ちくわ。 おでかけ情報

探るように嗅いで、選びとるひととき。「薫物屋香楽」で、自分による自分のためのお香づくり

good mornings

公開日 2019年8月10日

台東区鳥越にある「薫物屋香楽(たきものやからく)」の、お香の教室。天然の原料を多数組み合わせてつくる自分だけのお香づくり体験は、嗅いでさぐるプロセスも含めこころが静まります。

浅草橋駅
新御徒町駅
蔵前駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
街を知る
受け取るものが、見えも聞こえもしない。もやの中を探るように捉えがたいイメージが先立つ香りの世界ですが、そこから様々なものを区別し選びとる、そんな珍しい体験の機会も実はあります。

台東区鳥越の、さまざまなお香を取り揃える「薫物屋香楽(たきものや からく)」。ここでは単発での受講も可能な入門編的なお香教室のほか、お香のインストラクター・香司(こうし)の養成講座も開講されています。
テーマごとに「練香(ねりこう)」、「匂ひ袋」(「い」ではなく。)などを作ることができるなか、常温で使うことができて普段使いしやすい点から、塗るお香、すなわち「塗香(ずこう)」を作るのも、ビギナー的にはきっとよい選択。

10種類にもわたる天然由来の素材について、ひとつひとつ、その特徴を教わりながらお好みのバランスで配合してひとつのオリジナルの香りを作るこの講座。吸って香って感じてみるのを続けていくうちに、教養ともども呼吸も深まり、出来栄えうんぬん以前におのずとこころ安らいでくることでしょう。

お香一般の、その実は多様な用途のこと、各種種類や産地のこと、歴史的・宗教的な意味合いのこと。そういったもろもろを香司・畑井田(はたいだ)さんほか先生から学びます。

「乳香」という、キリスト教でも焼香として使われる種類があるなんて結構目から鱗もののトリビア。

目の前のお香の粉末全10種を前に、すっきりめにしたい、やや甘めにしたい、などという大まかな方向性を定めた上で、それにふさわしいものを目指して。お椀と小さなスプーンとへらを用い、スプーン全10杯ぶんを、何をどのバランスで入れていこうか。

ベースとなる「白檀(びゃくだん)」をはじめ、「龍脳(りゅうのう)」や「丁子(ちょうじ)」といった重要なものから。順を追ってひとつひとつ、産地や使われ方を教わりながら、香りを確かめ、お好みで量を調整しつつ、ひと匙ずつお椀の中へと投入していきます。
シナモンの名でカレーなど食用としてもさまざまな場で活躍する「桂皮」。同じくスターアニスの「大茴香(だいういきょう)」。「山奈」に「甘松(かんしょう)」に「零陵香」と、これでも基本のキに過ぎないのでしょうが、種類が実にいろいろ。

名前が見慣れないものも多いけど、そのほとんどがどこかで食べたり、どこかで薬として使っているものばかりという。何がしかの経験を通して体は既に知っているものばかりらしいのです。

白い「龍脳」、こげ茶色の「大茴香」、一番下のやや濃い茶色の「桂皮」。そのほか多数。

ケースを開けて、目を閉じてその中を嗅いでみる。主張の強すぎない匂いを追いかけようとするせいか不思議と、忘却の彼方に消えた過去の記憶の糸口を辿っているような気分になってきます。「何か思い当たるものがある…」というような。

脳の匂いを司る部分のすぐ隣、海馬もまた刺激を受けているに違いないのです。
そうしてお椀の中にたまったスプーン全10杯分、その粉末を色が均一になるようしっかりとかき混ぜれば、オリジナルお香の完成。個体差も(初心者にとっては微妙に)異なるさまざまなお香の中から選びとった、絶妙なバランスを保つオリジナル塗香。パックに入れて持ち帰りましょう。

仕事や勉強の気分転換に。就寝前にこころ静めるために。電車の中で気分がすぐれない時のリフレッシュに。お寺に参るその直前に。和装時の香水代わりに。暮らしの便利、広がります。

香水のように強く主張することなく、むしろ立ち去った後の残り香こそが魅力的。そんな奥ゆかしさもこれであなたのもの。
と、例えばこのようにしてお香を学び、作ることのできる教室を展開している薫物屋 香楽。そのオフィスには原材料となる天然の草根木皮以外に麝香(じゃこう)や海狸香(かいりこう。カストリムとも呼ばれる、ビーバーのフェロモン)や貝香(かいこう。まき貝のフタの部分の粉末)といった動物性のものも見つかります。
また、ビルの入り口には唐土草(もろこしそう)といった植物が育てられていて、やがてこれらが実際に原料として使われるのだとも。育てることから始める、美しきお香サイクルの一端を垣間見ることができます。
嗅覚はいまだインターネットの波にも晒されておらず、知るとなったら現物そのものと相対するしかない世界。深めるならいざ現場へ。そのよい鳥羽口が台東区鳥越にあります。

(文:古谷大典)
(写真:丸山智衣)

薫物屋香楽

住所
東京都台東区鳥越2-12-11-2F
電話番号
03-3864-4548
最終更新日:2019.7.31
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。