ちくわ。 おでかけ情報

下町情緒溢れるレトロな空間でゆったり癒される。亀戸のおすすめ銭湯5選

ちくわ。編集部

公開日 2019年5月26日

自宅のお風呂でバスタイムを過ごすのもいいですが、たまには広々とした銭湯のお風呂に浸かってゆったり過ごすのもいいですよね。下町情緒あふれる亀戸エリアには、現在も銭湯が点在していて、多くの人々に親しまれています。そこで今回は、亀戸周辺にあるおすすめの銭湯をご紹介! 広々としたお風呂で、心身ともにサッパリしに行きましょう。

亀戸駅
西大島駅
大島駅
東大島駅
カテゴリ
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング

ヨーロッパの古城を眺めながら過ごせる「隆乃湯」

まずご紹介するのは、亀戸駅北口から徒歩4分、亀戸五丁目中央通り商店街にある「隆乃湯(たかのゆ)」。電気湯、バイブラ湯、超音波風呂、薬湯といったバラエティ豊かな温泉が楽しめる銭湯です。浴室内には、シャンプーやリンスが備え付けられており、無料で利用できますよ。
男湯、女湯ともに、ヨーロッパの古城のような壁画が描かれているのが特徴。非日常の雰囲気のなか、温かいお湯にゆっくり浸かってみては?

隆乃湯(たかのゆ)

住所
東京都江東区亀戸5-9-7 グランドール・K
電話番号
03-3681-5440
営業時間
15:00 ~ 23:30
定休日
祝日を含み毎週木曜日
最終更新日:2019.5.23
大きな地図で見る

富山の情景が描かれている「富山湯」

「富山湯」は、亀戸駅東口より徒歩8分の場所にある銭湯。壁画には、立山連峰や北陸新幹線が描かれ、お湯に浸かりながら富山の情景を楽しめます。施設内は昔懐かしい雰囲気が広がっていて、レトロな体重計は現在も使用可能です。
こちらでは、超音波の泡風呂のほか、薬湯風呂があるのも魅力。日替わりでカテキンやよもぎ、アロエなど、10種類以上ある薬湯が楽しめますよ。

富山湯

住所
東京都江東区亀戸6−49−14
電話番号
03-3681-5912
営業時間
15:00−23:00
定休日
土曜日
最終更新日:2019.5.23
大きな地図で見る

芯から温まれる薪で沸かしたお湯「らかん湯」

「らかん湯」は、西大島駅より徒歩4分の立地にある銭湯です。こちらは、薪で沸かした肌なじみの良いやわらかいお湯が特徴。少し熱めの温度設定なので、芯からしっかり温まれます。
お風呂は、サウナ、ジャグジー、水風呂、薬草風呂と種類が豊富。シャンプー&リンスのほか、ボディーソープ(有料)もあるので、手ぶらでも楽しめます。

らかん湯

住所
東京都江東区大島2-37-7
電話番号
03-3684-3775
営業時間
15時00分~23時00分
定休日
月曜日 ※祝日は営業
最終更新日:2019.5.23
大きな地図で見る

男女で趣の変わるタイル画が魅力「竹の湯」

続いてご紹介する銭湯は、大島駅A6出口より徒歩4分、中の橋サンロード商店街にある「竹の湯」。昭和26年に創業した老舗銭湯で、赤外線風呂や座風呂に入浴できます。浴室のタイル画は、男湯には雪が残る山々、女湯には熱帯魚がそれぞれ描かれています。
夜遅くまで営業しているので、仕事帰りにサッパリしたい方にもおすすめ。無料で利用できるボディーソープやシャンプーなどもあります。

竹の湯(亀戸)

住所
東京都江東区大島7-7-3
電話番号
03-3681-6726
営業時間
15:30 ~ 23:00
定休日
木曜日
最終更新日:2019.5.23
大きな地図で見る

レトロな銭湯でほっと一息「春の湯」

最後にご紹介するのは、東大島駅大島口から徒歩7分の立地にある「春の湯」。破風造りの屋根の下に、唐破風の小屋根があるレトロな外観の銭湯です。
こちらでは、マイナスイオンを含む磁気水が使われているのが特徴。施設内には、無料で利用できるドライヤーなどもあります。レトロな雰囲気を味わいながら、のんびり過ごせますよ。

春の湯

住所
東京都江東区大島7-25-14
電話番号
03-5626-1830
営業時間
15:20~23:00
定休日
月曜日
最終更新日:2019.5.23
大きな地図で見る

亀戸周辺の銭湯で、のんびりしたひとときを!

出典: PHOTOHITO

駅から徒歩圏内にある、亀戸エリアの銭湯をご紹介しました。ひとえに銭湯といっても、入れるお風呂の種類や壁画など、それぞれに異なる魅力を持っています。亀戸エリアで、お気に入りの銭湯を見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。