ちくわ。 おでかけ情報

感性の赴くままに。 初心者にもやさしい無心のアート体験「さをり織り」とは? | 手織工房じょうた

good mornings

公開日 2019年12月7日

難しいことは考えず、ただ自分の感性を頼りに。織れば織るほど心豊かになれる、魅惑の織り物「さをり織り」とは? 今回は玉川上水の遊歩道沿い、自然溢れる吉祥寺・三鷹エリアで教室を営む「手織工房じょうた」を訪ねました。

吉祥寺駅
井の頭公園駅
カテゴリ
デート
一人で
友達と一緒
体験・ショッピング
街を知る
まるで東京であることを忘れてしまうほど、いまだ自然がたっぷりと残る玉川上水のほとり。
吉祥寺駅から13分ほど、井の頭公園をのんびり歩いたその先に「手織工房じょうた」はありました。
15台ほどの織り機が並ぶ広々とした工房には、大きな窓から柔らかな木漏れ日が降り注ぎます。教室内には作家さんの器や古物など、感性をぐっと刺激する美しいものがそこかしこに。

2018年に建てられた新屋舎。木材を基調に、床も壁も経年変化が楽しめる空間。

この教室で体験できるのは、「さをり織り」という手織り物。やわらかな風合いが魅力で、その特徴は初心者でも挑戦しやすく、とにかく"自由"なところ。

一般的な織り物はまず織りたいものを決めて、見本に忠実に織っていくもの。一方、さをり織りはあえてデザインを決めずに織り始めます。色、素材、手触り、好きな糸を好きなように選んで。頭で考えるのではなく、その時々の自分の感性が赴くままに、ひたすら生地を織っていく。そして織り上がった生地を見て、何に仕立てるかを考えます。作品に表れる自分らしさ、そこにさをり織りの面白さがあるのです。

工房じょうた主宰・城達也さんのさをり織り作品。

「手織り物って、実は簡単にできます」。そう教えてくれたのは、工房じょうたを主宰する城達也さん。さをり織りの創始者である、城みさをさんのお孫さんです。「僕はもともとサラリーマンをしていて、僕なんかに"表現すること"なんてできないと思っていました。でも、さをり織りではその人そのものが持っている感性を生かすことで、誰でも"表現"ができるんですよね。普段は特段アートと関わりのない人でも、とっても深みのある作品を作ることだって珍しくありません」

城さんが着ている味のあるジャケットもさをり織り。

初めて工房を訪れる人は、まず1日体験コースを。教室が開いている間は好きなだけ織ることができます。"織り物"というといわゆる伝統的な帯や着物など、"完成までに長い時間を要するもの"というイメージがあるでしょう。しかし、さをり織りならば、初心者でも大体4時間ほどでマフラー1本をサクッと織ることができます。

また教室では、月会員コースもご用意。いつ来て、いつ帰ってもいい自由なスタイルで、各々織りたいものを好きなだけ織れます。現在80人ほどの会員さんはマフラーやベスト、コートなど、思い思いに作品を製作中。

時間に縛られることなく、作るものすら決められていない。とにかく自由、それが「工房じょうた」のモットーなのです。

1日体験コースは3,500円。月会員は月にいくら織っても月額10,000円。別途かかる材料費は、マフラー1本で大体1,000円ほどとリーズナブル!

さをり織りの体験教室では、まず糸を選ぶところから始まります。

工房じょうたの糸は、中途半端だからという理由だけで良質なのに廃棄されてしまう、紡績工場の残糸をリユース。コットン、シルク、ウール、麻など素材の良い2,000種類以上もの糸をご用意。糸は1種類だけでなく、2本、3本と組み合わせてみたり、何本選んでもOK! そのときそのときの感性で、自由に選んでみてください。
織り機は操作のしやすい、さをり織り専用のものを使用。縦糸はすでに織り機へセットされているため、横糸を選ぶだけですぐに織りを始められます。

シャトルをするりと縦糸の間にくぐらせたら、足のペダルをタップ。空気をよび込むようなイメージで筬(おさ)をトンと引き、縦糸と横糸を織り込んでいきます。通して、踏んで、トン。通して、踏んで、トン。リズミカルでとっても簡単。織り上がった生地を眺めて「あの色入れたいな」と思えば、簡単に糸の取り替えも可能。とにかく好きなように、ただひたすら無心に織っていきます。
コツはとにかく頭で考えずに、"心を動かすこと"。
いったん日常から離れて、無意識のうちにとらわれがちな常識や既成概念から自分を開放してみる。凝り固まっていた心にゆとりを与える、それがさをり織りのいいところ。深呼吸しながら、日常の休息時間に。ぜひ工房じょうたへ足を運んでみましょう。

平日でも教室は大盛況。いつもアットホームな雰囲気のなか、楽しく織ることができます。

さをり織りの創始者・城みさをさんが残した言葉。どれも心にずしんと響くものばかり。

(文:北居る奈)
(写真:北浦汐見)

手織工房じょうた 吉祥寺工房

住所
東京都三鷹市井の頭5-17-29
電話番号
0422-27-2595
最終更新日:2019.11.26
大きな地図で見る

※紹介されている情報は、記事公開当時の内容となります。

同じスポットが紹介されている別の記事