311
最終更新日:2019.2.13
大きな地図で見る

日本一の銅山をトロッコで坑内見物できる「足尾銅山」:日光市足尾町

出典: フォートラベル

日光市足尾町にある「足尾銅山」はかつて日本一の銅山といわれており、坑内の一部をトロッコで見学できる穴場スポットです。おすすめは紅葉の美しい秋で、散策途中に立ち寄ると楽しみが広がります。
出典: フォートラベル

全長700メートルの坑道には、当時の採石の様子がリアルに再現されています。入坑料金は大人(高校生以上)820円、小・中学生410円で、営業時間は9:00~16:30(閉園17:00)です。

足尾銅山観光

住所
栃木県日光市足尾町通洞9-2
電話番号
0288-93-3240
営業時間
9:00~16:30
平均予算
大人820円、小・中学生410円
最終更新日:2019.2.13
大きな地図で見る

穴場観光スポットめぐりで日光の奥深い魅力を知ろう!

日光観光のメインコースからは外されがちな穴場スポットをご紹介しました。グルメ、自然、温泉、歴史と日光エリアの色々な顔が見えてきます。ご紹介した5つのスポットをすべてめぐるのも楽しいですし、どれかひとつをメインコースに組み入れることも可能でしょう。自分に合ったプランを立てて、日光観光の奥深さに触れてくださいね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。