ちくわ。 おでかけ情報

髪とバスタイムに目の行き届いた豊かさを。手づくりシャンプーを世に送る「タマ美容化学」

good mornings

公開日 2019年9月16日

美容業界で少なくない知名度をほこる台東区小島の小さな老舗化粧品メーカー、タマ美容化学。その直営店が取り扱っているものとは、なんと手作りのシャンプーです。聞いたことあるでしょうか。

新御徒町駅
カテゴリ
デート
一人で
子供と一緒
友達と一緒
体験・ショッピング
街を知る
「株式会社 タマ美容化学」。首輪の鈴を鳴らして猫の一匹でも登場しそうな社名ですが、これは創業者の姓・玉暉(たまき)にちなんだもの。台東区のしたまち的な光景にしっくりとくる、よい響きではありませんか。

そして、新御徒町駅からすぐの社屋に併設された直営店に揃うモノがまた。鮮度をみつつ、1点1点が人の手で調合される手作りのシャンプーであるというのです。ものづくりが盛んなこの界隈ではありますが、これまたなんとも。
同社オリジナルのPica髪sama(ぴかかみさま)シリーズはその代表格。19種の植物エッセンスおよびスサビノリの成分が地肌にごく優しく働きかける「浅草海苔(のり)シャンプー」を筆頭に、各種トリートメントやトラベルセットなど。これらはオンラインで購入することもできます。
ほか、ヘアクレンジングクリームや3.11を受け開発され2016年の熊本地震では救援物資で役立ったという「水不要シャンプー」なども。

店内に並ぶこれら自社開発のヘアケア剤全般には、それが本来持つ効能が保たれる鮮度がある、というあたりも、いかにそれが自然由来のものでできているかを暗示しています。

かつて親族の住まいだったという温かみある木造家屋。

国内ではじめてストレートパーマ液の製造を手がけるなど、台東区に根を張る下町企業にしてイノベーティブな実績をほこる同社が創業したのは1955年のこと。以来、美容室やサロン向けにプロユースのシャンプーやトリートメントなどのヘアケア剤を製造・販売してきました。

5年前にこの直営店舗を設けて以降は、一般向けとしてはここでしか手に入らないその商品たちにどんな特徴があってどんなふうに役立ってくれるのかを、地域の人をはじめ、実際に手に取り利用する一般の人たちに対して直に伝えるようにも。作り手としての顔も知ってもらいつつ。
農林水産省や筑波大学での研究員時代を経て、いま店頭に立つ玉暉智美(さとみ)さん。生物学を修めたほか有機化学やアロマテラピー、中医学をも通過したその広い視座のもと、企画開発のかたわら、店主として来店者に提案したりワークショップを行ったりという日々を送っています。

ワークショップは、香りがもつ薬効が科学的にもはっきり認められている植物由来の精油をブレンドして、自分だけのアロマシャンプーをつくってみようというもの。店内の一角にて短時間で取り組めるもようなので、気軽に申し出てみましょう(税込750円)。ちょっとした学びと自分をいたわるアイテムがゲットできるいい機会です。
スサビノリのエキス、泡立ちのもとになるサトウキビ由来の成分、白髪を防いだりヘアカラーの日持ちも良くするヘマチンなどを含んだ無香料シャンプーを元手に、さて、どんな精油をどれだけ加えてマイアロマシャンプーを完成させるか、というがその内容。

頭皮のかゆみ、白髪や抜け毛といった悩みをカウンセリングして提案してもらうこともできれば、今自分にとっていいなと感じる香りから選ぶ方法も。なんでも、香りの好みには心の状態があらわれていて、その時々で精神的・肉体的に足りない成分がその香りに含まれている、というのです。直感つよし。

3つの精油瓶を持った両手ごと、鼻元から少し離したところで円を描くように回してみる、の図。ブレンドしたときの香りのシミュレーション。

約30もの精油の中からいろいろ嗅いで・選んで・滴らす3種全16滴。ラベンダー等の花系、ミント等のハーブ系、ジュニパーベリー等の樹木系といった大きな系統ごとのバランスをみつつ、どの3つをどう配分するか少しずつ確認しながら、かき混ぜて調合していきます。

ペパーミントは一滴だけでも強く香る一方、レモンはかなり繊細だとか、シダーウッドアトラスは樹木系なのでこれを足せば地に足のついた匂いになるとか、とかく感覚がものを言う世界をしばしトリップ。
そうこうするうちに香り同士が3つどもえでブレンドできた!なら専用の容器に入れ替えて完成。
髪や頭皮を物理的に健全にするだけでなく、今の自分がまさに必要とする憩いの源が、コレです。鮮度が保たれる二週間ほどの間、存分に活躍してもらいましょう。

しんどい出来事のリセットに、楽しみな明日のプロローグに。店頭に並ぶ一点一点が人の手により調合され充填されるという、目の行き届いた愛あるシャンプーで過ごすバスタイム、はじめたい方はいませんか。

(文:古谷大典)
(写真:奥陽子)

タマ美容化学

住所
東京都台東区小島2-18-14
電話番号
03-3851-8707
営業時間
平日 10:00-19:00  第1土曜日 12:00-17:00(その他の土日祝は要問合せ)
最終更新日:2019.9.20
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。