ちくわ。 おでかけ情報

見どころイロイロ。荒川自然公園と三河島水再生センター

good mornings

公開日 2019年7月15日

東京さくらトラム(都電荒川線)でのアクセスが便利な、荒川自然公園。ここはそれがつくられた母体であるところの三河島水再生センターともども、意外に見どころがあります。

町屋駅
荒川二丁目駅
荒川七丁目駅
カテゴリ
一人で
子供と一緒
友達と一緒
お散歩
街を知る

人口地盤を造ってできました / 荒川自然公園

出典: フォートラベル
出典: フォートラベル
ここは荒川区最大の公園。三河島水再生センターの水処理施設の上部空間に人工地盤を造り設置されたという、高さ的にも地上階よりだいぶ上にあるユニークな立地です。

公園敷地内では南側にある池がよく知られており、実はこれ、荒川区の地形をかたどったというものだったりします。ちょっと気付きにくいのですが。
出典: フォートラベル

ほか、子どもが楽しみながら交通ルールを学べる「交通園」もあって、ここでは足踏み式ゴーカート、自転車、三輪車や一輪車などに乗ることができます。

さらにランニングやウォーキング向きな遊歩道、遊具みたいな健康器具、テニスコートに野球場にプールといろいろ充実しています。
出典: フォートラベル
この公園へは都電の複数の停留所からアクセスできますが、他にはない広いビューがおがめる点で、荒川七丁目停留所で電車を降りたち「荒川七丁目口」から入園するのがおすすめです。

この長い歩道橋のような通路の先に公園があるのですが、その眼下に広がるのが以下のような眺め。
出典: フォートラベル
右も左もこんな感じに見晴らしが良いのです。なおいちばん向こうの茶色いのが、水再生センターが誇る重要文化財の建物。

荒川自然公園

住所
東京都荒川区荒川八丁目25番3号
営業時間
6:00~21:00 ※季節により異なる
定休日
第1・第3木曜日(祝日のときは翌日)
最終更新日:2019.6.24
大きな地図で見る

予約して、意外な眺めに遭遇しよう / 三河島水再生センター

出典: フォートラベル
公園へ向かう時の歩道橋みたいな通路からの眺めの通り、この水再生センターはとても広いです。その施設内の南に、こんな意外な建物があるのですが、そのクラシックな作りから想像される通り、重要文化財です。「旧三河島汚水処分場喞筒場(ポンプじょう)施設」と言います。

元は大正11年に下水処理施設として稼働をスタートさせ、平成11年まで現役でした。
出典: フォートラベル

この施設は現在予約制にて一般公開中なので、工場などインダストリアルな眺めに萌える方など、ヘルメットをかぶっていざ見学! してみませんか。一番メカチックなのはこちら喞筒(ポンプ)室内。
出典: フォートラベル

一番ドキドキするかもしれないのは、この洞窟みたいな眺め。喞筒井接続暗梁(ぽんぷせいせつぞくあんきょ)と言います。中国語のような字面。集積した下水の大きな流れがかつてここを通っていたのです。
出典: フォートラベル

なお施設内で見つかる資料にはこんな、当時をしのばせるものも。まだ東京市、だった頃の話です。

三河島水再生センター

住所
東京都荒川区荒川8-25-1
電話番号
03-3802-7991
営業時間
9:00~17:00 施設見学は要予約
定休日
火曜日、金曜日、年末年始
最終更新日:2019.6.24
大きな地図で見る

縁の下の力持ち、ここにあり

さほど注目されていないこの水再生センターと自然公園。都電のガタゴトに揺られて降りて、こんな広い眺めや緑に触れ合う経験、のんびりしていて良いと思いますが、いかがですか。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。