ちくわ。 おでかけ情報

浅草やっぱスゴい。この街なら和食で豪勢にキメたいときのレパートリーが豊富

good mornings

公開日 2019年9月11日

浅草は冷凍保存の手段もなかった江戸時代から賑わう一大繁華街。隅田川を経由してやってくる新鮮な魚介などの食材を生かし、美味しく美味しく料理を作ってみせるお店が今も昔も豊富です。

浅草駅
田原町駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ
街を知る

本当の江戸前ずしをいただこう / 弁天山美家古寿司

出典: 食べログ
弁天山美家古(弁天山 みやこ)寿司は、今でこそ現代的なビルにお店が構えられているものの、創業がなんと慶応2年(1866年)。150年に渡り江戸前ずしの伝統を守り続ける老舗です。

出典: 食べログ
五代続く職人ワザから繰り出される、丁寧な下ごしらえの光る寿司ダネ、甘めのシャリと卵焼き。それにわさびや醤油もそのいちいちが顔をしかめて唸ってしまうゴージャスなお味。まさしく、ハレの日のご馳走という感じですね。

弁天山美家古寿司

住所
東京都台東区浅草2-1-16
電話番号
03-3844-0034
営業時間
【昼】 12:00~14:30(最終入店14:00) 【夜】 17:00~21:00(最終入店20:00) 【日曜】 11:30~18:30(最終入店18:00)
定休日
月曜・第3日曜
平均予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥10,000~¥14,999
最終更新日:2019.9.17
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

とろける味わい、鯛茶漬け! / 一直(いちなお)

出典: 食べログ
奥浅草にあるこちらでいただけるのは懐石料理。明治11年に始まりやがて大規模なスケールで展開された時期も経て、安定した確かな味を求め規模を縮小させながら続いています。

現六代目は江戸前に関西風の良さも取り入れるなど、このお店ならではの会席が提供されています。
出典: 食べログ

ぜひ楽しんでおきたいのが、鯛茶漬け。塩昆布やゴマだれ、薬味が乗った姿も上品なご飯の上にお出汁を注げば、これはこれはなんて美味しい一杯なのでしょう…。

一直

住所
東京都台東区浅草3-8-6
電話番号
03-3874-3033
営業時間
11:30~23:00(ランチL.O.13:30)
定休日
日曜・祝日
平均予算
[昼]¥4,000~¥4,999
最終更新日:2019.9.17
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

すきすき、すきやき。 / ちんや

出典: 食べログ
雷門通り沿いに立つ不思議な名前のすき焼き店。明治13年に始まっていますが、もとは江戸時代、その先祖が大名や豪商に狆(ちん)などの愛玩動物の商い、それに獣医をしていたことに由来するとのことで、可愛くも歴史あるお店なのです。
出典: 食べログ
ともにクラシカルな和室 or 洋室でいただくすき焼きは、浅い鉄鍋で甘い割り下を使って作られる、昔ながらの牛鍋スタイル。しゃぶしゃぶもそうですがお肉は黒毛和牛のメス肉。

成熟具合を見計らったスペシャルなお肉の甘みをどうぞ心ゆくまで…。

ちんや

住所
東京都台東区浅草1-3-4
電話番号
03-3841-0010
営業時間
[月・木・金] 12:00~15:00 16:30~21:30 [水] 16:30~21:30 [土] 11:30~21:30 [日・祝] 11:30~21:00
定休日
火曜(祝日は営業)
平均予算
[夜]¥15,000~¥19,999 [昼]¥8,000~¥9,999
最終更新日:2019.9.17
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

まぶしく、おいしい鰻かな / 初小川(はつおがわ)

出典: 食べログ
外観、それに内観ともに昔ながらの風情が残る、明治40年から続く鰻(うなぎ)専門店です。暖簾をくぐれば千社札がバシバシいっぱい貼られていたりして、そこもまた趣。
出典: 食べログ

備長炭を使い、一匹ずつようすを見ながら焼きや蒸しにかけたのを、辛めのたれにつけて出来上がる絶品うな重。固めごはんのツブツブ感、それに肝吸いといい、一体どれだけおいしいのですか。

初小川

住所
東京都台東区雷門2-8-4
電話番号
03-3844-2723
営業時間
[月~日] 12:00~13:30 17:00~19:30
定休日
不定休
平均予算
[夜]¥5,000~¥5,999 [昼]¥4,000~¥4,999
最終更新日:2019.9.17
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

いけすのふぐに、こんにちは / 三浦屋

出典: 食べログ
昭和38年創業と半世紀以上続くふぐの一大名店です。掘りごたつやお座敷の広がる合計3フロアにて、かの高級魚に舌鼓というのはいかがでしょうか。
出典: 食べログ
刺身やふぐちりはもちろん、肉厚なふぐのタタキ、煮こごり、皮さし、果てにはタレに漬け込んで焼いたふぐのスペアリブまで。特にコース料理は設けられておらず、気軽にアラカルトで楽しめます。またスッポン料理も。

三浦屋

住所
東京都台東区浅草2-19-9
電話番号
03-3841-3151
営業時間
12:00~21:30 11月から3月まで無休で営業いたします(12/31~1/2は休業) 閉店時間の2時間前までにご入店下さい。
定休日
4~7月は毎週水・木曜日 8月は1ヶ月休業 9月は毎週水・木曜日 10月は毎週水曜日 12月31日~1月2日は休業
平均予算
[夜]¥6,000~¥7,999 [昼]¥6,000~¥7,999
最終更新日:2019.9.17
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

お江戸の格式高い味わいは、浅草にこそある

キングオブ下町であるだけでなく、東京きっての歴史深い繁華街でもある浅草。とっておきのジャパニーズなごちそうを楽しむなら、このまちのことは決して外してはいけませんよね。

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。