ちくわ。 おでかけ情報

湯島天神まいりの後に。伝統ある和のごはん、和のおかしはいかが

good mornings

公開日 2019年10月19日

江戸時代からあつい信仰を集める湯島天神。そのすぐ北を走る春日通りを中心とする界隈には、江戸期のものを始め本格的な店構えや味わいのあるお店が色々あります。各種お願いごとをしたそのついでにぜひ、美味なるものに触れてみましょう。

本郷三丁目駅
湯島駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
グルメ

カウンターで出来たて天ぷらを / 天庄 湯島店 本館

出典: 食べログ
湯島天神に通じる通り沿いにある、和風旅館みたいな店構えも素敵なお店です。明治以来の老舗らしい風格ある店構えに気後れするという人でも、ランチ営業の時間なら飛び込めますよね?
出典: 食べログ
出典: 食べログ
カウンター越しに、熟練の料理人からいただく揚げたて、かつ黄金色に光るサクサクを! そういう流れの風情も含めて、雰囲気を楽しんで。小柱と小エビのかき揚げ天丼も、あるいは秋らしく松茸あたりを単品でいくのもよいですねぇ。

天庄 湯島店 本館

住所
東京都文京区湯島2-26-9
電話番号
03-3831-6571
営業時間
11:30~14:00 17:00~21:00
定休日
火曜日,
平均予算
[夜]¥10,000~¥14,999 [昼]¥3,000~¥3,999
最終更新日:2019.11.15
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

リッチに「牛鍋」を / 江知勝(えちかつ)

出典: 食べログ

明治初期、文明開化が叫ばれた時代から続く老舗のすき焼きのお店です。中庭がすでに風情いっぱい。せっかくこんなお店で食事するのなら、当時みたいにすき焼きでなくあえて「牛鍋」と呼べばテンションも上がり、よりハングリーにお料理と向き合えるでしょう(笑)。
出典: 食べログ
そしてご登場するのは、割り下に水を注いでぐつぐつ煮込み、辛めのをいただく本格江戸風すき焼! はじめに中居さんが自ら作ってくれるのを、よく見て真似しましょう。

明治期の著名な文豪も、旧制一高や東大の学生もこの味に親しんだという湯島ならではのローカルヒストリーと一緒に心ゆくまで味わってみて。

江知勝

住所
東京都文京区湯島2-31-23
電話番号
03-3811-5293
営業時間
17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日
日・祝・8月の土曜
平均予算
[夜]¥10,000~¥14,999
最終更新日:2019.11.15
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

寛永年間から続く和菓子屋さん / 壺屋総本店

出典: 食べログ
壺屋がはじまったのは、驚くなかれ、三代将軍・徳川家光の時代(!)。寛永年間にはじまり、かれこれ創業400年近くにもなる由緒正しきお店なのです。

江戸が明治新政府の手に渡ったことで、徳川幕府への義理を立てるべく江戸中の数々の有名店がお店を閉じていった中、このお店は勝海舟から「みんなが壺屋のお菓子を食べたがっているから続けるように」との一声があって再開することになった、なんていう胸熱なエピソードが残っています。
出典: 食べログ
勝海舟、さらには明治天皇からの書状などそうそうたるお宝も目にすることのできる店内で、さてそのお味を、となった時の一大チョイスはやっぱりもなか! 特に壺のかたちをしたのが、見た目的にも可愛いです。

色味的にも深みのある黒のあんこの程よく余韻の残るお味を、ごゆるりと召し上がれ。

壺屋総本店

住所
東京都文京区本郷3-42-8
電話番号
03-3811-4645
営業時間
[月~土] 9:00~19:00 [祝] 9:00~17:00
定休日
日曜
平均予算
[夜]~¥999 [昼]~¥999
最終更新日:2019.11.15
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

あられやおせんべ、おかきを / 江戸あられ 竹仙

出典: 食べログ
出典: 食べログ
通りがかりに外観やショーケースを眺めるだけでも、その雰囲気に誘われてしまいます。種類豊富な感じとか、こういうのをはかり売りしてもらえることとか、商い風情がたまりません。昭和30年代から続いているらしく手狭な店内にて年配のお二人がお店が営んでいます。
出典: 食べログ
そのあられ、おせんべい、おかきの数々は、花火に見立てた「玉屋」などなどネーミングも粋。程よく塩気を含み、カラッとナイスなこの歯ごたえを、あなたは未だかつて経験したことがあるでしょうか??

江戸あられ 竹仙

住所
東京都文京区本郷3丁目41-6
電話番号
03-3811-3268
営業時間
11:00-18:00
平均予算
[夜]¥1,000~¥1,999 [昼]¥1,000~¥1,999
最終更新日:2019.11.15
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

王道もなかに舌鼓 / 本郷 三原堂

出典: 食べログ
本郷三丁目の駅の交差点の角地にあり、見逃しようがない絶好ロケーションにある三原堂。こちらも80年越えの老舗かつ人気店です。
出典: 食べログ
バレンタインやクリスマスといった洋モノイベントでもハートやサンタクロースをかたどった上生菓子を作るなど、意欲的な面もあって素敵ですが、何はともあれ看板商品のもなかは外せません。

創業当時から続く王道商品がこの「大学最中」(白餡)。白いんげんを使った白あんがたっぷり。冷やしても、トースターで軽く焼いてパリ皮感も楽しむのもアリです。ちなみにスタンダードな黒いつぶ餡のも、あります。

本郷 三原堂

住所
東京都文京区本郷3-34-5
電話番号
03-3811-4489
営業時間
9:00~19:00 [祝] 10:00~18:00
定休日
日曜日
平均予算
[昼]~¥999
最終更新日:2019.11.15
データ提供:食べログ
大きな地図で見る

各種美味なるお味で、天神さまの霊験もますますあらたか(?)

春日通り沿いを中心に、江戸時代にさかのぼるお店も複数ある由緒正しき湯島天神の界隈。学業に限らず各自精いっぱいのお祈いごとを済ませたなら、とりあえず食事やおやつの、とびきり美味しいのにトライ! そうすることで目指すべきゴールへといい感じに前進していけそうな気がしてきませんか?

この記事で紹介したスポット

スポット情報の詳細はこちら

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事