ちくわ。 おでかけ情報

やさしい木製玩具も必見。徒蔵(カチクラ)的ものづくりビル「Blooming」のギャラリー

good mornings

公開日 2019年8月11日

ここは木製品製造・販売に携わる影山直久さんが運営するビル内のギャラリー。御徒町と蔵前の間に位置するこの界隈にあまたあるものづくり系スポットの中でも、こうして立ち寄れる場所はそう多くはありません。

御徒町駅
秋葉原駅
新御徒町駅
末広町駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
街を知る
御徒町と蔵前の両駅の間に広がる、台東区南部のいわゆる徒蔵(カチクラ)エリアは、小中規模のものづくりびとによるものづくりの盛んな地域。工場(こうば)などの制作の場だけでなく、ギャラリーなど気軽に立ち寄っては作品に触れることのできるスポットもまま見つかります。

ここにもひとつ。
Bloomingは、1階スペースが展示会やワークショップが催される空間となっているほか、その上、2階から6階が事務所やアトリエ、住居として活用されているビル。

オーナー自身が元来ものづくりに携わる人物とあって、作家の作品に触れられるのはもちろん、入居する作家どうし、それに地域的なつながりも含めこの界隈らしい場にしようと、3年前から営まれています。
このほど7月中旬から下旬にかけて行われた展示は、1階フロアが見せる姿として典型的なもの。2016年前から自身の名前を冠したファッションブランド「Nobuyuki Matsui」を展開し業界の注目を集める新進デザイナー・松井信之氏による作品が一面を飾りました。

2フロア上の3階にアトリエを構え制作する彼が、2020年の春夏向けに「水鏡」をテーマに作り上げたこれらのリアルクローズは、期間中ここを訪れたバイヤーの手を経て、翌年店頭に並ぶことになります。

薄手のコートなどのボタンに使われる大きな水晶の、みずみずしさ。

これに先立ち催された展示販売会も、6階に入居の「台東デザイナーズビレッジ」卒業生という、いわば地域が育てたジュエリーデザイナーによるもの。またある時は作家のものづくりを一部体験できるワークショップが開催されるなど、時を置いてつど立ち寄るたび、新たな感性に触れられる1階ギャラリーフロアとなっています。

このほかカレー系や音楽制作系などと各方面で独自色ある個性的なメンツが居を構えてたりもして、入居者どうしの相互作用も徐々に始まっているもよう。

入居者向けの屋上空間はレンタルスペースとしても。

Bloomingのオーナー・影山尚久さんも、ビルに関わる人どうしの創造的な関わりが、ひいては地域の魅力となるような未来を展望しています。

目先の利潤ばかりを見つめるのではなく、人的・地域的な価値や意味を十分に踏まえつつビルを運営するのも、「ものづくりを手がけ、それを販売することの大変さを自分自身強く感じた経験があった」からこそ。作家の手助けとなることをしたいという思いが、常にそこにはあります。
彼自身もまた、ひとりのものづくりびと。はじめは保育園・幼稚園むけに遊具や教材を作るメーカーでデザインや設計に従事したのち、木工作家・中川岳二氏と木製品製造販売会社「テイクジー(take-g)」を立ち上げ、木製玩具や針葉樹家具を世に送り出しています。

ギャラリーに入って向かって右手に常時並ぶその木製玩具は、着色が一切ナシ。色の異なる木同士が寄木(よせぎ)造りで巧みに組み合わさってできた、見た目や握り心地から自然の恵みがじわり伝わる、とても上等な「木育」アイテムです。

お腹に内蔵されたビー玉が、振ればガラガラとなる仕組み。栗やカヤなど6種類ごとに音の個性も。

目についたものを手にとっては、しばしば口に含んで確かめたくなるのが子ども。その気持ちに限りなく近い目線のところに彼らがいるのが、良いデザインについて「おいしそうなデザイン」と言い表すボキャブラリーからもうかがえます。

部屋のインテリアとしても映えるように配慮されているなど、機能的にも大いに優れるこれら製品は、出産祝いにもよく選ばれているもよう。
オーナーの手がけるアイテム、それにビル運営のあり方にもヒューマンなものがにじみ出るBloomingですが、もうひとつ、夏場の今ならいっそう聞き捨てならないポイントも。1階ギャラリーのかたわらで日本クラフトビール界の有名どころ、アウグスビールが瓶で売られているのです。
熱処理がなされていないため賞味期限が非常に短く、通常は生でしか提供されていないあのとっておきビールが、ここではなんと瓶で。喉の渇きを加速度的にもよおしてくるのは、他ではどこにも売られていないスペシャル感のせいかも?

ふだん1階ギャラリーをうろついている看板犬・ジャスパー(フレンチブル、雌)も、時おりこちらの匂いをクンクン嗅いできたり。足元の空気が絶えず生き生きとしてイイ感じです。作家の人となり。ワンコの人となり。

(取材先提供画像)

(文:古谷大典)
(写真:丸山智衣)

Blooming

住所
東京都台東区台東2-10-13 ブルーミング1F
電話番号
03-6661-0122
営業時間
12:00-20:00
最終更新日:2019.8.5
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。