ちくわ。 おでかけ情報

ザ・まちの洋食屋! 童心にかえるメニューとアットホームなお店のこれからの挑戦|レストラン桂

good mornings

公開日 2019年3月11日

エビフライ、スパゲティ、メンチカツ…幼いころ(大人になってからも? )、これらが心躍るメニューだったという人も多いのでは。ランチタイムは行列覚悟、夜も予約がとりづらい。そんないつでもお客さんが絶えないまちの洋食屋さんをご紹介します。

エリア
日本橋
新日本橋駅
三越前駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
グルメ
街を知る
三越前駅から徒歩1分。COREDO室町や三越が立ち並ぶにぎやかな中央通りから1ブロック入ると、このエリアが開発される前からある街並みが。そこに、緑の屋根と昔懐かしい食品サンプルのメニューが目印の、こぢんまりとした一軒のお店があります。まちの洋食屋、「レストラン桂」です。
レストラン桂は、1963年(昭和38年)、東京オリンピックの前年にオープンしました。当時は2店舗あり、当時のオーナーは現在の場所にあるレストラン桂を手放すつもりだったそうです。しかし、「二度と手に入らない場所だから」と、別の店舗で料理長をしていた手塚正昭さんが借金をして譲り受けました。ハンバーグ150円、ライス50円の時代です。


当初から家族経営で、御年86才のマスター正昭さんと、その奥様の清美さん(通称「ママさん」)が今も現役でお店に立ちます。ママさんはお客さんの近況を覚えていてひとり一人に声をかけてくれるので、ママさんのファンの常連さんも多いのだとか。そしてキッチンには息子の清照(きよあき)さんも入ります。
スタッフの看板娘たちの中には、20年勤め続けている人も。「アルバイト情報誌でたまたま見つけて始めたけど、お客さんも皆いい人ばかりで、楽しいのよ」と笑います。
いつでも店内は大賑わいですが、ホールで対応するママさんとスタッフのちゃきちゃきした手際のよい対応と、次々と運ばれる料理のおかげで、提供を待つお客さんも落ち着いた様子です。
店内を見渡すと、手書きのメニュー表に、常連さんのウイスキーボトルがずらりと並ぶ棚、テレビ。それに有名人のサインや多数の置物、絵など…見ていて飽きません。なんだか懐かしくなってくる昭和の面影があります。
厨房では、マスターと清照さん、スタッフの3人で役割分担をしながらスピーディーに何食ものメニューを同時に作り続けます。その連携プレーはお見事!
レストラン桂のメニューを一部ご紹介します。この日のAセットはいかフライと若とり肉醤油焼き(900円)。Aセットは数量限定のため、ランチタイムで売り切れてしまうそう。
お店の看板メニュー、特製メンチカツレツ(1,050円)。特大サイズですが、肉汁たっぷりのカツにデミグラスソースがよく合い、女性でもペロリと食べられてしまいます。
事前に電話で予約をすれば、テイクアウトやケータリングも可能です(ケータリングは地域限定のため、要確認)。人気のポークカツサンドは、立食パーティ等でのケータリングにもぴったり。
清照さんは、親と同じ料理人になりたい、という気持ちはもちろん、三越や日本銀行があり、近代的で西洋的、それなのに下町っぽさもあるこの日本橋という場所に幼い頃から強い憧れもあったそうです。

一度はお店を出た清照さんですが、東日本大震災のときにレストラン桂は帰宅困難者のために料理を提供しつづけていたのを見て、もう一度お店に戻る決意をします。
お店に戻ってからは、街の活動にも参加するようになります。2013年にアサゲ・ニホンバシという日本橋のお店を紹介する朝活に参加したことがきっかけで、日本橋料理飲食業組合の青年部である「三四四(みよし)会」にも入りました。
三四四会として三越で期間限定のお弁当を販売したり、街のお祭りで屋台を出したり、人形町の酒屋さんと日本酒とのマリア―ジュイベントを行ったり、活動の幅は広がっているそう。

「街の人たちとは日本橋が好きという想いが一緒なので、新しいことをするきっかけが作りやすく、やりやすい。ヒトが輝いているいい街だと思う。街で代々守ってきたものを、ぼくらも受け継いで次の世代へバトンタッチしていきたい。その一員になれたらいいな」。
熱く語る清照さんを、正昭さんは暖かく見守ります。正昭さんは2020年の東京オリンピックまで、そして現在小学生のお孫さんが成人するまでは現役で頑張るんだ、とにっこり。清照さんもそんな正昭さんを見て、「ぼくも引退はないと思っています」。これからのレストラン桂の挑戦、乞うご期待です!

(文:山岸道子)
(写真:丸山智衣)

レストラン桂

住所
東京都中央区日本橋室町1-13-7
電話番号
03-3241-4922
営業時間
[月~金] 11:00~14:00(L.O.) 17:00~21:00(L.O.20:30) [土] 11:00~14:00(L.O)
定休日
日・祝
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2019.7.24
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。