ちくわ。 おでかけ情報

ひと息つけば、ビルがささやく昔話 | エチソウビル2F・FARO COFFEE & CATERING

good mornings

公開日 2019年4月19日

本郷三丁目駅のすぐ南に立つエチソウビル。戦前昭和にさかのぼるこの建物2階にあるカフェ空間では、往年の趣も入り混じった独特の落ち着きを得ることができるので、ぜひ体験してみたいところです。

本郷三丁目駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ
街を知る
丸ノ内線の本郷三丁目駅を出た本郷通り沿いは、飲食店がほぼ隙間なく軒を連ねる、典型的な駅前の賑わい。

通りに出てほんの数十歩のところに、とある際立ってレトロなビルも実は立っているのですが、その真下を歩く人々の目線の高さからは単によくみる雰囲気のお店が連続しているように見えるばかりで、一見の価値ある建物全体としての外観には目が触れようもなく、ただその場を通り過ぎてしまうのみ。

逆側の歩道に立ってはじめてふと「あれは…」と気づいてしまうとは、なんとも皮肉なことです。
竣工が昭和初期と、たいそう長い歴史を持つこの「エチソウビル」。その1階にある左右の路面店に挟まれたこの階段の眺めを見逃さず、その上を登った先の2階には、立ち寄り甲斐の大いにある素敵なカフェ空間があります。

供されるコーヒーは、ビーカーで。東大・順天堂大といった近隣の大学病院の存在が頭をよぎる。

建物の外見からは想像が及ばないほどの、ゆとりある空間の広がり。長い時を経て今なおここに在ることを匂わせる経年変化の跡が、木目の床の色味に。それに打ちっぱなしのコンクリートの壁にも。

広い空間ゆえか、オープンキッチンからはまな板の音が心地よい反響を伴って耳に届いてきたり。

ほおをなでるそよ風のごとく五感に優しい、ある種の包容力のようなものがFARO COFFEE & CATERINGという場にはあります。

店内にはベルリン発・NYや東京にもオフィスを構えるアート系出版社gestalten(ゲシュタルテン)の公式ライブラリーも。

OBSCURA COFFEE ROASTERSの豆でつくるコーヒー。エスプレッソをかけていただく、アフォガードタイプの特製チーズケーキ。サバサンドやトマトとチキンのカレー(辛さごく控えめ。しごくまろやかな舌触り!)などなど、店長の大谷知帆さんの目利き/腕利きぶりは、メニューの数だけ奥深いです。

チーズケーキには、エスプレッソの苦味とケーキ本体のまろやかさが時間差で訪れる、組み合わせの妙。

美術館での展覧会など、ケータリングの機会があるごとに、同時代的かつビビッドで美しいプレートの数々を手がけてみせる彼女の営みは、いうなれば「フードデザイン」。大学ではグラフィックを専攻していたという出自からしてなるほどのその見事さは、お店のInstagramからも一部見ることができます。
昭和初期という遠い昔に建てられたエチソウビルの一室が、このようなカフェ空間として蘇ったのは、2016年3月のこと。大谷さんも兼ねてから親交のあった建築設計事務所ファロデザイン(FARO DESIGN Inc.)がその担い手です。

ファロデザインの共同代表、一級建築士の森政巳(まさみ)さん(右)

店にある書棚の合間から覗くのが、彼らのオフィス。実はこのドアの部分を境にしてその向こうは、同じエチソウビルでも後年になって増築された部分であり、もともと現カフェ空間とオフィス空間は壁面によって完全に隔たれていました。
増築された箇所も、時期が新しいとはいえ相当の年季を経ていることには違いないもの。カフェとオフィスの間、わずか20センチほどの部分に橋渡しがなされているのですが、素人目にはココ、全く気づかないところです。

二つの部屋をつなぐまさにその接点にあたる部分。

会社立ち上げの2003年以来、増築された部分の2階に居を構えていたFARO DESIGNでしたが、壁の向こうにある長らくテナントの付いていなかった大広間と自社オフィスがこのように接合できることがある時判明。その利点も生かすかたちで立ち上げられたのがこのお店なのです。

世間の大多数の人にとって、建築設計の世界は自分とのつながりが今ひとつ感じられず、ともすれば近寄りがたいイメージすら抱かれてしまいがち。森さん一同は、カフェの作り手としての自分たちの等身大の姿を見えやすくすることで、少しでもその存在を身近に感じてもらえれば、と考えています。

設計のみならず一部施工も自ら手がけるファロなだけに、木材等の資材を置く部屋も。

一見不思議なビル名の由来は、竣工当初の物件オーナー・越前屋惣兵衛の姓名のアタマ2文字。

竣工当初は毛糸の卸や小売を営む店として利用され、時代が下ってのち、ある時はダンスホールとして、またある時は雀荘としてテナント利用されてきたことがわかっているエチソウビル。

そして今、充実のカフェ空間として。週末などは楽器演奏に落語に、また作品展示といったイベント/ギャラリー活用までもがなされたり。
80年90年という時間を通じ、この建物・この空間はそこにいた様々な人の営みをつぶさに見届けてきたわけですが、こんなにも練られた味わいと良い居心地のカフェとして活用される今・このときこそ、壁も床も、日夜訪れる人と時間の記憶をせっせと吸っては蓄え吸っては蓄え。そんな風に大忙しだったりして。

(文:古谷大典)
(写真:丸山智衣)

ファロ コーヒー アンド ケータリング

住所
東京都文京区本郷2-39-7 エチソウビル 2F
電話番号
03-6240-0287
営業時間
[月~土] 11:00~22:00 [日・祝] 11:00~18:00
定休日
無休
平均予算
[昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2019.5.24
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。