ちくわ。 おでかけ情報

一挙一動が悶絶かわいいマイクロブタさん…! 至福の「mipig cafe (マイピッグカフェ)」

good mornings

公開日 2019年3月23日

3/1にオープンしたばかりのmipig(マイピッグ)cafeは、「マイクロブタ」と触れ合えるお店。会いにいけばその珍しくてキュートな姿に首ったけです。

目黒駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
グルメ
街を知る
そのお店は、小洒落た家具屋さんが点在する目黒通り沿いにあります。目黒駅から出ているバスに乗り込み二つ目の停留所「元競馬場前」で降りたら、ほんとにすぐそこ。
3月1日にオープンしたばかりのmipig cafe(マイピッグカフェ)。ここはおとなでも体重40キロ以下という世にも珍しい小さなブタ・マイクロブタが住むおうち。そして来店するあなたはマイクロブタさんのお友達としてここを訪れる、というコンセプトのお店なのでして、ハァ、そう聞くだけで早くも気持ちほっこりピースフル。

南向きで陽射しあたたか、ぽかぽかとして小綺麗なお部屋の中で、のんびりゆったり幸せそうに暮らすマイクロブタさんたち。

歩いているときは大概、マンガみたいにしっぽフリフリしています。ご機嫌ですか〜。

手前、ホルスタインのようなルックスの「うしさん」(現時点での仮名)。1歳ちょっとの、うしさんというぶたさん(笑)

探索行動する習性があるようで、好奇心赴くままに室内を巡ったり、昼下がりでおねむになったら横にだらんと寝そべったり。もよおしたらトイレをきちんと所定の場所まで歩いていって済ませるかしこさも。まだ小さいのになんてアタマいいんですか。

サイズ的な珍しさもあって目は釘付け。そのふるまいをつぶさに観察するだけでじんわり幸せな気持ちになってくるのですが、でもやっぱり触ってみたい‼︎ですよね。ブタさんがすんなりこちらへとやってくるとは限らないので、ここはひとつ「鳴くまで待とうホトトギス作戦」で。そうです、恋は、あせらずに(笑)。

というわけで、充実のひとときをがっちりモノにしたいなら60分、90分をみておくのがよいでしょう(600円ほどのワンドリンクを注文して、最初の30分間は800円、その後30分ごとに500円のチャージ、という料金体系)。
晴れてブタさんがよちよちとやってきてくれたなら、惜しみなくふれあいを楽しんで。抱っこされるのが本来あまり得意ではないとのことで、頭を撫でてよしよしするのが基本です。

小さいブタさんなら、色々あやしているうちに気がつけば膝乗り状態ということもしょっちゅう。眠る一匹の上にまた一匹。多頭で産まれて群れで暮らす動物の性(さが)です。

すやり安らかにまどろむ、おかか&こうめ。生後3ヶ月のミニミニ感

サウンド的にもあのブヒッ♪ ブキュッ?とした声のほか、口をしじゅうクチャリクチャリとさせている子もいることに気がつくのですが、お店の方いわくこれは「咀嚼(そしゃく)行動」で、ごはんを食べたいという欲求や、ストレス発散などを行っているとのこと。眠っている時にも欠かさずやってる子も多く、なんて器用な。というか、本能的なものですよねこれは。

そんな具合に至福のふれあいがあるmipig cafeは、お店のHPにある通り1Fが受付、2Fから4Fがカフェ空間というフロア構成。全フロアでブタさんの姿を見かけることができて、店内はブヒっと賑やかなことになっています。

“mipig” はmicroの “mi” およびmy(私の)、のダブルミーニング

マイクロブタは、遠くイギリスの地での品種改良により登場したブタ。欧米ではセレブがペットとして飼う例が10年ほど前から知られるようになってきています。

かたやまだほとんど認知の進んでいない日本で、その魅力に文字通り触れてもらい、ペットとしての普及をも見据えさまざまな事業に取り組んでいるのがお店のオーナー・佐藤さん一同。このお店の展開もまたその一環です。
家族として迎え入れることを検討するお客さんのために相談対応も可能ということなので、気になったなら、ぜひスタッフの方に声をかけてみては…?

犬でも猫でもなく、ブタさんという暮らしのパートナーを得ることで、予想だにしない素晴らしい毎日がやってくるかもしれません。
実際に触れ合うと分かりますがブタさんたち、これといった臭いもなし。それに毛も短く床に落ちないというのは、動物を飼いたいのにアレルギー体質のせいで諦めていたという人にとって、願ってもない朗報でしょう。

ちなみにですが、このお店での憩いのひとときのお供・スイーツにも、何気にすごいスペシャル感が。スフレタイプのチーズケーキ(税別850円)は昨年広尾にオープン、予約待ち期間が平気で2年にもなるという一大名店「長谷川 稔(みのる)」から特別に仕入れているものだったりします。
その絶品の数々がすべて独学という、驚くべき長谷川シェフの手になる、どこまでも優しいソフトなお味が(ホイップクリームもなめらかすぎて絶ウマ)、あなたの気持ちをいっそうやさしくしてくれるはず。

さらに。小さいこどもの歓声が早くも聞こえてきそうな「ぶたさんケーキ」(税別850円)も青山のアニバーサリーで作られています。瞳がつぶらすぎて。
と、こんな具合に話題豊富なお店なので、行くなら事前予約が必須です! どうぞお忘れなく。

(文:古谷大典)
(写真:井上綾乃)

mipig cafe(マイピッグカフェ)

住所
東京都目黒区目黒4-11-3
営業時間
10:00~20:00
最終更新日:2019.3.11
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。